怒涛の値上げラッシュ 宅配便、鰹節から保険料、病院食まで

怒涛の値上げラッシュ 宅配便、鰹節から保険料、病院食まで

10/4(水) 15:00配信 マネーポストWEB

 2019年10月から消費税率が8%から10%に引き上げられ、一般家庭にも大きな負担増が強いられるが、さらに目の前には値上げラッシュも控えている。

 過当競争で労働環境が悪化し、人手不足が続いた大手運送業は、軒並み基本運賃の値上げに踏み切った。ヤマト運輸は宅急便を平均15%値上げ(10月1日~)、日本郵便は「ゆうパック」を平均12%値上げ(2018年3月1日~)、佐川急便は大型の荷物で最大133.3%値上げ(11月21日~)となっている。

 価格競争が続いた外食産業も人手不足と利益圧迫にあえぐ。10月からは、サラリーマンの強い味方である「鳥貴族」が28年続けた「全品280円均一」を「全品298円均一(いずれも税抜き)」に値上げ。他にもすかいらーくが10月から展開する全店舗でサイドメニューを値上げするなど、外食産業で価格上昇が続く。

 食品を見ても、10月出荷分からJA全農が「ばれいしょでんぷん」の価格を6年ぶりに10%の値上げする他、原料単価の高騰などでオリーブオイル(日清オイリオグループが「家庭用オリーブオイル」を10月から10%以上の値上げ)、鰹節(にんべんがパック入りかつお節などを10月出荷分から10~25%の値上げ)など日用品の値上げも続く。

 他にも、生命保険では2018年4月から「生前給付型保険」「医療保険」などの値上げの見込みで、地震保険は2019年1月から平均3.8%値上げ。医療費を見ても、2018年4月から入院時の「病院食」1食あたりの患者負担が360円から460円となる。家計の負担は増すばかりだ。

※週刊ポスト2017年10月13・20日号

(訳者: 何度も言いますが、ハイパーインフレの初期段階です。アホの安倍チャンと黒田日銀総裁のおかげで、食料と日用品に関しては過去数年でインフレ率100%くらいアップしたんじゃないですか?最初は値段据え置きでしたが、袋詰めのお菓子や食品の内容量が減り続け、お刺身やガツンとミカンの大きさもどんどん小さくなり、と、値段を上げる代わりに内容量を減らすということで企業は対応していましたが、それではもう追いつかず、売り上げ減少を覚悟で値上げに踏み切ってます。
準備はもうできましたでしょうか?早く急いで下さいね。ある日起きたら、すべてが一晩で変わっていて手遅れ。。。とならないように。)

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

「サトウのごはん」、発売以来初の値上げへ

「サトウのごはん」、発売以来初の値上げへ

10/17(火) 21:59配信 読売新聞

 佐藤食品工業(新潟市)は17日、主力のパックご飯「サトウのごはん」の一部商品を、11月21日出荷分から1パックあたり2~10円値上げすると発表した。

 値上げは1988年の発売以来初めてという。原料の国産うるち米の価格が上昇していることに加え、人件費や物流費などのコストが増えていることが主因だ。

 対象は、サトウのごはんブランドで展開する「銀シャリ」や「北海道産きらら」、「コシヒカリ小盛り」など31品目。「銀シャリ」の希望小売価格は200グラム入りで150円(税抜き)から160円に、「コシヒカリ小盛り」は150グラム入りで130円から140円にそれぞれ引き上げる。値上げ率は最大8%程度。価格を据え置く商品もある。

(訳者: はいはい、準備してくださいね~。)

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

日用品から銀歯まで…10月からまた値上げの波が直撃

日用品から銀歯まで…10月からまた値上げの波が直撃

9/28(木) 17:56配信

 私たちの生活には、またしても値上げの波が押し寄せそうだ。10月を迎える来週から、サラダ油やかつおぶしなど身近な商品が軒並み値上げを決めている。

 今年に入ってから値上げが止まらない。さらに、10月からも追い打ちをかけるように値上げの波が押し寄せる。日清オイリオは、キャノーラ油やサラダ油など家庭用の食用油22品を1キロあたり20円以上。家庭用のオリーブオイル全商品を10%以上、値上げする。また、J-オイルミルズは小売店に対し、来月からの仕入れ価格の値上げを要望している。この店では負担は大きくなるものの、今のところ、値上げの予定はないという。毎日使うといえば、日本の食卓に欠かせないかつお節。しかし、原料となるカツオの漁獲量が減り、価格が高騰し続けているという。これを受けて「にんべん」は、かつお節などを15%から24%値上げ。さらに、一部の商品は量を減らすなどして対処することを決めた。値上げは食品だけにとどまらない。ヤマト運輸は10月から27年ぶりの運賃改定に踏み切った。個人客向けに基本運賃が最大で180円の値上げとなる。宅配業界ではインターネット通販の拡大などによって人手不足が深刻化。人材確保のための費用が拡大しているため。佐川急便は11月から、日本郵便も来年3月から値上げをする。10月からの値上げの波は歯医者にも訪れている。対象となるのは、虫歯の治療などでおなじみのいわゆる「銀歯」だ。
 ホワイトエッセンス渋谷・田中健久歯科医師:「金銀パラジウム合金という金属を使っているが、その金属の値段が上がると、どうしてもこちらの値段も上げざるを得ない状態」
 このまま高騰が続けば、今後もさらに値上がりする可能性もあるという。

(訳者: 早く準備してくださいね。お薬、ペットフード、食料をストックしてください。特にお薬(ペットの薬を含む)やペットフードは輸入物、国産であっても原料が輸入なので、私は3年分くらい買い込んでいます。消費期限とか気にしてません。高温と湿気を避ければ大丈夫だと思います。野菜やお米は日本でできるので、入手できなくなる期間は比較的短いと思いますが、通貨の価値が暴落した中では、輸入物が長期間に渡って入手困難になる可能性大です。私が買ってる猫のお薬などはここ数年で2倍になってしまいました。)

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

米穀店は悲鳴「経営が持たない」 米価上昇3年連続

米穀店は悲鳴「経営が持たない」 米価上昇3年連続

8/23(水) 11:20配信 福井新聞ONLINE

精米作業に励む山本茂司さん。「今年は仕入れ値の上昇分を小売価格に転嫁させてほしい」と話す=福井市
 3年連続の米価上昇に、外食向けの業務用米を扱う福井県内の米穀販売店から悲鳴が上がっている。県産ハナエチゼンの2017年産新米の相対取引価格(卸売業者への販売価格)は1俵(60キロ)当たり前年比千円高の1万4千円となり、コシヒカリも前年を上回るのは確実とみられる。そうした中、スーパーなどとの価格競争にさらされ、「薄利経営」を強いられている米穀小売店側は「今年は仕入れ値を小売価格に転嫁しなければ経営が持たない」と訴えている。

(訳者: これもまた天候不順のせい、って記事の続きにコメントありました。いつまで言うねん?
いよいよハイパーインフレの最初の段階始まってます。ハイパーインフレの中、一番値上がり率が高いのが食料です。なぜなら需要が一番高いからです。新しい車や洋服や家を買わなくても人間はずっと生きていけますが、食べ物を食べなければ人間は数週間で死んでしまいます。食料は生きるために必要不可欠なので、ハイパーインフレの最中には一番需要が高くなるんです。なので、一番需要の高い食料が一番値上がりするそうです。戦後のハイパーインフレの際には、都市部でお米とゴールドの価格が同じになった時期があった、というのを何年も前にどこかで読みました。(現在の価格に置き換えると1グラム5千円です。そんなお米とても買えません。だから餓死者が沢山出たんですね。。。)みなさんは準備されましたでしょうか?
準備してくださいね。

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

野菜高騰・海やプールは閑散… 関東などで記録的長雨

野菜高騰・海やプールは閑散… 関東などで記録的長雨
2017年8月16日23時26分

長雨による日照不足で、夏野菜の価格に影響が出ている。東京都中央卸売市場によると、4~10日のキュウリの入荷量は前年同期より12%少なかった。代表的な産地である福島産の平均卸売価格は1キロあたり259円で46%上昇した。栃木産のナスの価格も33%上昇。トマトは入荷が28%減った。JA全農福島の担当者は「天気が崩れて露地もののキュウリの出荷量が落ち、相場が上がった。お盆あけの出足も鈍く、東日本の産地は来週ごろまではこの状態が続くだろう」。

(訳者:あれ?長雨による日照不足?ニュースの4日前、8月12日の福井新聞では、全国的な高温少雨の影響で菊の値段が倍になってるって書いてありました。記者の人たちは、食料と日用品の値上がりの理由を、なんでもいいから天気のせいにして記事を書くように指示されてるんですかね?)

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村
プロフィール

bebetan

Author:bebetan
UFO:  信じる
自由: 賛成
平和: 賛成
自然エネルギー: 賛成
本:  わら一本の革命

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR