あなたのお金でできる一番賢いこと by ダグ・ケイシー 2017年2月25日

(訳者:手直し完了しました。だいぶ分かりやすくなったと思います。3月10日)

(訳者: ちょっと読みにくい部分を手直ししている最中です。途中まで直しました。全部完了したら、またお知らせします。3月7日)

(訳者: 最近忙しくて時間がないので、ダグケイシーの記事をGoogle翻訳したものを貼りました。Google翻訳は人口知能のおかげで性能が飛躍的にアップしてます。まぁ、わからないところはあるかと思いますが、大体重要なメッセージはわかるを思います。)

------------------------------

ダグ・ケーシー: あなたのお金でできる一番賢いこと

Doug Casey on the Single Wisest Thing You Can Do With Your Money
 
編集者注記:今後2日間、Casey Researchの創設者であるDoug Caseyの時代を超えた知恵を紹介します。今日、彼はあなたの人生を支配し、今後数年間で繁栄するためにあなたのお金で行うことができる第1の事柄を共有しています。

豊かになるためには、適切な投資を買って、上手くいくことを望むよりも、他に多くの方法があります。投資の生存の戦いに勝つための戦略における最も重要な要素は、あなた自身の心理です。あなたの態度があなたの健康とあなたのゴルフスコアに役立つということを聞いたことがあるでしょう。それにより、あなたの収益力も向上します。

過去の財務ミスを解消するだけでは不十分です。逆効果的な態度、アプローチ、問題解決の方法を修正することのほうが、より重要です。誰かが人生で得た結果は、その人の人生へのアプローチがどれほど健全かを示すものです。人生の健全な哲学は良い結果をもたらします。混沌とした、非生産的な、不幸な人生を生きる人たちのその人生の責任は通常、他の誰にあるものではなく、その人たち自身にあります。彼らは暮らしていくための戦略を持つことはめったにないため、投資戦略を立てるための基礎を持っていません。

このトピックについて多くの良いアドバイスが存在します。マルクス・アウレリウスの瞑想、ベン・フランクリンの自叙伝、ノーマン・ヴィンセント・ペールの肯定的思考の力、フランク・ベッツァーの失敗から売り上げまでの成功の仕方、そしてマックスウェル・マルツのサイコサイバネティクス、それらがすべて役に立ちます。

大々恐慌についての重要なことの1つは、それがあなたの人生哲学をテストにかける機会をもたらすということです。物事が良い時期にはほとんどの人が問題なく過ごすことが出来ますが、今後やってくる時期は本当の勝者と敗者を分けることになるでしょう。多くの人が勝利のスリルや敗北の苦しみを味わいます。人生の悲喜こもごもを経験するために、彼らは土曜日の午後のテレビスポーツを見る必要がなくなるでしょう。。

実用的な戦略をあなたが編み出したからといって、財政的サバイバルの戦いの中であなたが犠牲にならないとは限りません。人生の中では、不運ということが起きることもあります。しかし、デイモン・ランニョンが言ったように、パンがいつも賢い人たちのところに行くとは限らないし、速い人がいつもレースに勝つとも限らないし、強い人がいつも戦いに勝つとは限りません。しかし、それが賭けの方法です。

事前にサバイバルに準備をする態度を身につけ、勝ち目をこちらに傾ければ、他の全てには大数の法則が働きます。

もちろん、有効な態度はほぼ無限にあります。あなたにとってうまくいくことは、私にとってもうまくいくものでしょう。しかし、戦略の次のステップ(統合)が物的商品の収集にかかわることなので、私は間違った印象をみなさんに与えたくありません。

あなたはシルバー10袋、クルーガーランド金貨1000枚を蓄えておくとができるかもしれませんし、レストランチェーンを開くのに十分な食べ物も蓄えているかもしれません。しかし、何らかの理由でそれらを失うことがあれば、それらを取り戻す方法を知ることほど重要なことはありません。それは誰もあなたから奪い取ることのできないものの1つで、あなたはそれを決して失うことができません。それとは、人生に対するあなたの態度です。

スクルージ・マクダックは正しい態度を持っていた。

私が今までに読んだ最も奇形的な物語の一つは、ウォルト・ディズニー・スタジオのカール・バークスが1953年に書いた「スクルージー叔父さん」のコミックです。

スクルージ・マクダックは箱に一杯になった自分のお金で遊んでいます。彼はダイビングに夢中になり、彼が一番好きなことをやっています。彼はその箱を毎日家に置いて用事にでかけるので、甥のドナルド・ダックは、見出しに、「コインと紙幣はもう無価値!!議会は魚を国の新しいお金にする。」と書いてある偽の新聞を公園のベンチに置くことにしました。 ..

スクルージはその偽の新聞を見て、驚きました。彼の現金はすべて無駄になってしまいました。彼は、パンの皮を買うお金すらないと考えながら、木にぶち当たります。しかし、漫画本の次のフレームで、勇敢な年寄りアヒルは自分自身を奮い立たせ、オレはレースに戻ってくる準備ができている、「まあ、運が悪いとは思わない。オレは仕事をして、もう一度人生を始めるよ。」と言います。

すぐに、スクルージは水辺で漁師と話し始めます。彼は、袋一杯の魚と交換で、漁師のボートにペンキを塗ろう、と提案します。スクルージは魚を儲け、景気が悪い衣料品店に持ち込みます。そして、魚を渡してレインコートを手に入れます。そして水辺に戻って、彼は別の漁師にレインコートと2袋の魚を交換すると、言って売っています。

魚が重すぎて運べなくなったので、スクルージは2つの袋を年老いた馬と交換で農家に売り、馬を魚10袋に交換します。

一日が終わるころには、3立方エーカーの魚を手にしました。
しかし悲しいことに、彼は魚は古いお金に比べて魅力的ではないことを理解します。魚は悪臭がし、気分が悪くなる。

突然、彼はもはや金持ちになりたくなくなってしましました。彼は漁船を借りて、いつも金持ちになりたいと言っていたドナルドのところに魚を持っていきました。そしてドナルドの家は死んだ魚に埋もれました。

ドナルドのジョークは自分に跳ね返って来ましたが、スクルージは彼の立場を証明しました。あなたが正しい姿勢を持っていればゼロからやり直し、カードを正しくプレーし、立て直すことが出来る。

スクルージは最初、魚を全く持っていませんでした。もしあなたが自分が持っている不用な資産を全て売り払えばいくらかにはなるでしょう。それらを持っていることでお金がかかる上、あなたを縛り付けていることでしょう。あなたが溜めてきたガラクタをキャッシュに替え、スクルージ・マックダックがするように、再配置してください。
(訳者:このエッセイの前に、ダグ・ケイシーは不要なガラクタを売ってキャッシュに替えて別の資産に再配置することを提案するエッセイを書いています。断捨離みたいなものですが、捨てるんじゃなくて、売ってキャッシュにして、今後必要になるものを買え、ということです。)

あなたの計画の次のステップは、あなたの道具一式に追加するもの、つまり、より多くのお金を稼ぐことです。それはスクルージの第二の財産の鍵であり、それはあなたの鍵でもあります。

しかし、他人に商品やサービスを提供するためには、必要なスキルを身に付けることが必要です。スクルージは彼のビジネススキルによって彼の魚の財産を作しましたが、他にも何千もの方法があります。

獲得スキル

何年にもわたって繁栄するための一歩として、あなたの人生を支配する最も重要な部分の1つは、自分自身を教育し、技術を身に付けることです。それは、単に高校や大学で8年を過ごすだけではありません。大学へ行くことは方法の一つですが、お金を稼ぐことを学ぶには、他に方法があります。今日のほとんどの人は、大学へ行くことが先に進むために必要だと信じているようです。そうではありません。それは実際には障害であるかもしれません。

多くの人が単に大学に行くと教育が見につくと思っているようです。実際には、ほとんどの人は卒業証書を取得しますが、それは本当に教育を得るということと、非常に異なることです。高校を卒業しなかったが、The True Blieverという奥深い本を書いたサンフランシスコの港湾労働者であるエリック・ホファーは、大学に通うということと、教育を受けるということは全く違うことであることを示す顕著な例です。

実用的で市場性の高いスキルは、職業専門学校や、自己教育の努力や、現場で底辺から経験するなどして、得られることが多い。学校をトップクラスの成績で卒業して教師になった人たちの多くは(勉強は良く出来るでしょうが)、ホットドッグ屋台を成功させることは出来ないでしょう。そのため、彼らは生徒がサバイバルスキルを身に着けることを助けられる立場にありません。

あなたの資源の全てを、ゴールドを貯めたり、コモディティを集めたり、巧妙な税金対策を考えたり、投機したりすることに費やし、もっと基本的な無形資産を無視することは、悲劇的な間違いです。政府が、インフレ、税制、規制などを通じ、あなた方の多くの努力を無駄に終わらせる可能性があります。そして、たとえそれらを乗り越えたとしても、市場リスク(悪い判断、予期せぬ事柄の発生、ブローカーの破綻)があなたを吹き飛ばすことがあります。詐欺、盗難、火災、または戦争の可能性もあります。

そして、今後やってくる環境の中においては、先ほど話したようなものや、それらに似たようなもの(有形資産)の多くは、過去に存在した危険よりも、もっと大きな危険にさらされる可能性があります。恒久的に安全なのは、頭の中で運ぶものだけです。あなたの態度、知識、あなたのスキルです。

今後やってくる時代の中でどんなスキルが必要になるのかは誰も分かりません。現在あなた方がしているような、学校で教えたり、法律を学んだり、煉瓦を敷いたり、保険を売ったりしているようなことは今後、需要が低くなるのかもしれません。そして、フランス料理を作ったり、自動車の修理、本の保管、財務相談の提供などの需要が高くなるのかもしれません。或いは、全く逆かもしれません。

あなたがお金でできる一番賢いことは、ゴールドを買うことではありません。あなたが現在やっている仕事とは無関係に、コースを受講し、他の分野の知識を取得することです。科学、特に技術に関連するものは特に適していると思われます。コンピュータサイエンス、医学、メカニックス、農業、エレクトロニクスに対する需要は今後も続くでしょう。

TVシリーズのスタートレックでは、非常に知識の豊富なスポック氏が、乗組員たちを何度も救いました。彼が失業している姿は想像し難いです。知識が増えれば、世の中が現在どのように回っているかを理解することができます。そして、世の中が今までのように回らなくなっても、あなたはやっていけるでしょう。現在の仕事を失ったとしても、それはもはやあなたにとって、世界の終わりとはならないのです。

そして今後、多くの人が現在の仕事を失うことになりますよ。

ダグ・ケーシー


(訳者: でも私は自分が一番好きなことをやるのが一番いいと思いますけど。興味もないのに医学とかエレクトロニクスとか、出来ないでしょ。私はイヤです。とにかく、今の仕事とは別に何かスキルを得て、もうすぐそこまで来ている、、、っていうか、もうすでに来ている、困難な時代を食ってけるように備えろっていうことです。)


にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

世界には世界の人生(life)があり、そのため、地獄へ向かうからです。by ダグ・ケイシー 2015年3月24日



(36:32-38:29)

質問者: あなたは先ほど、「私達リバタリアンは戦いに負けている」と仰っていましたが、私達は何をすれば状況を変えることが出来ると思いますか?どうやったらこの戦いに勝てるんでしょうか?

ダグ: まず、私はフランス語のこのことわざを信じています。”xxxxxx”(訳者:聞き取れません)可能である間に自分自身を救え。あなたは金持ちになったほうがいいです。しかしソロスとかああいう人達程金持ちになれと言っているのではありません。なぜならもう金持ち達が食われる時期にきていますから。なぜなら今日、世界中の金持ちたちの非常に多くがお金を盗んだからです。彼らはアフリカの独裁者たちが金持ちになったのと同じ方法で金持ちになりました。彼らは政府を利用して他の人達みんなからお金を盗んだんです。生産性の高い人達でさえそれに嫌気が差しています。なので、金持ちになるのはもしかしたら危険なことであると私は思っています。じゃぁ、どうしたらいいのか?わかりません。私はこの惑星から出たいんですがね。私が生まれ変わったら、地球には戻って来ないことは約束しますよ。

(出席者から笑い)

ダグ: 私がこれらの話をするのは、なぜなら、楽しいからです。もし私が言ったことを聞いたり、私が書いた本を読んだりして100人に一人、または二人、「そんなことは考えたことがなかった!」って思ってくれれば、それはよいカルマになります。私はカルマを信じます。それは本当にあるものだと思います。自分がしたことが返って来る。そのため、私は人々に話しをするんです。そして自分が楽しみたいからです。しかし、私が何か変えられるとか、世界を救うとか、それは不可能だと思っています。世界には世界の人生(life)があり、そのため、地獄へ向かうからです。

(出席者から笑い)

(訳者: 1年前に香港の大学でしたスピーチです。あまりに面白いので、翻訳しました。ダグ・ケイシーの話はいつ聞いても毎回爆笑します。)

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

これはフランス革命の前のフランスとイギリスのジョン・ロー以来の最大の出来事になります by ダグ・ケイシー 2016年3月17日



(02:28-06:03 )

ジェフ:、、、(省略)、、、その前に市場全体について話しましょう。前回私がにあなたにお会いしたのは昨年の夏でした。バンクーバーで。私達はその時、「来年はとてもひどいことになる」と予想しました。私はもっと早い段階でわるくなると予想し、実際に2015年の3期目に危機や崩壊があちこちで起きました。なので2016はもっとひどいことになると思っていましたが、今私達はどこにいるとあなたは思いますか?

ダグ:正直に言って、私達は断崖絶壁の上にいると思います。私がいつも使うアナロジーは、「私達は2007年に巨大なハリケーンに突入し、ハリケーンの最初の部分を2008年と2009年に経験しました。どれだけ恐ろしくてひどいものだったか、みんな覚えていると思います。この金融ハリケーンは非常に大きなものなので、ハリケーンの目(台風の目)も大きかったんです。2010、2011、2012、2013、2014、2015年。そして今私達はハリケーンの目を出て、また嵐の後半に入りました。そして今回はいままでよりずっとずっとずっと悪いものになり、とてもとても違うものになり、2008年、2009年に起きたものよりずっと長く続くことでしょう。

これは本当にひどいものになりますよ。なぜなら、あれらのバカな各国政府どもが間違っていることをしているだけでなく、正しいことと正反対のことをしているからです。ジェフ、これはフランス革命の前のフランスとイギリスのジョン・ロー以来の最大の出来事になりますよ。これは非常に大きな出来事になります。

ジェフ:私もそう思います。私はずっと言ってきてるんですが、、、今日は資本にとって人類史上、一番危険な時期だと思っています。今後1,2年で多くの資本が失われるでしょう。世界のあちこちの政府が国民の資産を没収したり、没収しないものに対しては税金や規制をがんじがらめにかけています。あなたは政府がバカだと言いましたが、政府や中央銀行は完全にバカだと思いますか?或いは、彼らは経済を崩壊させる計画を何かしているのでしょうか?

ダグ:私はそのような計画をしていると思いません。まずバカを定義しましょう。政府や中央銀行で働く人達は実際には高いIQを持っています。大学入試テストやSATを受ければ、良い結果を出すでしょう。IQ110、120、130、、、。私はバカを定義するのにそのようなことを言っているのはありません。バカのより良い定義は「意図せずに自滅に向かう傾向」ということです。これを彼らはやっているんです。彼らは沢山のあべこべなアイデアを持っていて、それらを他の人達に強制する権力を彼らは持っています。そしてより悪いことは、世の中の一般の人、率直に言って、チンパンジー程度に物事を考えられる人のことですが、彼は政府に入って社会のために働くことが「ベストで、一番賢い考えだ」と考えます。しかし政府や中央銀行は良い人達ではありません。権力を使って人々をコントロールすることを望む、世の中で一番モラルが低く、最低な人達です。だから彼らは政府に引き寄せられるんです。犯罪者がマフィアに、ギャンブラーがラスベガスに引き寄せられるのと同じ理由ですよ。だからこれらの反社会的人格異常者たちが政府に引き寄せられるんですよ。そして彼らは当然、事をめちゃくちゃにしますよ。彼らは現在とてつもなく大きな権力を持っているんですから、それを使うに決まってるでしょう。(訳者:そういえばマークファーバーも同じようなこと言ってましたね。)これは本当に、、、今私達は、世界の歴史上重要なことを目の当たりにしているんですよ。私はラテンアメリカの自宅からそれをTV画面を通して鑑賞しているので何ともありませんが、アメリカの自宅の窓から目の当たりにしたら楽しむことなんて出来ませんね。

~~(中略)~~~

(13:07-20:47)

ジェフ:来年何が起きるでしょうか?何が起きる可能性があると思いますか?

ダグ:現在、世界最大のバブルは債権バブルです。マイナス金利ですが、私はそれは形而上学的に不可能だと思っていたものですが、可能なんだと証明されましたね。(笑)

ジェフ:ハハハ(笑)

ダグ:これは世界の歴史上最大のバブルです。今までこのようなことは起きたことがありません。なので、これは崩壊します。覚えていますか?債券は3つの側面からあなたの資本を脅かします。マイナス金利の脅威だけではありません。みんな忘れてしまったかもしれませんが、1980年代、アメリカ政府は国債に対して15%の金利を支払っていたんですよ。なので、金利面の危険があり、通貨の危険もあります。ドルです。”IOU Nothing"です。 ホットポテト(誰も触りたくない問題)です。最後はデフォルトの危険です。アメリカ国債はお金をいくらでも印刷するので、デフォルトしないかもしれませんが、他の負債(債券)はデフォルトの危険があります。これは大災害になります。不動産は先進国では金利と借りられたお金の上に成り立っていますから、不動産市場は破壊されます。そして株式市場については彼ら(政府)が何をするのか分かりませんが、通貨を崩壊させてるので、株式市場は上がるのかもしれません。なぜなら、それは何らかのエクイティですからね。しかし、ドルで貯金している一般的な国民、貯金できる余裕がある人のことですが、その人にとっては大惨事になります。なぜならドルはもう完全に死んでいるものですからね。(訳者:日本円も負けないくらい死んでますが。)

ジェフ:本当に信じられないですよね。マイナス金利ですが、形而上学的に不可能だ(笑)とあなたは言いましたが、私も2010年にこのニュースサイトを始めた頃、あなたが話した多くのことを私は予想し、それらは今現実となっていますが、マイナス金利については話したことはなかったですね。だって、債券を買って金利を自分が支払わなくてはならなくなるのであればそんなもの誰が買うんですか?(笑)しかし、人々は債券を買っています。何が起きているんでしょうか?なぜこんなにも多くの人達が債券を買っているんでしょうか?

ダグ:なぜなら、他に隠れる場所がないからです。もうお金を銀行に入れておくことは出来ません。なぜなら、キプロスの銀行がしたことと同じことをする可能性がどの銀行でもあるからです。キプロスの銀行は人々のお金を取り上げました。ベイルインと呼ばれるものです。私はそれも可能であるは思いませんでした。

ジェフ:ハハハ。多くの新しいことが可能であると私達は学んでますよね。(笑)

ダグ:あなたがお金を銀行に預けている時、実際にはあなたは自分のお金を銀行に貸しています。そして銀行があなたからお金を借りるためのお金(金利)をあなたが銀行に払います。(笑)これが大惨事になることは確実です。あなたが出来ることが何なのか、私には分かりません、金貨を買うこと以外にはね。しかし、小さな金貨を買うことですよ。法定通貨やフランス旧金貨のサイズのものです。クルーガーランドやメープルリーフのサイズのものでも大きすぎます。なぜなら、最近国境を2回ほど越えたんですが、その時に私は銀貨を持っていたんです。アメリカドル銀貨の大きさのものです。それは結構大きく、X線の機械を通すと金貨のように見えます。そして、2度とも私は止められ、持ち物をチェックされ、「金貨は持っているのか?」と聞かれました。

ジェフ:本当に?

ダグ:本当です。なので、明らかに政府は金貨を持っている人間を探す人間を社会にすでに配備しています。なので、大きなものを持ち歩かないことです。しかし小さなものであれば、5セントコインや10セントコインに見えます。

ジェフ:なるほど。

ダグ:これは非常に深刻なことです。そしてあと”キャッシュとの戦い”ですが、これも同じくらい非常に深刻な状況です。世界中で、キャッシュをシステムからなくしてしまう動きが始まっています。クレジットカードかi Phoneで支払いをしなくてはならず、キャッシュが使えないようにしようとしています。彼ら(政府)はこれを麻薬との戦いだとか、テロとの戦争だとか、言っていますが、それは全くの嘘です。完全なでたらめです。

(訳者:これは「キャッシュとの戦い」とか「キャッシュなしの社会」とオーストリア学派の人達が呼んでいるものですが、昨年秋くらいから、オーストリア学派の人達のサイトで頻繁に話題になっているトピックです。キャッシュを世の中から完全になくそうと世界各国の政府が動き始めています。その動きは急速に広まっていて、オーストリア学派の人達は懸念しています。キャッシュをなくせば麻薬組織が暗躍出来なくなるとか、テロリストが資金調達出来なくなる、と各国政府は言っていますが、お金を全てデジタルにしてしまえば、全てのお金の動きが完全に追跡可能になるので権力者にとって都合がいいからだ、とオーストリア学派の人達は言っています。没収とかワンクリックで完了しますしね。)

しかし、、これは本当に深刻なことです。あなたが銀行にお金を入れると年間-0.5%の金利がかけられます、ヨーロッパ全土でね。これは税金ですよ。平均的なムチで打たれる犬、世の中の殆どの人々たちのことです。彼らはただのムチで打たれる犬ですが、彼らがいつ反乱を起こすのか私には分かりません。しかし、ホワイトハウスと合衆国国議会議事堂の間のペンシルバニア・アベニューで、政府職員を十字架に貼り付けにした人々を見ることが出来たら、それほど健康的なことは他にないですね。(訳者:私はそんなものは見たくないです。)

ジェフ:ハハハ、十字架って。。。それは面白いですね。(笑)

ダグ:しかし実際には、政府職員が私達を貼り付けにする可能性のほうが高いですがね。なぜなら私達より彼らのほうがずっと数が多いですからね。なので、私達はかないませんね。

ジェフ:私もあなたと同じでそれに立ち会いたいですね。(笑)

ダグ:いえ、さっき言ったように、これらの狂ったチンパンジーたちが遣りあうのを私は見たいですが、暴徒の中に入りたくはないですよ。

ジェフ:そうですね。TVでいつか観れたらいいですね。(笑)で、マイナス金利であるにも関わらず、人々が債券を買っている話に戻りたいんですが、例えば、100億ドルのファンドを抱えた人がいるとします。今後2,3年を彼が生き残るためにどうしたら良いかをアドバイスをするとしたら、なんとアドバイスしますか?

ダグ:フゥ~(大きなため息)、私なら、何か爆発しなくて、乾いてなくなってしまわないものにお金を入れますね。農地はとてもいいです。生産性があり、作物を作れます。人々は常に食べ物は必要ですからね。私だったら債券は持ちませんね。株式なら買いますかね、これは債券市場が高くなりすぎているからです。この強気市場が終わるまでにここからまだ2倍くらいにはなるかもしれませんが。株式には注目しています。しかし、ゴールドは持たなくてはならないでしょう。シルバー、商品全般です。全てです。コーヒー、砂糖、、、これらは全て非常に安いです。私は金融商品よりもずっとずっと商品のほうに注目しています、この時点ではね。なぜなら、金融世界はおかしいですよ。これらのとてつもなく巨大な銀行や証券会社が、体育館くらいのサイズの部屋にトレーダーを置いて、買ったり売ったり、「NY、買って」、「シカゴ、買って」、「ロサンゼルス、売って、NYとシカゴが買ってるから」、、、これは狂ってますよ。これらの人達は何も有益なことを生み出していません。社会全体が金融化されすぎてしまっているんです。現在、市場の22%が金融だったと思います。本当の自由市場経済の中であれば、3~4%で事足りるはずです。これは資本を大きく無駄にしています。、、、まぁ、アメリカ政府がしてきたことの全ては資本の大きな無駄ばかりですが。もし私が大統領なら、暗殺される前に、まずすぐに、政府全体の90%をなくしてしまいすね、そしてそれで回るようにします。そしてその90%からまた90%をなくします。まぁ、本当は全部なくしてしまいたいですがね、しかし、それは出来ないでしょう。一般的な人のサイコロジーの脱線ぶりはとても高く、彼は、政府がなくてはならないものであると考えますから。まぁこれについてこれ以上話をしても無駄だと思いますが。

ジェフ:そうですね、政府はなくならないですからね。

ダグ:こういった哲学的なトピックについてはAnarcastで話しましょう。

ジェフ:そうですね。誰も政府を90%縮小するなんてことしないですからね、近い将来ではそれはないでしょう。崩壊するまでずっと借金を重ねますからね。


(訳者: そういえば、ジム・ロジャーズも3年前にこんなこと言ってましたね。まだ続きますが、ここで終わりにします。)


にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

なぜゴールドなのか(4/4) by ダグ・ケイシー 2009年9月30日

(1/4から読む)

以下は3年半前に行われたインタビューの記事です。

------------------------

All of these numbers are far, far above the current level of roughly $1,000 per ounce. And that's the answer to the question you started this interview with. Why gold? Because it's got only one way to go: up. It seems to me that everyone should have a very significant portion of their wealth in gold.

これらの数字の全ては現在の1オンス1,000ドルのレベルよりずっとずっと高いものだ。そしてこれが、君が私にした最初の質問に対する答えだ。「なぜゴールドなのか?」なぜなら、ゴールドは行く先が一つしかないからだ。ゴールドは上がるしかないんだ。みんな誰でも自分の資産のかなりの部分をゴールドで保有しておくべきだ、と私は思うよ。


That's not just for safety, security, and prudence, though those are reasons enough, but because gold is cash in its most basic form. Better yet, even though it's quadrupled since its bottom in 2001, it's also still an excellent speculation. I can see somewhere between three and ten times your investment in current capital. And there's no limit to the upside in dollars, depending on how rapidly the government destroys the currency.

それは安全やセキュリティや用心深さのためだけではない、これらだけでも十分な理由だけどね。しかしなぜならゴールドはキャッシュそのもの、それがゴールドの一番基本的な本質だからだ。その上、ゴールドの価値が一番低くなった2001年から価格は4倍になったが、今でもまだ極めて良い投機の材料だからだ。あなたが出すお金の現在の資本から3倍~10倍にはなると思っている。そしてそれをドルに換算すれば上限はない。上限はどれだけの速さで政府が通貨を崩壊させるかによる。

(訳者のコメント:ダグ・ケイシーは単語の定義にとてもこだわります。”投資”と”投機”も分けて使っていて、ビジネスに投資して、そのビジネスが成長してその成長の一部をリターンとして受け取るためにお金を出すのが”投資”。ビジネスの成長にお金を出すのではなく、ただこれから値段が上がる(或いは下がる)と踏んでお金を出すのが”投機”。このような分け方だったと思います。)

To my view, that offers an exceptional combined opportunity; by buying gold, you protect your wealth but also have enormous speculative upside.

私はゴールドを買うことは非常に良い2つの条件を同時に得られることだと思う。あなたの資産を守るだけでなく、とてつもなく大きな利益を得られる。

L: Plus, as you like to say, gold is the only asset class that is not also simultaneously someone else's liability.

L:そしてもう一つ、ゴールドは、資産であると同時に誰かの負債ではない、唯一の資産である。

<訳者のコメント:例えば、株はあなたにとっては資産ですが、その株を発行している会社にとっては負債です。通貨もあなたにとっては資産ですが、その通貨を発行している国にとっては負債です(その通貨の価値を保証しなくてはならないので)。紙資産には全て同じ理屈が当てはまります。>

Doug: Absolutely right. And in a world as financially unstable as today's, you just don't want to hold on to someone else's liabilities any more than you have to. Especially if that's a liability of an entity like the U.S. government.

ダグ:全くその通りだ。そして今日の金融的に不安定な世界では、仕方がないものを除いては、君は他者の負債を保有するべきではないんだ。特にアメリカ政府のような存在の負債であればなおさらね。

L: Got it. You should own gold because it's money, because of its security, and because it's an excellent speculation. In our publications, we've been telling readers that they should have as much as 1/3 of their portfolio in gold, 1/3 in cash, and 1/3 in investments that could do well in times of crisis, including gold stocks, commodities, certain kinds of real estate, etc.

L:分かったよ。人々はゴールドを所有するべきだ、なぜならそれはお金だから、なぜならそれが安全なものだから、そしてそれが非常に良い投機の対象だから。僕達が発刊しているニュースレターで読者達に、ポートフォリオの1/3をゴールドに、1/3をキャッシュに、1/3を危機の時に利益をあげられる投資物、例えばゴールド関連株、商品、特定の種類の不動産などなどに、と言ってるよね。

Do you think those are still the right proportions? That worked out very well for our readers last year.

今でもこれらが正しい割合だと思ってる?この割合は去年は読者にとってとても上手くいったんだけど。

Doug: That's still a good balance, but if you start really thinking of gold as cash, and the dollar as a merely temporarily fashionable means of exchange, you'll find yourself loading your portfolio with much more gold and gold proxies. That will protect you against the very rapid loss of value the dollar faces in years to come. Inflation is going to truly get out of control.

ダグ:その割合は今でもいいバランスだよ。でももし君が、ゴールドが本当のキャッシュであり、ドルが物と物を交換するために一時的な手段として現在使われているだけのものとみれるようになれば、ポートフォリオのもっと大きな割合をゴールドと代理ゴールドで埋めるようになると思うよ。そうすることで、これから数年かけて早いスピードで価値を失うドルによる損失から自分自身を守ることが出来るだろう。インフレはこれから文字通り制御不能になってゆくからね。

lewrockwell.com

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

なぜゴールドなのか(3/4) by ダグ・ケイシー 2009年9月30日

(1/4から読む)

以下は3年半前に行われたインタビューの記事です。

------------------------

Doug: You're quite correct on that — a sea change in thinking will have to take place. Of course, anyone in Zimbabwe can tell you a government's guarantee is not necessarily worth anything. A collapse of the dollar — the worlds' de facto reserve currency — could spark such a change in that way of thinking. With GoldMoney.com or the Perth Mint — another worthy alternative — it's a question of predicting the solvency of an actual company, and we have tools for that. I believe this is exactly what is going to happen in the future. As far as I'm concerned, either of these outfits is more reliable than, say, Citibank. And gold is far more desirable than the dollar. So I'd rather have a thousand ounces of gold stored with GoldMoney.com than a million dollars deposited at Citibank.

ダグ:そうだね。思考の大転換が必要になるだろう。もちろん、どのジンバブエ人でもいいから一度彼らに聞いてみれば、政府の保証なんて全く何の価値もないってことを教えてくれると思うけどね。事実上の世界の準備通貨であるドルの崩壊が、人々の考え方を変える火付け役となるかもしれないね。GoldMoney.comや、また別の良い選択肢であるPerth Mintなどのお金に関しては、実際のそれらの会社が支払い能力があるかどうか判断することがポイントだ、そしてそれを確認するためのツールもある。私は将来これが起きると信じている。GoldMoney.comとPerth Mintのどちらであっても、例えばシティバンクなんかより信用できると、私は個人的に思っている。そしてゴールドはドルなんかよりずっと信用出来る。なので、私は100万ドルをシティバンクに預金するより、1000オンスのゴールドをGoldMoney.comで保管することを選ぶよ。

The dollar will be phased out of the world economy, because everyone can see that it's a hot potato. This Chinese have two trillion of them. They want to get rid of them because they aren't stupid, and they can see what the ultimate fate of the dollar is. This is true of every country around the world at this point; their central banks know they are sitting on hot potatoes, and they are going to want to unload them.

ドルは世界経済から徐々に消えていくよ、なぜならドルがホットポテト(訳者のコメント:熱くて持っていられないので、みんなが早く別の人にパスしようとするポテト。誰も欲しがらないもののこと。)だということを誰でも知っているからだ。中国人はこれを2兆持ってるんだよ。彼らは自分たちの持っているドルを処分したいと思ってるんだよ、だって彼らはバカじゃない上に、ドルに最終的に訪れる運命が見えているからね。これが現時点では世界中の国々は同じように思っている。彼らの中央銀行は自分たちがホットポテトの上に座っていることを知っている、そして彼らはそれらを(売って)なくそうとしている。

What's going to happen is that one or more countries are going to institute a sound, stable, gold-backed currency. Ten years ago, Mahathir Mohamad of Malaysia tried to get Islamic countries to return to hard money, adopting the gold dinar and the silver dirham, which are defined in the Koran as specific weights of gold and silver. It didn't work because of mistrust between the players; the governments of Muslim countries are, as a group, almost universally corrupt. But I think it's entirely possible, nonetheless, that something like that might arise in the Islamic world. After all, they believe that the Koran is the actual word of Allah, and there is a resurgence of Islamic fundamentalism everywhere.

何が起こるかというと、一つ或いはそれ以上の国々が、健全で、安定した、ゴールドで裏付けられた通貨を設けることになる。10年前にマレーシアのマハティール・モハマドはイスラム教の国々で貴金属の通貨を戻そうとした。コーラン(イスラム教の聖典)の中で指定された重さのゴールドとシルバーを使って、ゴールドディナールとシルバーディラハムを適用しようとしたんだ。でもそれはそれらの国々の間にある不信感のせいで失敗した。イスラム教国の政府は世界のどこの国であっても、ほぼ全て腐敗しているからね。でもその失敗はあったけど、イスラム教の世界でこれに似たような物が出てくる可能性は十分にあると思ってる。彼らはコーランを神の言葉そのものだと信じているからね。それにイスラム原理主義があちこちで再生しているからね。

According to press reports, the Chinese government is actually encouraging Chinese people to accumulate gold at this point. They might go for a gold-backed yuan — it would put them on the map as an international monetary leader.The press also reports that the Russian government has been consistently buying large amounts of gold. We might even end up with a gold-backed ruble.

報道によれば、現在、中国政府は国民にゴールドを貯めるように奨励している。彼らは元をゴールドで裏付けるようになるかもしれない。そうなると中国は国際的な通貨リーダーとなるだろう。ロシア政府が一貫して大量のゴールドを買い続けているとも報道されている。ルーブルをゴールドで裏付けることになるかもしれない。

Meanwhile, the U.S. government is creating trillions more dollars per year. This could result in the entire world monetary system being overturned. But there's no reason for anyone to trust any of these other governments more than they trust the U.S. government. And rightly so; they shouldn't trust any currency that doesn't come with a guarantee of redemption for something specific. And as Aristotle and history have shown us, gold is the best choice.

そんな中、アメリカ政府は年間何兆ものドルを作り出している。これは世界の通貨システムをひっくり返す結果になるかもしれない。しかしだからといって、人々がアメリカ政府を信用するより、これらの政府を信用するべきだという理由にはならない。当然ながら、人々は何か物と交換出来ることが保証されていない通貨を信じるべきではない。そして、アリストテレスと歴史が私達に示したように、ゴールドが一番良い選択肢なんだよ。

L: So the question now boils down to, what is gold really worth in terms of today's dollar? How do we compute that?

L:じゃぁ、ここで疑問になるのが、今日のドルに換算したらゴールドはどれだけの価値になるんだろう?どうやってそれを計算するんだろう?

Doug: Well, aside from a few Spanish galleons at the bottom of the sea and dentures returned to the earth after a lifetime of use, pretty much all of the gold ever mined and refined is still sitting on the surface of the earth somewhere. Nobody really knows how much that is, but the most reasonable estimates I've seen are something like six to eight billion ounces. That happens to work out to about one ounce of gold for every human being on the planet at this time. Out of this, the U.S. government reports that it has 265 million ounces of gold in its treasury. If we divide the money supply by the number of ounces the U.S. could back its paper with — and here we'd have to decide what measure of money supply we want to use.

ダグ:そうだね、16~18世紀にスペインの貨物船と共に海の底に沈んだ分と、お墓に入って土に返った入れ歯の分を除けば、これまで採掘され、精製されたゴールドのほぼ全ては地上に存在するんだ。それがどれだけなのかは誰も知らない。しかし、私が今まで見てきた見積もりの中で一番妥当だと思ったのは、60~80億オンスだ。ということは、現時点で世界中の人間に一人当たり1オンスずつくらいという量だね。これらのゴールドの内、アメリカ政府の報告書によると、アメリカ政府は2億6千5百万オンスのゴールドを持っているということだ。ドルのマネーサプライ(貨幣供給量、すなわち現在市場にあるドルの量)をアメリカが持っているゴールドの量で割れば、ドルをゴールドで裏付けた場合、ゴールドが何ドルにならなくてはいけないのかが出る。しかし、当然、ここでどの計算法で算出されたマネーサプライを使うか(M0、M1、M2、M3)、を決めなくてはいけないけどね。

(訳者のコメント)-------------------------------------------------
このマネーサプライ(貨幣の共有量)はFRBが定期的に計算してレポートにして公開しています。この中にはM1という括りの中での供給量、M2という括りの中での供給量、そして2006年にレポートからはずされてしまったM3という括りの供給量があります。M3が本当のドルの総供給量なんだそうですが、中央銀行(FRB)が数えるのを止めてしまったため、現在では本当のドルの供給量を誰も知り得なくなってしまった、とオーストリア学派の人たちは言っています。M3が分からなくなってしまった今、ジムロジャーズは通貨の供給量がどれだか増えたかを確認するのにM2の値をチェックしているそうです。

------------
M3マネーサプライ指標の発表中止、有効性の低下が理由=FRB議長  2006年03月15日09時25分
 [ワシントン 14日 ロイター] 米連邦準備理事会(FRB)のバーナンキ議長は、FRBがマネーサプライ指標でM3の発表を取り止めたことについて、政策立案者にとって有効性が無くなったことが理由だと述べた。14日に公開された議員宛て書簡で明らかになった。
 同議長は「理事会では、M3の集計を中止しても、FRBの金融政策立案にとって有益な情報が奪われることにはならないとの判断を下した」と述べた。
 FRBは昨年11月10日、2006年3月23日以降のM3マネーサプライ発表を中止すると発表。これに対し、一部では批判の声も出ていたが、同指標が特に有用ではないとのFRBの考えに大半のエコノミストは賛同している。
--------------------------------------------------------------------

Nobody, including the Federal Reserve, actually knows how much money they have floating around out there. It would seem that there are about six trillion dollars outside the U.S. alone. Let's estimate that M0 in the U.S., the narrowest measure of money supply that consists of just notes and coins, amounts to one trillion. So, 265 million into seven trillion gives you about $26,420 dollars per ounce of gold.

どれだけのお金が市場に流れているのか、中央銀行(FRB)を含めて、誰も実際には知らない。アメリカ国外だけで大体6兆ドルくらいではないかと思うけどね。マネーサプライの一番小さな括りであるM0だけど、これはアメリカ国内にある紙幣とコインの総量だ。これが1兆ドルだ。なので、7兆(ドル)÷ 2億6千5百万(オンス)の結果は、1オンス当たり26,420ドルだ。

Now, if we add in the total obligations of the U.S. government, which it will either need to print more money to meet, or it will have to default on — that's about 100 trillion. If those dollars are printed, that would give us $377,430 per ounce. The same ratio for M1 would give you about $6,226 per ounce and M2 would give you $31,320 per ounce.

ここで、アメリカ政府の負債の総額を足せば、全部で大体100兆ドルだ。現在抱えてる借金は全部これからお金を印刷して支払うからね、あるいは印刷をやめて財政破綻するか。もしそれらのお金が印刷されれば、ゴールドは1オンス377,430ドルになる。M1の値を使って同じ割合で計算すれば、1オンス6,226ドル。M2を使えば1オンス31,320ドル。

All of these numbers are far, far above the current level of roughly $1,000 per ounce. And that's the answer to the question you started this interview with. Why gold? Because it's got only one way to go: up. It seems to me that everyone should have a very significant portion of their wealth in gold.

これらの数字の全ては現在の1オンス1,000ドルのレベルよりずっとずっと高いものだ。そしてこれが、君が私にした最初の質問に対する答えだ。「なぜゴールドなのか?」なぜなら、ゴールドは行く先が一つしかないからだ。ゴールドは上がるしかないんだ。みんな誰でも自分の資産のかなりの部分をゴールドで保有しておくべきだ、と私は思うよ。

lewrockwell.com

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村
プロフィール

bebetan

Author:bebetan
UFO:  信じる
自由: 賛成
平和: 賛成
自然エネルギー: 賛成
本:  わら一本の革命

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR