あなたにそれについて考えて欲しくないと思っているんですよ。 by ジム・シンクレア 2013年4月29日

Bank of Cyprus executes depositor bail-in
Savers in the Bank of Cyprus took a hit on Sunday as 37.5pc of their uninsured deposits were converted to equity as part of the island’s €10bn (£8.4bn) rescue deal.
(The Telegraph 9:09PM BST 28 Apr 2013)

Jim Sinclair’s Commentary

A USA black out on the news in Cyprus does not mean it did not happen to large depositors. What it means is that the powers that be do not wish you think about it.

Is this in your future? Yes!

---------------------------------

キプロス銀行が預金者のお金を使って自らを救済する
日曜日にキプロス銀行の預金者の保険制限以上のお金の37.5%が、キプロスの100億ユーロの救済協定の一部としてエクイティに変換されました。
(ザ・テレグラフ 2013年4月28日)

ジム・シンクレアのコメント

キプロスのニュースが、まるでそこだけ停電してるかのようにアメリカ国内で殆ど報道されないからといって、それが起きなかったというわけではありません。これが何を意味しているかというと、権力を持った偉い人たちがあなたにそれについて考えて欲しくないと思っているんですよ。

同じことが将来あなたにも起きるかって?はい、起きます。


jsmineset

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

なぜゴールドなのか(4/4) by ダグ・ケイシー 2009年9月30日

(1/4から読む)

以下は3年半前に行われたインタビューの記事です。

------------------------

All of these numbers are far, far above the current level of roughly $1,000 per ounce. And that's the answer to the question you started this interview with. Why gold? Because it's got only one way to go: up. It seems to me that everyone should have a very significant portion of their wealth in gold.

これらの数字の全ては現在の1オンス1,000ドルのレベルよりずっとずっと高いものだ。そしてこれが、君が私にした最初の質問に対する答えだ。「なぜゴールドなのか?」なぜなら、ゴールドは行く先が一つしかないからだ。ゴールドは上がるしかないんだ。みんな誰でも自分の資産のかなりの部分をゴールドで保有しておくべきだ、と私は思うよ。


That's not just for safety, security, and prudence, though those are reasons enough, but because gold is cash in its most basic form. Better yet, even though it's quadrupled since its bottom in 2001, it's also still an excellent speculation. I can see somewhere between three and ten times your investment in current capital. And there's no limit to the upside in dollars, depending on how rapidly the government destroys the currency.

それは安全やセキュリティや用心深さのためだけではない、これらだけでも十分な理由だけどね。しかしなぜならゴールドはキャッシュそのもの、それがゴールドの一番基本的な本質だからだ。その上、ゴールドの価値が一番低くなった2001年から価格は4倍になったが、今でもまだ極めて良い投機の材料だからだ。あなたが出すお金の現在の資本から3倍~10倍にはなると思っている。そしてそれをドルに換算すれば上限はない。上限はどれだけの速さで政府が通貨を崩壊させるかによる。

(訳者のコメント:ダグ・ケイシーは単語の定義にとてもこだわります。”投資”と”投機”も分けて使っていて、ビジネスに投資して、そのビジネスが成長してその成長の一部をリターンとして受け取るためにお金を出すのが”投資”。ビジネスの成長にお金を出すのではなく、ただこれから値段が上がる(或いは下がる)と踏んでお金を出すのが”投機”。このような分け方だったと思います。)

To my view, that offers an exceptional combined opportunity; by buying gold, you protect your wealth but also have enormous speculative upside.

私はゴールドを買うことは非常に良い2つの条件を同時に得られることだと思う。あなたの資産を守るだけでなく、とてつもなく大きな利益を得られる。

L: Plus, as you like to say, gold is the only asset class that is not also simultaneously someone else's liability.

L:そしてもう一つ、ゴールドは、資産であると同時に誰かの負債ではない、唯一の資産である。

<訳者のコメント:例えば、株はあなたにとっては資産ですが、その株を発行している会社にとっては負債です。通貨もあなたにとっては資産ですが、その通貨を発行している国にとっては負債です(その通貨の価値を保証しなくてはならないので)。紙資産には全て同じ理屈が当てはまります。>

Doug: Absolutely right. And in a world as financially unstable as today's, you just don't want to hold on to someone else's liabilities any more than you have to. Especially if that's a liability of an entity like the U.S. government.

ダグ:全くその通りだ。そして今日の金融的に不安定な世界では、仕方がないものを除いては、君は他者の負債を保有するべきではないんだ。特にアメリカ政府のような存在の負債であればなおさらね。

L: Got it. You should own gold because it's money, because of its security, and because it's an excellent speculation. In our publications, we've been telling readers that they should have as much as 1/3 of their portfolio in gold, 1/3 in cash, and 1/3 in investments that could do well in times of crisis, including gold stocks, commodities, certain kinds of real estate, etc.

L:分かったよ。人々はゴールドを所有するべきだ、なぜならそれはお金だから、なぜならそれが安全なものだから、そしてそれが非常に良い投機の対象だから。僕達が発刊しているニュースレターで読者達に、ポートフォリオの1/3をゴールドに、1/3をキャッシュに、1/3を危機の時に利益をあげられる投資物、例えばゴールド関連株、商品、特定の種類の不動産などなどに、と言ってるよね。

Do you think those are still the right proportions? That worked out very well for our readers last year.

今でもこれらが正しい割合だと思ってる?この割合は去年は読者にとってとても上手くいったんだけど。

Doug: That's still a good balance, but if you start really thinking of gold as cash, and the dollar as a merely temporarily fashionable means of exchange, you'll find yourself loading your portfolio with much more gold and gold proxies. That will protect you against the very rapid loss of value the dollar faces in years to come. Inflation is going to truly get out of control.

ダグ:その割合は今でもいいバランスだよ。でももし君が、ゴールドが本当のキャッシュであり、ドルが物と物を交換するために一時的な手段として現在使われているだけのものとみれるようになれば、ポートフォリオのもっと大きな割合をゴールドと代理ゴールドで埋めるようになると思うよ。そうすることで、これから数年かけて早いスピードで価値を失うドルによる損失から自分自身を守ることが出来るだろう。インフレはこれから文字通り制御不能になってゆくからね。

lewrockwell.com

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

なぜゴールドなのか(3/4) by ダグ・ケイシー 2009年9月30日

(1/4から読む)

以下は3年半前に行われたインタビューの記事です。

------------------------

Doug: You're quite correct on that — a sea change in thinking will have to take place. Of course, anyone in Zimbabwe can tell you a government's guarantee is not necessarily worth anything. A collapse of the dollar — the worlds' de facto reserve currency — could spark such a change in that way of thinking. With GoldMoney.com or the Perth Mint — another worthy alternative — it's a question of predicting the solvency of an actual company, and we have tools for that. I believe this is exactly what is going to happen in the future. As far as I'm concerned, either of these outfits is more reliable than, say, Citibank. And gold is far more desirable than the dollar. So I'd rather have a thousand ounces of gold stored with GoldMoney.com than a million dollars deposited at Citibank.

ダグ:そうだね。思考の大転換が必要になるだろう。もちろん、どのジンバブエ人でもいいから一度彼らに聞いてみれば、政府の保証なんて全く何の価値もないってことを教えてくれると思うけどね。事実上の世界の準備通貨であるドルの崩壊が、人々の考え方を変える火付け役となるかもしれないね。GoldMoney.comや、また別の良い選択肢であるPerth Mintなどのお金に関しては、実際のそれらの会社が支払い能力があるかどうか判断することがポイントだ、そしてそれを確認するためのツールもある。私は将来これが起きると信じている。GoldMoney.comとPerth Mintのどちらであっても、例えばシティバンクなんかより信用できると、私は個人的に思っている。そしてゴールドはドルなんかよりずっと信用出来る。なので、私は100万ドルをシティバンクに預金するより、1000オンスのゴールドをGoldMoney.comで保管することを選ぶよ。

The dollar will be phased out of the world economy, because everyone can see that it's a hot potato. This Chinese have two trillion of them. They want to get rid of them because they aren't stupid, and they can see what the ultimate fate of the dollar is. This is true of every country around the world at this point; their central banks know they are sitting on hot potatoes, and they are going to want to unload them.

ドルは世界経済から徐々に消えていくよ、なぜならドルがホットポテト(訳者のコメント:熱くて持っていられないので、みんなが早く別の人にパスしようとするポテト。誰も欲しがらないもののこと。)だということを誰でも知っているからだ。中国人はこれを2兆持ってるんだよ。彼らは自分たちの持っているドルを処分したいと思ってるんだよ、だって彼らはバカじゃない上に、ドルに最終的に訪れる運命が見えているからね。これが現時点では世界中の国々は同じように思っている。彼らの中央銀行は自分たちがホットポテトの上に座っていることを知っている、そして彼らはそれらを(売って)なくそうとしている。

What's going to happen is that one or more countries are going to institute a sound, stable, gold-backed currency. Ten years ago, Mahathir Mohamad of Malaysia tried to get Islamic countries to return to hard money, adopting the gold dinar and the silver dirham, which are defined in the Koran as specific weights of gold and silver. It didn't work because of mistrust between the players; the governments of Muslim countries are, as a group, almost universally corrupt. But I think it's entirely possible, nonetheless, that something like that might arise in the Islamic world. After all, they believe that the Koran is the actual word of Allah, and there is a resurgence of Islamic fundamentalism everywhere.

何が起こるかというと、一つ或いはそれ以上の国々が、健全で、安定した、ゴールドで裏付けられた通貨を設けることになる。10年前にマレーシアのマハティール・モハマドはイスラム教の国々で貴金属の通貨を戻そうとした。コーラン(イスラム教の聖典)の中で指定された重さのゴールドとシルバーを使って、ゴールドディナールとシルバーディラハムを適用しようとしたんだ。でもそれはそれらの国々の間にある不信感のせいで失敗した。イスラム教国の政府は世界のどこの国であっても、ほぼ全て腐敗しているからね。でもその失敗はあったけど、イスラム教の世界でこれに似たような物が出てくる可能性は十分にあると思ってる。彼らはコーランを神の言葉そのものだと信じているからね。それにイスラム原理主義があちこちで再生しているからね。

According to press reports, the Chinese government is actually encouraging Chinese people to accumulate gold at this point. They might go for a gold-backed yuan — it would put them on the map as an international monetary leader.The press also reports that the Russian government has been consistently buying large amounts of gold. We might even end up with a gold-backed ruble.

報道によれば、現在、中国政府は国民にゴールドを貯めるように奨励している。彼らは元をゴールドで裏付けるようになるかもしれない。そうなると中国は国際的な通貨リーダーとなるだろう。ロシア政府が一貫して大量のゴールドを買い続けているとも報道されている。ルーブルをゴールドで裏付けることになるかもしれない。

Meanwhile, the U.S. government is creating trillions more dollars per year. This could result in the entire world monetary system being overturned. But there's no reason for anyone to trust any of these other governments more than they trust the U.S. government. And rightly so; they shouldn't trust any currency that doesn't come with a guarantee of redemption for something specific. And as Aristotle and history have shown us, gold is the best choice.

そんな中、アメリカ政府は年間何兆ものドルを作り出している。これは世界の通貨システムをひっくり返す結果になるかもしれない。しかしだからといって、人々がアメリカ政府を信用するより、これらの政府を信用するべきだという理由にはならない。当然ながら、人々は何か物と交換出来ることが保証されていない通貨を信じるべきではない。そして、アリストテレスと歴史が私達に示したように、ゴールドが一番良い選択肢なんだよ。

L: So the question now boils down to, what is gold really worth in terms of today's dollar? How do we compute that?

L:じゃぁ、ここで疑問になるのが、今日のドルに換算したらゴールドはどれだけの価値になるんだろう?どうやってそれを計算するんだろう?

Doug: Well, aside from a few Spanish galleons at the bottom of the sea and dentures returned to the earth after a lifetime of use, pretty much all of the gold ever mined and refined is still sitting on the surface of the earth somewhere. Nobody really knows how much that is, but the most reasonable estimates I've seen are something like six to eight billion ounces. That happens to work out to about one ounce of gold for every human being on the planet at this time. Out of this, the U.S. government reports that it has 265 million ounces of gold in its treasury. If we divide the money supply by the number of ounces the U.S. could back its paper with — and here we'd have to decide what measure of money supply we want to use.

ダグ:そうだね、16~18世紀にスペインの貨物船と共に海の底に沈んだ分と、お墓に入って土に返った入れ歯の分を除けば、これまで採掘され、精製されたゴールドのほぼ全ては地上に存在するんだ。それがどれだけなのかは誰も知らない。しかし、私が今まで見てきた見積もりの中で一番妥当だと思ったのは、60~80億オンスだ。ということは、現時点で世界中の人間に一人当たり1オンスずつくらいという量だね。これらのゴールドの内、アメリカ政府の報告書によると、アメリカ政府は2億6千5百万オンスのゴールドを持っているということだ。ドルのマネーサプライ(貨幣供給量、すなわち現在市場にあるドルの量)をアメリカが持っているゴールドの量で割れば、ドルをゴールドで裏付けた場合、ゴールドが何ドルにならなくてはいけないのかが出る。しかし、当然、ここでどの計算法で算出されたマネーサプライを使うか(M0、M1、M2、M3)、を決めなくてはいけないけどね。

(訳者のコメント)-------------------------------------------------
このマネーサプライ(貨幣の共有量)はFRBが定期的に計算してレポートにして公開しています。この中にはM1という括りの中での供給量、M2という括りの中での供給量、そして2006年にレポートからはずされてしまったM3という括りの供給量があります。M3が本当のドルの総供給量なんだそうですが、中央銀行(FRB)が数えるのを止めてしまったため、現在では本当のドルの供給量を誰も知り得なくなってしまった、とオーストリア学派の人たちは言っています。M3が分からなくなってしまった今、ジムロジャーズは通貨の供給量がどれだか増えたかを確認するのにM2の値をチェックしているそうです。

------------
M3マネーサプライ指標の発表中止、有効性の低下が理由=FRB議長  2006年03月15日09時25分
 [ワシントン 14日 ロイター] 米連邦準備理事会(FRB)のバーナンキ議長は、FRBがマネーサプライ指標でM3の発表を取り止めたことについて、政策立案者にとって有効性が無くなったことが理由だと述べた。14日に公開された議員宛て書簡で明らかになった。
 同議長は「理事会では、M3の集計を中止しても、FRBの金融政策立案にとって有益な情報が奪われることにはならないとの判断を下した」と述べた。
 FRBは昨年11月10日、2006年3月23日以降のM3マネーサプライ発表を中止すると発表。これに対し、一部では批判の声も出ていたが、同指標が特に有用ではないとのFRBの考えに大半のエコノミストは賛同している。
--------------------------------------------------------------------

Nobody, including the Federal Reserve, actually knows how much money they have floating around out there. It would seem that there are about six trillion dollars outside the U.S. alone. Let's estimate that M0 in the U.S., the narrowest measure of money supply that consists of just notes and coins, amounts to one trillion. So, 265 million into seven trillion gives you about $26,420 dollars per ounce of gold.

どれだけのお金が市場に流れているのか、中央銀行(FRB)を含めて、誰も実際には知らない。アメリカ国外だけで大体6兆ドルくらいではないかと思うけどね。マネーサプライの一番小さな括りであるM0だけど、これはアメリカ国内にある紙幣とコインの総量だ。これが1兆ドルだ。なので、7兆(ドル)÷ 2億6千5百万(オンス)の結果は、1オンス当たり26,420ドルだ。

Now, if we add in the total obligations of the U.S. government, which it will either need to print more money to meet, or it will have to default on — that's about 100 trillion. If those dollars are printed, that would give us $377,430 per ounce. The same ratio for M1 would give you about $6,226 per ounce and M2 would give you $31,320 per ounce.

ここで、アメリカ政府の負債の総額を足せば、全部で大体100兆ドルだ。現在抱えてる借金は全部これからお金を印刷して支払うからね、あるいは印刷をやめて財政破綻するか。もしそれらのお金が印刷されれば、ゴールドは1オンス377,430ドルになる。M1の値を使って同じ割合で計算すれば、1オンス6,226ドル。M2を使えば1オンス31,320ドル。

All of these numbers are far, far above the current level of roughly $1,000 per ounce. And that's the answer to the question you started this interview with. Why gold? Because it's got only one way to go: up. It seems to me that everyone should have a very significant portion of their wealth in gold.

これらの数字の全ては現在の1オンス1,000ドルのレベルよりずっとずっと高いものだ。そしてこれが、君が私にした最初の質問に対する答えだ。「なぜゴールドなのか?」なぜなら、ゴールドは行く先が一つしかないからだ。ゴールドは上がるしかないんだ。みんな誰でも自分の資産のかなりの部分をゴールドで保有しておくべきだ、と私は思うよ。

lewrockwell.com

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

なぜゴールドなのか (2/4) by ダグ・ケイシー 2009年9月30日

(1/4を読む)

以下は3年半前に行われたインタビューの記事です。

----------------------------
That gold is money is simply the result of the market process, seeking optimum means of storing value and making exchanges.

ゴールドがお金であるのは、人々が価値を保存出来て交換をするのに最適な物を市場の中で探したプロセスの結果出た答えがゴールドだった、ただそれだけの話だ。

But it's not something that suits governments, because paper money is an excellent means for governments to tax people indirectly, surreptitiously, through inflation. That's one reason central bankers love paper money, but also, phony economic theories, like those of John Maynard Keynes, hold that the government not only can but should meddle with the economy, and the ability to print paper money gives them a means to do that.

しかし、これは政府にとっては都合が良くないことだ。なぜなら、インフレにして、政府が人々に間接的に、こっそりと、課税するのに使うのに最適なのが紙のお金だからだ。中央銀行が紙のお金が大好きな理由の一つはこれだ。しかし、ジョン・メイナード・ケインズが説いたインチキ経済学説が、政府が経済に干渉出来る、というより干渉するべきだ、と説いている。政府は紙のお金を印刷することで経済に干渉する。

In today's world, not only do people around the world take it for granted that paper is money, but that it should be so.

今日の世界では人々は、紙がお金だと思っているだけではなく、紙がお金であるべきだ、と思っている。

But it's all nonsense. It's one reason for taking a gloomy view of humanity — people will believe almost any kind of claptrap, if the story is retailed by those in authority.

でもそれは全くおかしな話だ。人類の将来があまり明るくないかもしれないと思わせる理由の一つは、これだ。人々はたわ言のほぼ全てを信じるんだ、もしその話が権力を持つ存在(政府など)から売られたものであればね。

After the current system collapses, as every paper money system in the past has collapsed, some form of money will have to replace it, and it's almost certainly going to be gold.

過去に存在した紙のお金のシステムの全てが崩壊したように、現在のシステムが崩壊した後、紙に代わる何かがお金として登場しなくてはならないよね、そしてそれはほぼ確実にゴールドだ。

(訳者のコメント:世界史の中で不換紙幣になって通貨システムが崩壊しなかった例は一つもないそうです。
失敗率100%。ちなみに不換紙幣の平均寿命は28年。最後は全部ハイパーインフレになって終わっているそうです。)

L: There are already experiments with digital gold currencies. E-gold got taken out behind the woodshed by the feds, but GoldMoney.com seems to be doing well. Do you believe those could see widespread adoption, as paper currencies lose their credibility?

L:もうデジタルゴールド通貨の実験がもう始まってるよ。E-goldは中央銀行によって隠されているけど、GoldMoney.comはうまくやってるみたいだよ。紙の通貨が信用を失っていく中でそれらが広まって地位を取って代わると思う?

Doug: Sure. You know, in the 19th century, the "paper money" you carried in your wallet was called bank notes. Why? Because they actually were notes from your bank representing a specified amount of real money on deposit. People carried these things because they were much more convenient for large amounts of money than chests of gold. Dollars today say "Federal Reserve Note," not "XYZ Bank Note" on the back, because they aren't redeemable for anything besides more Federal Reserve notes. That's why today's paper money substitutes are called fiat currencies; they have zero intrinsic value and are not redeemable for anything, but are accepted because the government will put you in jail if you don't. It's a fiat accomplished by force, not real value recognized by those who accept the notes.

ダグ:もちろん。19世紀には人々が財布に入れて持ち歩いていた”紙のお金”は銀行券と呼ばれていたんだ。なぜならそれらの券は、あなたが銀行に入れている本物のお金のうちの一定の量を示すものだったからだ。人々はそれらを持ち歩いた。なぜなら大きな額の取引が必要な時に大量のゴールドを持ち歩くより、紙の銀行券を持ち歩くほうが便利だったからだ。今日ではドル札には中央銀行(FRB)券と書いてある。○○銀行券とは書いていない。なぜなら、ドルは中央銀行(FRB)券以外の何とも兌換出来ないからだ。だから今日の紙のお金は不換紙幣って呼ばれるんだよ。不換紙幣とは、その物自体に全く価値がなく、何とも兌換出来ない。しかしそれは世間に受け入れられている。なぜならもし不換紙幣を拒否すればあなたは刑務所に入れられるからだ。それは強制されて成し遂げられた命令だ。券を受け入れる人たちが本物の価値があると認識して受け入れたものではないんだ。

Things like GoldMoney.com are simply modernized, updated versions of bank notes. They are basically transferrable warehouse receipts that represent amounts of gold you have on deposit someplace. I do recommend GoldMoney.com, incidentally, because it allows you to hold your gold in digital form, outside the U.S. And to my understanding, these accounts are not reportable under current U.S. rules. It's an excellent alternative to storing large amounts of gold in a safe deposit box.

GoldMoney.comのようなものは現代バージョンの銀行券だ。それは世界各地にあるGoldMoney.comの金庫のどれかに保管されている、あなたが所有しているゴールドの量を示すレシートだ。ちなみに私はGoldMoney.comを推奨するよ。なぜならGoldMoney.comを通せばあなたはデジタル形式でアメリカ国外に実物のゴールドを保管することが出来る。そして私の理解しているところでは、これらのアカウントは現在のアメリカのルールのしたでは報告することが出来ないはずだ。それは大量のゴールドを安全な金庫に入れておくにはとても良い選択肢だ。

(訳者のコメント)----
ゴールドとシルバーの紙市場での取引では実際に存在する貴金属の150倍ほどの取引がされているそうです。ということは、「存在しないものを取引きしている」ということだ、とオーストリア学派の人たちは数年前から警鐘を鳴らしています。日本でもよくある「ネット純金積み立て」などは、紙市場のゴールドだそうです。しかしGoldMoney.comという会社では、客から注文を受けて通貨を受け取ったら実物のゴールドを買い、世界各地にあるその会社の金庫に保管するので、必ず客が購入したゴールドはその会社が持っていて、希望すれば、いつでも実物を受け取ることが出来るという仕組みだそうです。この会社の会長はジェーム・スタークです。
-----------------------

L: But will people believe in them? Will the public accept them so they can be used in everyday transactions, as paper money is used now? Hundreds of years ago, people accepted bank notes because they knew the reputations of the banks issuing them (when you traveled, you went to a reputable local bank, which knew the reputation of the bank that issued your notes, and the local bank could issue you new notes in local currency, etc.). There was no central authority to certify these notes. But today, people don't think that way. They think it takes a government to assure the value of money.

L:でも人々はそれを信用するんだろうか?一般の人々が毎日の取引に今、紙のお金を使ってるようにそれが使われるようになると思う?何百年も前だったら、銀行券を発行した銀行の評判が良ければ、人々はその券を受け入れたんだけど(例えばどこかよその土地に行った時は、銀行券を発行した銀行の良い評判を知っている、これまた良い評判の銀行へ行き、そこでその土地の通貨に換算した新しい銀行券を発行してもらう、、、などなどの方法がとられていた)。その頃はそれらの銀行券を保証する中央銀行なんてなかった。でも今では人々はそんな風には考えないよね。彼らはお金の価値は政府によって保証されるものだと考えてるよね。

Doug: You're quite correct on that — a sea change in thinking will have to take place. Of course, anyone in Zimbabwe can tell you a government's guarantee is not necessarily worth anything. A collapse of the dollar — the worlds' de facto reserve currency — could spark such a change in that way of thinking. With GoldMoney.com or the Perth Mint — another worthy alternative — it's a question of predicting the solvency of an actual company, and we have tools for that.I believe this is exactly what is going to happen in the future. As far as I'm concerned, either of these outfits is more reliable than, say, Citibank. And gold is far more desirable than the dollar. So I'd rather have a thousand ounces of gold stored with GoldMoney.com than a million dollars deposited at Citibank.

ダグ:そうだね。思考の大転換が必要になるだろう。もちろん、どのジンバブエ人でもいいから一度彼らに聞いてみれば、政府の保証なんて全く何の価値もないってことを教えてくれると思うけどね。事実上の世界の準備通貨であるドルの崩壊が、人々の考え方を変える火付け役となるかもしれないね。GoldMoney.comや、また別の良い選択肢であるPerth Mintなどのお金に関しては、実際のそれらの会社が支払い能力があるかどうか判断することがポイントだ、そしてそれを確認するためのツールもある。私は将来これが起きると信じている。GoldMoney.comとPerth Mintのどちらであっても、例えばシティバンクなんかより信用できると、私は個人的に思っている。そしてゴールドはドルなんかよりずっと信用出来る。なので、私は100万ドルをシティバンクに預金するより、1000オンスのゴールドをGoldMoney.comで保管することを選ぶよ。

(訳者のコメント)------------
ダグ・ケイシーがこのインタビューで推奨している企業を私は全く知りませんので、私は推奨致しません。本当に信用出来る会社かどうか知りたい場合は、ご自身でお調べ下さい。
--------------------------

(3/4へ続く。。。)

lewrockwell.com

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

なぜゴールドなのか (1/4) by ダグ・ケイシー 2009年9月30日

以下は今から3年半前に行われたインタビューの記事です。


---------------------

なぜゴールドなのか (1/4)


L: Doug, we've talked about cars, cows, and cash, but the investment world thinks of you as a gold bug, so let's give that a go; why gold?

L: ダグ、僕達は車とか牛とかキャッシュとか色々なことについて話をしてきたけど、投資家たちはあなたをゴールド投資家だと思ってるよ。なんでゴールドなの?

Doug: Sure. First of all, it's because gold is actually money. It's an unfortunate historical anomaly that people think about the paper in their wallets as money. The dollar is, technically, a currency. A currency is a government substitute for money. Gold is money.

ダグ:いいよ。まず最初に、ゴールドが本当のお金だからだよ。人々が自分たちの財布の中にある紙のことをお金だと思っているのは歴史的に異常なことだ。ドルは通貨なんだよ。通貨は政府が作るお金の代用品だ。ゴールドがお金なんだよ。

Now, why do I say that?

なぜ私がそんなことを言うかというと、

Historically, many things have been used as money. Cattle have been used as money in many societies, including Roman society. That's where we get the word "pecuniary" from: the Latin word for a single head of cattle is pecus. Salt has been used as money, also including in ancient Rome, and that's where the word "salary" comes from; the Latin for salt was sal (or salis). The North American Indians used seashells. Cigarettes were used during WWII. So, money is simply a medium of exchange and a store of value.

歴史的に沢山のものがお金として使われてきた。古代ローマを含む沢山の社会の中で牛がお金として使われてきた。Pecuniary(=金銭的に)という単語の語源は、ローマ時代に1頭の牛を意味したPecusというラテン語から来てるんだ。ローマ時代には塩がお金として使われたこともあった。Salary(給料)はラテン語で塩を意味するSal(或いはSalis)から来ている。北アメリカのインディアンたちは貝殻をお金として使った。第二次世界大戦時にはタバコがお金として使われた。なのでお金とは、物と交換し、かつ価値を保存するために用いられる物のことだ。

By that definition, almost anything could be used as money, but obviously, some things work better than others; it's hard to exchange things people don't want, and some things don't store value well. Over thousands of years, the precious metals have emerged as the best form of money. Gold and silver both, though primarily gold.

そういう意味では、ほぼ全ての物がお金として使えるということになる、しかしその中でもよりお金として機能し易いものがある。誰も欲しくないと思っている物や、価値を上手く保存出来ないものと、他の物を交換するのは難しい。お金として一番優れている物として過去数千年に渡って貴金属が使われてきた。ゴールドとシルバーの両方だが、基本的にゴールドだ。

There are very good reasons for this, and they are not new reasons. Aristotle defined five reasons why gold is money in the fourth century BC (which may only have been the first time it was put down on paper). Those five reasons are as valid today as they were then. A good form of money must be: durable, divisible, consistent, convenient, and have value in and of itself.

これにはいくつかの理由があるが、それらは新しい理由ではない。紀元前300年代にアリストテレスが、なぜゴールドがお金なのが5つの理由を定義した(少なくとも書物に書かれている中ではこれが最古のお金の定義だが、もっと前から定義されていただろう)。アリストテレスが生きてきた頃に定義された内容は現在でも有効だ。お金にふさわしい物の定義は、丈夫で長持ちで、分けることが出来て、一貫性があり、使い勝手が良く、それ自体に価値がある物、だ。

L: Can you elaborate on that?

L:もっと詳しく話してくれる?

Doug: Yes, and from them, we can draw inferences that will help us anticipate the fate of the dollar.

ダグ:オーケー。そして、それらのことからドルにこの先訪れる運命を予測することが出来る。

First, let's take durable. That's pretty obvious — you can't have your money disintegrating in your pockets or bank vaults. That's why we don't use wheat for money; it can rot, be eaten by insects, and so on. It doesn't last.

まず、”丈夫で長持ち”についてだが、お金がポケットの中や銀行の金庫の中でバラバラに壊れるなんてことは許されない。なので私たちは麦をお金として使わない。麦は腐るし、虫にも食べられるしね。長い間保存出来ない。

Divisible. Again, obvious. It's why we don't use diamonds for money, nor artwork. You can't split them into pieces without destroying the value of the whole.

”分けることが出来る”についてだが、またこれも明らかだよね。だから私達はダイアモンドや芸術作品をお金として使わない。それらの物は割ってしまうと価値がなくなってしまうからね。


L: If I paid for a new Ford GT with the Mona Lisa, what would be my change — a small canvas by Picasso?

L:もしフォードGTの新車に対してモナリザの絵で支払ったら、おつりは何になるんだろうね?ピカソのキャンバスでもくれるんだろうか?

Doug: [Laughing.] That's right. Maybe you'd get millions of those paintings of Elvis or Jesus on velvet.

ダグ:ハハハ!そういうことだよ。ベルベット生地に描かれたキリストとかエルビスプレスリーとかそんなのを何百万枚ももらってしまったりとかね。

Consistent. The lack of consistency is why we don't use real estate as money. One piece is always different from another piece.

”一貫性”についてだが、一貫性がないから、私達は不動産をお金として使わない。不動産物件は全て必ず異なっている。全く同じものはない。

Convenient. That's why we don't use, for instance, other metals like lead, or even copper. The coins would have to be too huge to handle easily to be of sufficient value.

”使い勝手の良さ”だが、使い勝手が悪いから、私達は他の金属、例えば鉛や、銅でさえお金として使わない。十分な価値にするためにあまりにも沢山の量を必要としてしまうからだ。

Value of itself. The lack here is why you shouldn't use paper as money.

”それ自体に価値がある”については、だから私たちは紙をお金として使わない。

L: It can't be created out of thin air.

L:お金は何もないところから作り出すことは出来ない。

Doug: Right. Not even the kings and emperors who clipped and diluted coins would have dared imagine that they could get away with trying to use something essentially worthless as money.

ダグ:そうだ。過去に金貨や銀貨に混ぜ物をして貴金属の含有率を低めた、王や女王でさえも、全くそのもの自体に全く価値のないものをお金として使うなんて想像すら出来なかっただろう。

L: I think we can forgive Aristotle for the oversight.

L:紙がお金として使われるようになることをアリストテレスが見抜けなかったのを非難するのは可哀想だね。

Doug: I think so. At any rate, these are the reasons why gold is the best money. It's not a gold bug religion, nor a barbaric superstition. It's simply common sense. Gold is particularly good for use as money, just as aluminum is particularly good for making aircraft, steel is good for the structures of buildings, uranium is good for fueling nuclear power plants, and paper is good for making books. Not money. If you try to make airplanes out of lead, or money out of paper, you're in for a crash.

ダグ:そう思うよ。とにかく、これらが、なぜゴールドがお金として最適なのかという理由だ。これはゴールド信仰でもなければ、野蛮人の迷信でもない。これは単純に常識なんだよ。アルミニウムが飛行機を作るのに最適であり、鉄がビルを作るのに最適であり、ウラニウムが原子力発電に最適であり、紙が本を作るのに最適であるように、ゴールドはお金として使われるのに最適なんだよ。

That gold is money is simply the result of the market process, seeking optimum means of storing value and making exchanges.

ゴールドがお金であるのは、人々が価値を保存出来て交換をするのに最適な物を市場の中で探したプロセスの結果出た答えがゴールドだった、ただそれだけの話だ。

(2/4へ続く、、、、)

lewrockwell.com

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

日経平均は反発、米株高・円安で4年10カ月ぶりの高値水準

日経平均は反発、米株高・円安で4年10カ月ぶりの高値水準

[東京 24日 ロイター] 前場の東京株式市場で日経平均は反発。取引時間中としては2008年6月26日以来、約4年10カ月ぶりに1万3700円台に乗せた。(ロイター)

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

経団連会長、円安株高を歓迎 

yonekura.jpg
米倉弘昌会長

経団連会長、円安株高を歓迎 

 経団連の米倉弘昌会長は22日の会見で、20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議を受けて市場で円安株高が加速したことについて「日本経済の活性化やデフレからの脱却に市場が反応した」と歓迎した。

1ドル=100円に迫る為替水準には「このあたりが限度なのかなという気もする」と先行きに慎重な見方を示す一方、1万3600円台をつけた株価には「前政権の8000円台のころから見れば非常に喜ばしい変化だ」と笑顔を見せた。

2013.4.23 06:20 Sankeibiz

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

<イカ漁>一斉休漁へ 円安で燃料高に抗議

<イカ漁>一斉休漁へ 円安で燃料高に抗議

 「全国いか釣漁業協議会」は23日、急激な円安による輸入燃料価格などの高騰で経営を圧迫されている小型イカ釣り漁船(全国約4000隻)が26、27日に一斉休漁すると発表した。燃料高に伴うイカ釣り漁船の一斉休漁は世界的にエネルギー価格が高騰した2008年以来。農林水産省内で記者会見した同協議会の長屋信博常任幹事は「出漁しても燃料代を賄えない状況」と苦境を訴えた。アベノミクスに伴う円安進行の副作用が出た形だ。
(毎日新聞)

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

漁船20万隻、一斉休漁検討 円安で燃料高騰「対策を」

漁船20万隻、一斉休漁検討 円安で燃料高騰「対策を」

 【古谷祐伸】円安で漁船の燃料費が上がっているため、全国漁業協同組合連合会(全漁連)が5月に全国の漁船約20万隻を一斉休漁しようと検討している。政府に燃料高騰の対策を求めるためだ。一斉休漁に踏み切れば、2008年7月以来約5年ぶり。休漁で漁獲量が減ると、魚の値段が上がるおそれもある。(朝日新聞デジタル)

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

マネーを生みだす怪物

マネーを生み出す怪物

マネーを生みだす怪物
連邦準備制度という壮大な詐欺システム [単行本]

多くのオーストリア学派の人たちが強く推薦している本です。
今から20年近く前の1994年に初出版されました。
現在、世界で起きている金融危機の問題の根本原因を知りたい方は是非お読み下さい。
図書館にも置いてあると思いますので、興味のある方は探してみてください。


にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

日経平均が続伸、円安好感し年初来高値を更新

日経平均が続伸、円安好感し年初来高値を更新

[東京 22日 ロイター] 前場の東京株式市場で日経平均は続伸。日経平均、TOPIXともに年初来高値を更新した。20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議で日銀の大胆な金融緩和策に対する理解が得られ、ドル/円が節目100円に再び接近。 (ロイター)

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

脱出が困難な大規模国債購入策 by 東洋経済 2013年4月18日

黒田日銀総裁の大ギャンブル

脱出が困難な大規模国債購入策


日本銀行が4月4日に決定した「次元の違う金融緩和」(黒田東彦総裁)は、債券市場に激しい混乱をもたらす一方、株式市場や為替市場では熱狂を持って歓迎されている。後述するが、今回の金融政策は基本的に資産バブル(含む円安バブル)を起こそうとする政策である。

続きはこちら⇒ toyokeizai

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

もしあなたが略奪したものを他人が通貨自殺を図って守ってくれるんだったら、助かりますよね by ジム・シンクレア 2013年4月20日

Jim Sinclair’s Commentary

"G-20 Gives Japan Stimulus Green Light as Yen Extends Fall" (Bloomberg)

Sure as long as they buy Euro sovereign bonds and US treasury instruments. If you can get some other party to commit currency suicide to protect your booty, why not.


ジムシンクレアのコメント

"日本円が下がり続けている中、G-20は日本の金融緩和に青信号を出す"(ブルームバーグ)

彼ら(日本)がユーロ圏の国債とアメリカの国債を買ってくれる限り、歓迎するに決まってるじゃないですか。もしあなたが略奪したものを他人が通貨自殺を図って守ってくれるんだったら、助かりますよね。


jsmineset

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

金融緩和、G20で理解得られた…黒田総裁

金融緩和、G20で理解得られた…黒田総裁 
  
【ワシントン=香取直武】日本銀行の黒田東彦(はるひこ)総裁は19日(日本時間20日)、主要20か国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議の終了後にワシントンで麻生副総理・財務相とともに記者会見した。 (読売新聞)


にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村



嘘が真実としてはびこり、真実は攻撃されます by ジム・シンクレア 2013年4月18日

Taxation with representation ain’t so hot either.
– Gerald Barzan


Dear Friends,

The heroes of finance today are destroyers. The lowest in finance are builders.
Sin is virtue. Virtue is sin. Lies are truth. Truth is to be attacked.
What we need is to recruit Dexter to handle the matter.

Jim


”代表権のある課税”というのも、別に喜ばしいものではないですよ。
ジェラルド・バルザン


(訳者のコメント)----
代表なき課税◆独立前のアメリカは、イギリス議会への代表権がない(代表を送っていない)のにイギリスの国税を課税されていた。独立推進派は、これを不合理と見なした。
----------------------

親愛なる友達の皆さん、

現在の金融世界でのヒーローは破壊者たちです。
金融世界で一番低い所にやられているのが建設的な人々(貯蓄をする人々)です。
罪が美徳になっていて、美徳が罪になっています。
嘘が真実としてはびこり、真実は攻撃されます。

こんな状況をどうにかするにはもう、”荒野の七人”(銃でバンバンと容赦なくならず者をやっつける人たち)を雇うしかないですね。

ジム

jsmineset

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村


株式会社しまむら: 毛皮の販売、毛皮がついた商品の販売をやめて欲しい。

オーストリア経済学と関係ないですが、こんな記事を見ました。

しまむら、毛皮製品販売中止を求める署名の受け取りを拒否した理由とは?

動物が死んでしまうと体が硬直して毛皮を剥がしにくいので、毛皮の殆どは動物が生きたまま剥がされている、、、というのを数年前に聞いたことがあります。

下記は生きたまま毛皮を剥がされるタヌキの動画です。



しまむらの毛皮販売に反対の署名にご協力頂けないでしょうか?
(下のリンクから数秒でとても簡単に署名出来ます。)

株式会社しまむら: 毛皮の販売、毛皮がついた商品の販売をやめて欲しい。

私は毛皮に反対なので、署名しました。

署名、拡散のご協力どうか宜しくお願いいたします。m(_ _)m

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

日銀緩和はリスク上回る効果、短期オペ柔軟対応=宮尾審議委員

日銀緩和はリスク上回る効果、短期オペ柔軟対応=宮尾審議委員

日銀緩和はリスク上回る効果、短期オペ柔軟対応=宮尾審議委員
[岐阜 18日 ロイター] 日銀の宮尾龍蔵審議委員は18日、岐阜市で講演し、日銀が打ち出した新たな金融緩和策について、「リスクがあっても効果が上回る限り推進すべき」と強調した。

政策公表後に債券市場で金利が乱高下していることを踏まえ、「短期資産のオペ(公開市場操作)は柔軟に対応可能」と話し、「短期金利は極めて低い水準で推移する」との見通しを示した。市場安定化に向け日銀の強い姿勢をあらためて示した。緩和策の遂行には「金融機関の積極的応札など市場参加者の協力欠かせない」と述べ、協力を求めた。先行きの景気について「私自身は下振れリスクを強く意識」と述べたが、その場合の対応策は触れなかった。

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

不換紙幣は購買力を失います by ジム・シンクレア 2013年4月17日

Dear CIGAs,

Here is the crux of the problem. Manipulation of paper can be a massive irritant to gold bulls. Manipulation of paper cannot and will not result in a sustained strong dollar. That does not mean that the devils will not try now that they are emboldened by gold.

Everything that has happened and will happen has the US dollar at its center. Many people have recently died over the petro dollar, not human rights. I believe GEAB has the best take on what the real world economic environment is out there.

When all this is over gold will have preserved buying power, not fiat currency. If you are folding you have let the gold banks mindf*ck you.

I am exhausted at emails and calls crying on my shoulder. You either have courage and survive or run scared and succumb. It is that simple. Remain in the system and you are hopeless.


親愛なる仲間のみなさん、

問題のもっとも重要な点がここにあります。紙市場で操作されていることが、ゴールドを買っている人たちに強烈なストレスを与えています。紙市場でゴールドを操作することで、いつまでも強いドルをキープし続けられる、という結果にはなりません。だからと言って、ゴールドで勢いづいた悪魔どもが(空売りを)もうしない、ということにはなりません。

今まで起きてきたことと、これからも起きることの全ての中心にUSドルが存在します。多くの人々が最近、原油ドルで死にました。人権など無視されています。

この先どこかの時点でこれらの全てが終わる時に、ゴールドは購買力を保っています。不換紙幣は購買力を失います。もしあなたが今気落ちしてゴールドを売ってしまえば、あなたはゴールドバンク(ゴールドを扱っている銀行やファンドなど)の意のままになっているということです。

私はEメールと電話で泣きつかれることにとても疲れています。どちらか選んでください、勇気を持って生き残るか、怖くなって逃げ出して死ぬか。もしシステムに残るならあなたは絶望的です。

jsmineset

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村



ゴールドマンとメリルは、ゴールド価格を抑え続けることは出来ません by ジム・シンクレア 2013年4月15日

If you’re going through hell, keep going!
– Winston Churchill


Jim Sinclair’s Comment
Goldman and Merrill cannot keep gold down. What they have done is given us a market like in this video. You might look at the video from time to time to remind you of the contribution the greedy bastards have made.

Gold will go to new highs as soon as they have all they can get in the physical market. Of course there will be buy recommendation made by these same dirt bags.

もしあなたが今、地獄の中を歩いているなら、そのまま突き進め!
ウィンストン・チャーチル


ジム・シンクレアのコメント
ゴールドマンとメリルは、ゴールド価格を抑え続けることは出来ません。やつらがしたこと(紙市場でのゴールドの空売り)が、市場を下の動画のような状態にしています。
この動画を観ることで、これらの欲深いろくでなしどもが私たちにどういうことをしてきたのか、覚えて置いてください。

やつらが実物のゴールドを買えるだけ買い終わったら、ゴールド価格は新記録まで上がります。もちろんこのクズども(ゴールドマンとメリル)からも「買い」のアドバイスが出ますよ。




(訳者のコメント)
他にもJPモルガンはシルバー価格を操作していると有名です。
オーストリア学派の多くは、アメリカの大手投資銀行には政府の息がかかっていて、政府の意向でゴールド価格を操作している(いざとなったらまた税金で救済してもらわないといけないですし)、しかも空売り(紙市場)で価格を下げ、下がったところで、自分たちは現物市場で貴金属の現物を大量に買い続けていると、多くのオーストリア学派で貴金属ビジネスに関係している人たちは言っています。

jsmineset

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

NY金先物が9%安、30年で最大の下げ幅

NY金先物が9%安、30年で最大の下げ幅

【4月16日 AFP=時事】15日のニューヨーク金先物相場は、中国の経済成長率低下やキプロス中央銀行による金の売却の可能性を嫌気して急落し、ニューヨーク商品取引所(COMEX)の4月渡しは前週末比9.35%安の1オンス1360.60ドルで取引を終えた。

 下げ幅は1983年2月28日以降で最大を記録。同取引所によると、出来高は米国で金先物取引が始まった1974年12月以降の最高記録を更新した。

 金融危機に見舞われているキプロスでは先週、国際通貨基金(IMF)と欧州連合(EU)による救済計画の一環として、中央銀行が14トンの金準備の一部を売却する準備をしていると報じられた。

 金価格下落の背景には、米国や中国の各種指標がインフレ期待が依然として横ばいであることを示しているため、物価上昇に対するリスク回避の手段として金を買っていた人々が、金を売る動きに出ていることがある。(c)AFP=時事/AFPBB News

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

彼らがゴールド価格を操作しているのは明確です。 by ポール・クレイグ・ロバーツ 2013年3月15日

(訳者のコメント)
これは1ヶ月前のインタビューです。
日銀の「マネタリーベースを2年で2倍」のニュースの前のインタビューです。

-------------------------

PR: 多くの人々は政府がゴールド価格を操作していることを信じることが出来ないんです。しかし、よく見渡してみれば、政府は国債価格を操作していますよね、そして銀行はLIBORレートを操作しています。なのに、なぜ人々は政府がゴールド価格を操作していることは理解出来ないんですかね?ハハハ!

ゴールド価格が上がり続け、ゴールド市場がより重要になってきている現在の状況で、誰がゴールドを空売りしてるのか?と考えなくてはいけません。投資家であればゴールドの価格の上昇に乗ろうとするはずです。例えば株式市場が上昇している局面で投資家が株を空売りしますか?その人がスッカラカンになりたいなら別ですがね。なので、ゴールド市場の上昇局面でゴールドを空売りするということは、その人たちがゴールド価格の上昇を止めようとしている以外に目的はありません。

なので、彼ら(アメリカ政府)がゴールド価格を操作しているのは明確です。その理由は、貴金属を買いたいと思ってる人たちが(ネット積み立てとかではなく)実物を求めているというニュースが最近よく出るようになったからです、、、

世界の中央銀行たちが、自分たちが保有しているUSドルでゴールドを買い、ドルの保有率を下げようとしているということも報道されています。

なので、実物の貴金属の需要が増えている中、紙市場でゴールドを空売りしたいと誰が思うんですか?ゴールド価格を下げることが目的でなければ、そんなことしないでしょう。1,2年前にゴールド価格が$1,900に達した時、それは(アメリカ政府)は中央銀行(FRB)に言ったんですよ。「もし世界が、貴金属価格と比較してドルが急激に下がってきていると認識してしまったら、私達は国債価格を操作できなくなる。」ってね。

もしドルがゴールドに対して低下しているなら、ドル建ての資産の価値も低下していることを人々は知っています。なので中央銀行(FRB)は、ゴールドに対してドルが弱体化しているせいで、自分たちが国債価格と金利を操作するコントロールを失うことを恐れているんです。それがこの政策(ゴールド価格を操作する)の理由です。10年以上に渡って強く上がり続けてきたゴールド市場に大量の空売りをしかけたため、ゴールド価格の上昇が止まったんです。

(訳者のコメント)---
ゴールドに対してドルが下がる⇒人々はドルを売るのでドルの価値が下がる⇒ドル価格の下落を止めるために、中央銀行はドルの発行を止めなくてはならなくなる(国債を買うのを止める)⇒国債価格が暴落する(金利が跳ね上がる)
------------

チャートを見れば、あるところでとても急激に上がって、その後少し下がり、頂点に達した感じになります。これは操作されていることの証です。

EK: ロバーツ先生、財務長官補佐を務めたあなたの意見を聞きたいのですが、お金が大量に発行されていることについてどう思いますか?

PR: 膨大な通貨を発行しながら、その通貨の交換価値を安定して保つことは出来ないんです。なので、どこかの時点で、世界の基軸通貨としてのドルに対する信頼を大きく揺るがすことになります。

もうすでに人々はドルを基軸通貨として使わない方向へ動き出す努力をしています。BRIC'sは貿易収支にお互いの通貨を使う協定を結びました。それは、ロシア、中国、南アフリカ、インドです。これは地理的には世界の大半をカバーしています。

日本と中国も、島を巡って争っているにも関わらず、お互いの通貨で貿易を行うことが報道されました。決済したり、価値を保存するために使われる基軸通貨としてドルが使われることが少なくなれば、ドルに対する需要が減ります。なので通貨市場でドルの交換価値が下がります。

中央銀行(FRB)は国債価格を下げないようにお金をいくらでも印刷することが出来ます。しかしドルを印刷することは、ドル価格を下げてしまいます。中央銀行(FRB)はドルの価格を下げないように他国の通貨も印刷する、という権力は持っていません。なのでドルは、中央銀行の政策管理に大きく影響を受けてしまうようになっています。現在のバブルはこの先崩壊しますが、そのきっかけはドルになる可能性が高いでしょう。

(訳者のコメント)-----------
40年前のニクソンショックでドルが不換紙幣になるまで、5000年以上に渡って基軸通貨として世界でゴールドが使われてきたそうです。なので、世界はドルがゴールドと比較して価値が上がっているのかさがっているのかに注目するそうです。
-------------------------------


King World New is a trusted and one of the best source of information in the world.
Click here to read the full article
King World News

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村




NY金、一時1400ドル台 インフレ懸念後退で急反落 2013年4月13日

NY金、一時1400ドル台 インフレ懸念後退で急反落

2013.4.13 08:18

 12日のニューヨーク・マーカンタイル取引所の金先物相場はインフレ懸念が後退して急反落し、取引の中心である6月渡しが一時、1オンス=1491・40ドルまで下落した。1500ドルを割り込むのは2011年7月以来、約1年9カ月ぶり。(共同)

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

全地域を上方修正=9カ月ぶり―円安・株高でマインド改善・日銀景気判断

全地域を上方修正=9カ月ぶり―円安・株高でマインド改善・日銀景気判断

 日銀は15日、国内9地域の景気動向に関する「地域経済報告」(さくらリポート)を支店長会議でまとめ、公表した。9地域全ての景気判断を1月の前回報告から引き上げた。円安・株高を背景にした家計や企業のマインド改善で国内需要が底堅く推移していることや、海外経済が徐々に持ち直しに向かっていることを踏まえた。 (時事通信社)

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

首相「ハイパーインフレ考えられない」  2013年3月11日

首相「ハイパーインフレ考えられない」

2013/3/11 17:11

 安倍晋三首相は11日午後の記者会見で、安倍政権がめざす大胆な金融緩和に関し「物価や長期金利の動向には目配せしなければならないが、ハイパーインフレは考えられない」と述べた。政府・日銀の共同声明を踏まえ「物価上昇率2%の中に収れんしていくよう、日銀も政策を進めていくのは当然だ」と指摘した。

Nikkei

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

日銀が資金供給4兆円・オペ事前通告も、金利安定へ「不退転」

日銀が資金供給4兆円・オペ事前通告も、金利安定へ「不退転」

[東京 11日 ロイター] 日銀は11日、本店方式の共通担保資金供給オペで総額4.3兆円を市場に供給すると発表した。1日の資金供給額としては東日本大震災後の2011年3月23日以来の規模。貸し出す期間も一部を初めて1年に延ばした。
(ロイター)

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

年内の量的緩和終了も視野=米経済、予想以上に回復―FOMC議事要旨

年内の量的緩和終了も視野=米経済、予想以上に回復―FOMC議事要旨

米連邦準備制度理事会(FRB)は10日、3月19、20両日に開催した連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨を公表した。それによると、長期国債などを購入する量的緩和政策について、来年以降も現在のペースで続けるべきだとする意見を主張したのは12人の委員中で2人にとどまり、多くの委員が2013年中に長期国債などを購入する量的緩和策の縮小や終了が必要となるかもしれないとみていることが分かった。

 労働市場を含め米経済の回復が加速していることが理由で、委員以外の地区連銀総裁も含むFOMC参加者は「米経済指標は予想していたよりも良くなっている」との基本認識で一致。一方で、量的緩和策がもたらしている最近の超低金利により、市場でリスクの高い投資行動が増加しかねないなど副作用も指摘された。 

【ワシントン時事】

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

これだけの規模で負債を通貨に変換した場合、将来、悲惨なハイパーインフレになります by ジム・シンクレア 2013年4月9日

今、世界中が火事になっています、この先地獄のような支払いが私達を待っています

EK: ジム、また中央銀行(FRB)が量的緩和を行うと発表しました。これについて、どんな危険が存在しますか?

ジム: 世界中は火事になってます、そして殆どの人たちはそれに気づいていません。今、世界は通貨を作り出すことに文字通り燃え立っています。そしてこの先、地獄のような支払いが私達を待っています。
日本の通貨政策が、日本からユーロへ影響を出していて、それはその内、世界中に感染を広げるでしょう。

現在の市場には規律が全く存在しません。今のところ、まるで新しい法則が古い法則に取って代わったかのように見せかけられていますが、私は約束しますよ、今行われていることが最終的に悲劇的な結果をもたらすことを。。。

経済の法則は国境で遮られるものではないんです。膨大な量の紙のお金が発行されていることが、この先大混乱をもたらすことになります。「全て上手くいっている」という大手メディアのプロパガンダの連呼によって、民衆は催眠術にかかっています。

中央銀行たちがそれぞれのバランスシートのを元に戻せるという考えは完全に間違っています。彼らは、近代の歴史の中でお金をむやみに作り出すことが経済にどのような結末をもたらしてきたのか、ということについて全く考えず、お祭り騒ぎのようにお金を作り出してきました。その結果、引き起こされた激痛の中に今世界はいます。

印刷機がフル稼働する中、私達が今本当に目の当たりにしているのは、負債がお金に変換されている光景です。負債をお金に変換すると今まで常にインフレという結果になってきました。そしてこれだけの規模で負債を通貨に変換した場合、将来、悲惨なハイパーインフレになります。

民衆には経済的大惨事は隠されています。キプロスの最近の状況は、これから明らかにされてくる沢山のことの小さな一例です。もう正気の沙汰ではないんです。世界の中央銀行と世界経済を計画している連中は、文字通り制御不能です。

彼らのこの無謀な行為は、まだ明らかになっていない何らかの惨事に対する恐怖が原因です。それが何だかはまだ分かりませんが、それがとにかく、店頭市場の伝説のデリバティブに関連していることであることは、私は保証しますよ。そしてそれは合計1000兆ドル以上の規模です。

それは宙に浮かぶ紙の山です。その紙は価値の裏付けを持っていません。このため、印刷機がフル稼働してるんです。どうか、神様、私たちをお助け下さい。また別の大災害がもう、すぐそこまでやってきているのは確実です。

(訳者のコメント: 現在ではお金は紙ですらなくコンピューター上の数字になっているので、中央銀行が通貨を作り出すのに実際に紙に印刷する必要はありません。コンピューターに数字を入力するだけです。「お金を印刷」や「印刷機がフル稼働」という表現はよく用いられますが、これは読者により伝わり易いように表現しているのだと思います。)


King World New is a trusted and one of the best source of information in the world.
Click here to read the full article
King World News

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

IMF専務理事、日銀の緩和は「前向きな一歩」と評価

IMF専務理事、日銀の緩和は「前向きな一歩」と評価

[ニューヨーク 10日 ロイター] 国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は10日、世界経済は今年も引き続き低成長となる公算が大きいとして、中銀は金融緩和の継続を通じて、景気を下支えるべきとの見解を示した。ニューヨークでの講演で述べた。

(ロイター)

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村


黒田総裁 追加緩和当面せず

<黒田日銀総裁>追加緩和当面せず…物価目標達成へ「順調」

 日本銀行の黒田東彦(はるひこ)総裁は10日、毎日新聞などのインタビューに応じた。4日に導入した「量的・質的金融緩和」について「2%の物価上昇目標の達成に必要で十分な措置を決めた。追加策を次々に打つことは考えていない」と、追加緩和は当面、想定していないことを表明した。その上で「(株高・円安の)市場の動きが企業や家計心理の改善とともに景気を上昇させながら、中長期的に物価を引き上げていくことを期待する」と述べ、物価目標達成に向け、順調なスタートを切ったとの認識を示した。

(毎日新聞)

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

ダウ最高値更新

ダウ最高値更新

ロイター 4月10日(水)6時41分配信

4月9日、米国株式市場は景気循環株に買いが入り続伸、ダウ工業株30種は取引時間中としても、終値としても過去最高値を更新した。写真はニューヨーク証券取引所(2013年 ロイター/Allison Joyce)

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

プロフィール

bebetan

Author:bebetan
UFO:  信じる
自由: 賛成
平和: 賛成
自然エネルギー: 賛成
本:  わら一本の革命

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR