「来年もアベノミクスは買いです」 大納会で安倍首相があいさつ

「来年もアベノミクスは買いです」 値上がりに沸く大納会で安倍首相があいさつ

abe 131231

 安倍晋三首相は、東京証券取引所で今年最後となる30日の取引終了後に開かれた「大納会」の式典に歴代首相として初めて出席した。「来年もアベノミクスは買いです」と述べ、年間の最高値で取引を終えた株価を表示する電光掲示板を背にして自身の経済政策「アベノミクス」を訴えた。(産経新聞)

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

どっちが先にゼロになるか見ることにしましょう by マーク・ファーバー 2013年5月18日

Mr. Faber’s comment: "You keep your dollars and I’ll keep my gold. Let’s see which goes to zero first."

マーク・ファーバーのコメントです。

「あなたは自分のドルを持ち続けたらいいじゃないですか。
私は自分のゴールドを持ち続けますよ。
どっちが先にゼロになるか見ることにしましょう。」


jsmineset

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

株式は市場最高値を目指すでしょうか??

質問を頂きました。

「株式は市場最高値を目指すでしょうか?? 」(日経平均が最高値に到達するかしないかを聞いてると理解しました)

答えは

「分かりません。」

です。

いつ崩壊するのかのタイミングはジムロジャーズにも分からないので、その前に日経平均が最高値に到達するのかしないのか、分かりません。

ピーターシフは「来年全てが崩壊するのか?」と先日聞かれ、「それは中央銀行がどれだけのスピードで通貨を発行するかによるので分からない」と答えていました。


ここからは余談ですが、

ジム・シンクレアは以下のように述べています。
「これら(株式市場など)は全て頂点に達します。そしてその時に起きる下落は物凄いものになります。」


あと、1ヶ月ほど前に、ジム・ロジャーズとダグ・ケイシーが対談したインタビューの中で、ダグ・ケイシーが
ベイルインの後の現在のキプロスの株式平均は98%下落しているので、今とても安いのでお買い得ですよ、とジムに情報提供していました。(ベイルイン前から98%ダウンだと思います)

ベイルインは必ず起きるとジムシンクレアを筆頭に多くのオーストリア学派の人たちは言っています。

例えば、(あくまで例えばの話です)

日経平均が4万円になったとして、その時点でアメリカでベイルインが起き、98%下落したら、
日経平均800円。。。。

そしてそこからハイパーインフレのためデノミで0を一つ取ることになったら、
日経平均80円。。。(スッカラカ~~ン)

例えばの話ですが、あり得ない話じゃないと、私は思ってしまいます。。。
(だって過去に実際出た数字を当てはめて素直に計算しただけですから。)

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

野菜の値段下がらず 正月の食卓直撃、天候不順と原油高影響

野菜の値段下がらず 正月の食卓直撃、天候不順と原油高影響

yasai 131228

 野菜の小売価格の高騰が続いている。農林水産省によると12月の小売価格は、キャベツが前年同期に比べ1・7倍、ハクサイが1・4倍に上昇。原油高などの影響で今後も値上がりする可能性があり、正月料理などの準備に追われる家計をますます圧迫しそうだ。(産経新聞)

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

銭湯から悲鳴 重油価格高騰、廃業も続々

銭湯から悲鳴 重油価格高騰、廃業も続々

 円安に伴う原油価格高騰で、重油を燃料とする県内の銭湯から悲鳴が上がっている。10年前に比べて2倍以上に上昇した重油価格が経営を圧迫。利用客の減少やスーパー銭湯の増加もあり、県内の銭湯はこの10年間で42カ所が廃業した。来年には消費税増税が控え、県公衆浴場業生活衛生同業組合は入浴料金引き上げへ、県に対する入浴料金審議会開催の要望を検討している。(北國新聞社)

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

国民年金滞納、年収400万円超で強制徴収 対象を拡大

国民年金滞納、年収400万円超で強制徴収 対象を拡大

朝日新聞デジタル 12月27日(金)18時21分配信

 【中村靖三郎】低迷する国民年金保険料の納付率を上げるため、厚生労働省は来年4月から徴収を強化する。所得が年400万円以上で13カ月以上滞納する全員を強制徴収の対象とする。納付しない人は延滞金を課せられたり、財産を差し押さえられたりする可能性がある。

 保険料の納付は義務だが、2012年度の納付率は59%にとどまる。日本年金機構が電話や戸別訪問などで納付を働きかけても応じない場合は、最終催告、督促、財産差し押さえといった強制徴収の手続きに入るルールだ。ただ強制徴収には人手やコストがかかる。実際は滞納となった保険料の0・2%分(09年度)しか強制徴収の手続きがとられず、75%分の徴収権は時効で消滅している。

 厚労省は新たな対策として、来年度から最終催告状を所得400万円以上で13カ月以上滞納する全員に送る。対象は12年度の2倍に当たる約14万人。それでも応じない場合は督促や差し押さえを進める。強制徴収の対象は15年度以降も広げていく方針だ。こうした対策の費用として来年度予算案に今年度の5倍余りの約53億円を盛り込んだ。

(訳者:物価が上がり、消費税が上がり、軽自動車税が上がり、相続税が上がり、加速的にどんどん貧しくなる国民から、現時点ですでに確実に破綻することが決定している国が運営している年金の保険料を無理やりもぎ取っていくそうです。なんて言ってる間にも政府は莫大な規模の通貨と国債を発行し、国の負債を雪だるま式に膨らませています。年金払えというなら、自分たちがまず国の借金減らすのが先だと思うのですが。借金まみれで破綻しかけの国の年金なんか誰が欲しいと思うんでしょうか?理屈がおかしいです。)

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

市場に流すお金、過去最高の200兆円突破 45%増、日銀が発表

市場に流すお金、過去最高の200兆円突破 45%増、日銀が発表

2013.12.27 19:01 [景気]

 日銀は27日、市場に流すお金の量を示すマネタリーベースが前年末比約45%増の約200兆3100億円となり、ことし4月に導入した大規模な金融緩和で2013年末の目標としていた200兆円を突破して過去最高を更新したと発表した。

 対国内総生産(GDP)比で約4割となる。同様に金融緩和政策を続け、市場にお金を流している米国や英国では、いずれも対GDP比で2割程度にとどまっており、日銀の金融緩和の規模が突出している。

 ただ、このうち大半のお金は企業や個人の手には渡らず、金融機関が日銀に設定する当座預金口座に滞留している。日銀は景気が回復し、企業や個人による資金需要が高まれば、金融機関による貸し出しが増え、当座預金が徐々に減少していくとみている。

(訳者: あ~腹立つ。)

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

「休眠預金」500億円活用へ

自・公が法案提出目指す「休眠預金」500億円活用へ

テレビ朝日系(ANN) 12月26日(木)5時50分配信

 自民党と公明党は、金融機関に預けられたままのいわゆる「休眠預金」年間500億円程度をNPO法人などの事業に活用できるようにする方針を固めました。

 最後の取引から10年以上が経過したいわゆる休眠預金は、現在は銀行の利益となっています。自民党と公明党の案では、この休眠預金を銀行から預金保険機構に移したうえで、NPO法人などに配分するとしています。配分にあたっては、第三者委員会から意見を聞いたうえで、政府が事業計画を認可します。自民党と公明党は、年間500億円程度の休眠預金が活用できるとみて、具体的な検討を進め、年明けの通常国会への法案提出を目指します。

最終更新:12月26日(木)15時46分テレ朝 news

(訳者: |)゚0゚(|  ヒョエ~~。。。ベイルインではないですが、やって来ました。。。休眠だろうが、なんだろうが、国民の銀行預金に政府が手を付け始めるそうです。しかも「NPO法人など」って。。。
なんで今、”アベノミクスで日本経済が復活に向かっている”このタイミングで、急にNPO法人が人様の休眠預金を必要とするんですか?ってゆーか「など」って具体的にどこですか?。。。突っ込んだところで何かが変わるわけではないので、来る通貨危機→ハイパーインフレにどう備えるべきか、考えて自分で行動しましょう。ちなみに戦後日本のハイパーインフレでも、ジンバブエのハイパーインフレでも、ワイマールドイツのハイパーインフレでも、食べ物価格が急騰し、お店から食料品が消え、人々は飢えたそうです。自分と家族や大切な人たちが飢えないように備えましょう。ジムシンクレアはハイパーインフレの期間は大体3ヶ月くらいで収束に向かうだろうと予想しています。でも収束ってようするにデノミが行われるってこと?と思ってるんですが、それで食べ物の問題がそこで終わるのかは疑問なので、半年分くらいは備えておかねば、、、と個人的には思っています。庭で野菜を作れるようにして、缶詰や砂糖、塩を買っておいて、お米を買っておいて、、、いつ来るのかハッキリとしたタイミングが分からないので、食べ物の消費期限との兼ね合いも考えつつ。。。)

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

ゴールドは5万ドルになる (12) by ジム・シンクレア 2013年10月29日



(33:29→36:30)

ジム:ホワイトカラーの人たちは私企業で働いていてそこそこの収入を得ています。「大きな平準化」の際に何が起きるかというとその頃には株式市場がピークに達するでしょう。そして市場が金利を押し上げます。それは国債が売れなくなるというより、ドルに対する信頼が揺らぐことで金利が上がるということです。

(訳者:以前ピーター・シフがこのように述べています。「そしてそのうち、底が抜けてしまい、ドルはより早く下がりだし、中央銀行が買っていない債券の全ての金利が急激に上がりだします。国債利回りは中央銀行によって抑制されるかもしれませんが、地方債利回りは急騰し、社債利回りも急騰します。」

そして「大きな平準化」の一部はベイルインです。このインタビューの最初のほうで金融機関の会計上に出てきていないブラックホールについて話しましたよね。金融機関が紙くずに何でも好きな評価額をつけることを門番が許しているために存在するブラックホールのためにベイルインが起きるんです。

で、2014年から2016年に行われるであろう「大きな平準化」の後ですが、根本的により良い経済状態にあり、今日までゴールドを貯め続けてきたBRICSが、今日までただの貧民であった自国民を消費者として世界に登場させるでしょう。彼らは今まで全く消費者ではありませんでした。これは大きな奇跡です。何億人もの新しい消費者が登場するんです。この方程式による経済発展の根本的な強さは、ここ数年”経済復活”してきた西洋のものよりずっとずっと大きなものです。BRICSはゴールドが通貨の価値を反映するシステムに移行していくでしょう。そしてその時アメリカは彼らに向かって「お前らおかしいんじゃないのか?オレたちはUSドルだ。お前たちの言うことなんか聞かないぞ。ドルの価値がどれだけであろうと関係ない!」と言うでしょう。しかしその後4年間でBRICSと歩調を合わせることになるでしょう。

I:この「大きな平準化」ですが、人々は大損失を被ることになるんですよね?株式市場は順調にはいかないですよね?今年6月に中央銀行が「量的緩和を徐々に止めて行く」と発表した時みたいに急落するんじゃないですか?殆どのアメリカ人が沢山儲けてそのままカジノを後に出来ると思っているんですが、そうはいかないんじゃないですか?

ジム:リクイディティはいつの時代も株式市場を回す車輪のための潤滑油なんです。現在ハイパーリクイディティ(訳者:リクイディティ=流動性の高い資産=通貨、をここでは指していると思います)が存在します。まだハイパーインフレーションは来ていないですが、ハイパーリクイディティはすでに存在します。あれらの何兆ものドルを少量とは呼べませんからね。

なので株式市場は上がりますよ、今までの歴史の中で同じような状況下で全ての株式市場が上がったようにね。近年では、世界で一番強い株式指数はジンバブエ株式指数でした。(訳者:ジンバブエは5年ほど前にハイパーインフレになり、お金が紙くずになりました)それと似たように、株式がこんなに強い本当の理由は、株式全体にハイパーリクイディティがどういう影響を及ぼすのかということに対する主観的な知識のためです。これらは全て頂点に達します。そしてその時に起きる下落は物凄いものになります。現在の株式市場はあらゆる通常の計測方法によって計測してみても、拡張されすぎています。そしてこれは今後もっと拡張されてゆくでしょう。私は”永遠”を定義しましたよね?量的緩和がUSDXを70にすると。ですから、はい、テイパー(量的緩和を減らすこと)は行われますよ、なぜならそうしないとドルの価値が桁単位で落ちてゆくことになりますから。

usawatchdog.com

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

ゴールドは5万ドルになる (11) by ジム・シンクレア 2013年10月29日



(30:04→33:29)

ジム:そうです。価格を吊り上げることも出来ない。

I:彼らは「あなたゴールドが買いたいんですね、ではお金はどこですか?ゴールドをお届けしますのでお支払いください。」と言うんですね。

ジム:私はお金を用意しなくても良かったんですよ。彼らは空売りしている3年分の生産分に対してお金を用意する必要はないんです。なぜなら彼らの貴金属ディーラーはフルマージンに対してのお金さえ用意する必要はないんです。で、最近ロシアでこのような(シンガポール取引所で行われているような現物の)取引が行われ始めました。彼らはロシアの株式市場でキャッシュ取引を始めました。現在世界の5箇所でこのような取引が行われています。その中でも当然、私はシンガポールの取引所が一番進んでいると思っていますが。(自分自身が関わっているので)贔屓目かもしれませんがね。

これ(実物貴金属のキャッシュ取引)はペーパーゴールドから実物ゴールドが解放されるという出来事なんです。ペーパーから解放された実物ゴールドのPrice Finding Mechanism(市場で物が評価され、市場が適正価格を決めるプロセス)です。実物ゴールドのほうが価格の上昇を抑え易く、実物ゴールドのほうが供給するのがより難しいんです。実物ゴールドが正しい価値を保持するんです。As for the standard was and as for the standard is.(訳者:スミマセン、意味わかりません)

現在中国のような国、、、もし緑の色鉛筆を手にとって、世界地図上の国一つ一つを見たとします。そして現在、アメリカが信じている4222(訳者:?)ではなく、市場価格でゴールドを評価してしている地域を塗りつぶしていってみてください。そうすれば、ユーロを含む世界の半分の地域でゴールドが市場価格で評価されていることが分かります。なので正しい経済活動をし、ゴールドを買えるだけの黒字を出している国の通貨の首にゴールドはネックレスのように身に付けられるということになります。そして通貨の価値は、自動性によってではなく、その国がどれだけのゴールドを保有しているかに非常に強く影響を受けることになります。だから中国は大量のゴールドを買っているんです。だからロシアも大量のゴールドを買っているんです。

そして私は2016年に「大きなリセット」が初めて実施を試されることになると思っています、「大きな平準化」の後にそれは行われます。その際にBRICSが提案をすると思いますがそれはアメリカによって無視されると私は思っています。そして2020年までには「大きなリセット」は実施され、西洋の○○(訳者:スミマセン聞き取れません)を要求するでしょう。その時が50年代に私達が戻って、産業や農業の発展が長期に渡って続く時代になるのです。「大きなリセット」までにゴールド価格は3200から3500まで行くと思っています。「大きなリセット」以降のゴールド価格の予想については他の人にお任せしますよ。

I:あの~、「大きなリセット」ってどんなものになるんですか?ベイルインですか?401Kや年金基金が取り上げられることですか?ドルの急落ですか?それともこれらは「大きな平準化」の一部になりますか?

ジム:それらは「大きな平準化」です。「大きな掃き出し」はリーマンブラザーズでした。「大きな平準化」は来年始まります。それは今あなたが言ったこと全てを含みます。

I:では「大きな平準化」を説明してください。

ジム:そうですね、全ての収入がお金持ちのところに行かなくてはならないこの社会で中間所得層は存在できないでしょう。もうブルーカラーの人たちは絶滅させましたよ。もう存在しません。デトロイトに行ってブルーカラーの人たちが見つかるか探してみてください。機能しているかしていないかという観点からすれば、もうブルーカラーは存在しないんです。なので、今度は比較的快適な生活を送っているホワイトカラーの人たちがターゲットになる番です。


usawatchdog.com

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

おそらく近い将来、日本は大変なことになるでしょう by ジム・ロジャーズ 2013年7月15日

歴史が証明!アベノミクスへ「ジム・ロジャーズの教え」

PRESIDENT 2013年7月15日号

なぜ通貨安競争は悲劇を生むのか

震災後に日本株を買っていましたが、2012年11月に安倍現首相が無制限に金融緩和を打ち出してから、さらに買い増しました。そして今年5月前半にその多くを売りました。その後、日経平均は5月23日、00年のITバブル崩壊時以来の下落率を記録。今回はバブルというほどではなく、金融緩和で市場にあふれたお金に投資家が食いつき、株価が急激に上がっただけなのです。そもそも長く続かないと見越して短期で売った。6月に入り、株価も為替も乱高下しています。農業関連株などは残していますが、大きく下がったら多少買い戻しも考えます。

日本ではいわゆるアベノミクスにより急激な円安・株高が続いていました。多くの人がこの政策をもてはやしていますが、はっきりいって災厄以外の何ものでもありません。傍目にはとても感じがよさそうに見えるこの政策によって、安倍首相率いる自民党のお仲間とごく一部の人々、たとえばトヨタ自動車などに関わる日本人の懐だけは一時的に潤うでしょう。名古屋の人にとってはいいかもしれません。でも1億2000万もいる日本人の多くの生活水準は下がっていく。何兆円ものお金を人工的に市場に送り込めば、人々は一時的に心地よく感じるものです。しかし最後には必ず苦しくなっていく。

日本は資源から食品まで、多くのものを輸入に頼っています。円が安くなれば生活必需品の値段が上がる。なぜ2%のインフレを目指すのですか?


ただし、別にデフレがいいわけではありません。インフレでもデフレでもなく、自国通貨を安定させ、健全な状態で現実的な成長を目指すべきなのです。

今、日本が抱える急激な少子化や巨額の債務、移民の拒否など根本的な問題は何1つ解決していません。もし私が日本の首相であれば、お金を刷るのをやめて債務を減らす努力をし、人口減を解決すべく、移民を増やすなどの政策をとる。日本人は外国人が好きではないことは知っていますが、それでも最大限努力をするでしょう。TPP(環太平洋経済連携協定)は実行しますよ。TPPは現在の日本政府の政策の中で私が唯一、支持できるものです。これはインフレ抑制にも役立ちます。

私は常に、投資で成功したければ哲学や歴史を学ぶべきだといってきました。いつの時代も根本的な部分で世界には何も新しいことなど起こっていません。過去に成功しえなかった政策というものは、時をおいてもうまくいった試しがないのです。大昔から、経済的に行き詰まると政治家たちはお金を刷るという手段に走ってきました。けれど歴史を紐解くと、この手の政策が長期的に、いや中期的にさえよい結果をもたらしたことはありません。自国通貨の価値を下げるということは、結局、不健全なインフレを引き起こし、自国民を苦しめることになるのです。

今、日本だけでなく、米国や欧州など世界の中央銀行が財政出動でお金を刷り続けて市場にばらまき、自国通貨を安くする競争に入っています。複数の国が同時にこういった政策をとることは歴史上初めてのことだと思いますが、ここで予想される未来は、過去よりさらに深刻です。一国で問題が起きると全世界に飛び火し、一気にどうにもならない事態に陥る可能性がある。複数の国で債務が膨らみインフレが起こり、人々は紙幣なんてもういらないというかもしれません。そうなれば世界は大混乱に陥るでしょう。

私はリーマンショック後、プレジデント誌において遠からず世界で通貨危機が起こると予言しました(「すべては、欧米からアジアへ動く」(http://president.jp/articles/-/3240))。実際、中東ではすでに起こっています。彼の地で次々に「アラブの春」と呼ばれる革命が起こった真の理由は、人々が政府の思想に反対したからではなく、自国通貨が弱くなってインフレが起こり、日用品が高騰して生活が苦しくなったからなのです。こういった混乱は通貨安競争に走る先進国でもいずれ起こる可能性があります。いや、日本ではすでに起こっているといえる。円は実際、半年で3割ほども下落しています。世界で2番目か3番目に重要なこの通貨が、ですよ。これほどまでに急激な円安はドイツや韓国など諸外国の輸出業にも影響を与え、どの国にとってもいいことはない。

日本企業も原材料の多くを海外から輸入しているのですから、ビジネスのコストもはね上がります。10年後、15年後、アベノミクスが続いたら、もっとひどい状態が予想される。

日本人が生き残るために必要な商品

今の日本のティーンエージャーの多くは公務員になるのが夢だそうですね。でも普通、この年代の子供は、フットボール選手や俳優になりたいなどというのではないですか?

お金持ちになりたいとか成功したいという野心もなく、17歳やそこらの若者が政府で働きたいとは一体どういうことでしょうか。かつて日本はソニーやトヨタ、パナソニックなど素晴らしい企業を生み、イノベーションを起こしました。起業家は憧れの的で、若い人もそんな企業で働きたがった。でも今の若者はみな政府で働きたいという。そんな国に明るい未来はないでしょう。だって当の政府は日本を救おうとはせず、債務を膨らませているだけなのですから。

おそらく近い将来、日本は大変なことになるでしょう。子供はいない、労働力もない、債務はどんどん膨らむ、そして通貨の価値が下がり国力は落ちる。私の大好きな美しい日本の女性たちだってみな年を取ってしまうんです。

そんな中で日本人が生き残るには、やはり通貨にかわる実物資産を買っておくのがいいと思います。私は、米、砂糖などの農産物、そして銀やニッケルなどの金属に注目しています。下落基調の金についてももう少し下がったら買い増すことを考えています。

アメリカの経済についても、日本と同じく中央銀行がお金を刷ることで回復したように見せかけているだけですから一時的なものでしょう。人工的にマネーを市場にあふれさせたために米国株も上がったのです。私はアメリカの将来についてはおおむね悲観的ですが、この国が消滅するといっているのではない。経済規模は今より小さくなるかもしれませんが、日本と同じく農業といった特定の分野についてはまだポテンシャルがあると考えています。

北米に投資したいなら、私はアメリカよりカナダを勧めます。米国のような巨額の債務を抱えておらず、資源も豊富な国です。たくさんのアジア人が移民しているバンクーバーは将来的に現在のニューヨークのような場所になるのではと想像できます。私たちも移住を考えたことがあるんですよ。

一方、中国は大気汚染や伝染病の流行など非常に深刻な環境問題を抱えていますが、彼らは正しい方向を知っています。きっと環境浄化のために設備投資をするなどして解決に向かうはず。日本の技術をうまく輸出すれば大きなビジネスになりますよ。今後、中国経済が行き詰まることは何度もあるでしょうが、それは成長する際にどの国も経験すること。やはり米国に代わる21世紀の超大国は中国なのです。

President.jp

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

NSAの活動

秘密保護法ですが、NSA(アメリカ国家安全保障局)が日本で情報収集しやすくするために法案を成立させろとアメリカ政府から圧力があったと、先日ニュースで言ってました。

今年の夏に元NSA局員であったスノーデン氏がNSAのスパイ計画(PRISM計画)をメディアに暴露して以来、NSAの名が世界的に知られました。

その数ヶ月前、偶然ですがこのサイトでNSAのスパイとして昔活動していた人のインタビューを紹介しました。

エコノミックヒットマンです。

NSAが今までどのような活動をしてきた組織なのか興味がある方は、下の動画をご覧下さい。
(また、他にもネットに彼のインタビューの動画がありますので、検索してみてください)



にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

戦争の足音が聞こえてくる

nonaka hiromu 2013 12 10


自民党元幹事長の野中氏は戦前の国家総動員法なども例にあげながら

「どうして今、この法律(秘密保護法)がいるのか、私はそれがわからない。

戦争の足音が聞こえてくる

「この法律は恐ろしい方向へ進んでいく危険な感じがして仕方がない」

「善良な人たちが罰せられることにいきかねない」


と批判しました。

---(訳者)---------------

私もこの野中さんという人と同じように感じます。ジム・ロジャーズを含め、多くのオーストリア学派の人たちが大きな戦争が起きてもおかしくないとインタビューで述べています。

ワイマールドイツでのハイパーインフレ → 世界恐慌 → 第二次世界大戦

これら全ては偶然バラバラに起きたことではなく、因果関係があって強い関係性を持って起きたことだとダグ・ケイシーだったか忘れましたが、インタビューで説明していた記憶があります。

因みにジム・ロジャーズは先日インタビューでダグ・ケイシーと対談し、本気で世界的な大きな戦争を危惧していました。

経済的に破綻が近くなると戦争になるのが今までの世界の歴史上のパターンであると多くのオーストリア学派の人々は言っています。

------------------------------

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

海自、いじめ自殺告発者の懲戒検討 文書持ち出し問題視

海自、いじめ自殺告発者の懲戒検討 文書持ち出し問題視

朝日新聞デジタル 12月8日(日)5時44分配信

 【高野遼】海上自衛隊の護衛艦「たちかぜ」乗組員の自殺に絡み、「いじめを示す調査文書が隠されている」と内部告発した3等海佐(46)に対し、海自が懲戒処分の手続きを始めた。遺族らに「捨てた」としていた海自は告発後、原本が見つかったと謝罪していた。特定秘密保護法で行政機関の情報隠しが懸念される中、秘密でもない文書への内部告発まで萎縮させる隠蔽(いんぺい)体質が、改めて浮かび上がった。

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

米国の秘密情報を保護する法律は、今、どんな結果を招いているか?

いつの間にか「内部告発者を取り締まるための法律」に

これを見るにあたって、たとえば以下のニューヨーク・タイムズ記事は非常に参考になる。

●"Blurred Line Between Espionage and Truth" The New York Times, February 26, 2012

この記事によれば、元々は敵国を利する悪質なスパイ活動などを取り締まるための法律だった米「スパイ活動法」は、近年、「米国政府が、メディアへの情報提供者、いわゆる『内部告発者(whistle blower)』を取り締まるための法律」へと、実質的に大きな変化を遂げたという。

その引き金となったのは、先のブッシュ政権時代、キューバの「グアンタナモ(Guantanamo)湾収容キャンプ」にテロリストとして収監された多数の容疑者が、「水攻め」のような拷問や、目を覆うような屈辱的虐待を受け、それがウィキリークスなどを経由して世界のメディアから報じられたことにある、という。

(記事全文を読む)

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

米NSAによる空前の監視体制: 世界各国で危機感が募らないのはなぜか?

米NSAによる空前の監視体制: 世界各国で危機感が募らないのはなぜか?

が、米国では本当にそうした事例が起きている。たとえばツイッターに「今週末、ニューヨーク(だったか、サンフランシスコだったか、筆者がニュース番組で見たときの記憶が定かでないが、とにかく大都市)をぶっ飛ばそうぜ」と書き込んだユーザーが、NSAの監視網に引っかかってしまった。このユーザーは仲間に向かって「週末のパーティで盛り上がろうぜ」という意味でツイートしたらしいのだが、とにかくこれが原因でテロリストと認定されてしまい、誤解が晴れるまで散々な目に遭ったという。

(記事全文を読む)

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

ゴールドは5万ドルになる (10) by ジム・シンクレア 2013年10月29日



(27:40→30:04)

ジム:彼らは自分たちで流した噂を信じたんですよ。バンカーとハーバートは違った性格の持ち主だったんです。バンカーはハーバートのように書類の準備が上手じゃなかったんです。なので彼らは最初の通知日を3日違いで逃してしまったんです。そしてComexのクレイジーな人達が受け取りすることを決めたんです。それが受け取りをすることの証拠だったんです。唯一の証拠はバンカーの書類の準備が少し雑であったということです。そしてあなたも知っている通り、私はliquidate(訳者:実物シルバーを納品する、だと思います)に深く関わっていました、、、
(訳者:スミマセン、この辺意味が良く分からないので直訳してます。)

I:あなたはポール・ボルカーの下でBoard of Silver(銀の理事会)でliquidateする仕事をしていましたよね。

ジム:それは私がなぜシンガポール・ゴールド取引所の設立のための諮問委員会の委員長の仕事を引き受けたかの理由にもなりました。

I:ハハ!すごい!

ジム:このシンガポールの取引所では実物ゴールドが取引されるんです。先物ゴールドではありません。ということはスポット契約だけを基本的に取り扱ってるんです。なぜなら実物ゴールドがペーパーゴールドから解放されるということは、ゴールドの価値がちゃんと評価されることを可能にします。

価格操作がどのように行われるかというと、、、グレッグ、私は操作したことがあるんです。だからといって、私が価格を吊り上げるように操作したからといって、価格が下落するように操作している人よりいい人間だと言っているわけではありません。私は35歳でした。

とにかく、例えば、価格を吊り上げたければ、「価格を吊り上げたい」と言うだけです。これはその年の生産分に対して行われました。 誰も(実物)ゴールドを持ってはいませんし、誰もあなたに売ってもくれません。みんなで狂ったように仲間の間で買い続け、価格を上げるんです。

今日では彼らは2,3年の生産分に対して、(同じ方法で)価格を下げています。
リクイディティが低い時期にこういう直線的な下落が起きるんです。しかしこれはペーパーゴールド(先物など)でしか出来ないんです。実物ゴールドでは不可能なんです。なので必ずゴールドを納品するようにしなくてはならない。

なのでシンガポール・ゴールド取引所では、私が委員長を務めている諮問委員会の指示の下、キャッシュは3日以内に、そして実物ゴールドは即時に渡されなくてはならないというルールになっています。

I:じゃぁ、誰かがやってきて「私は500万オンスのゴールドを売りたいんですが、今日取引所で売りたい。」と言えば、シンガポール取引所は「素晴らしい!では、そのゴールドを持ってきて下さい。実物を見せてください。この床に全てのゴールドを置いて下さい。私達はそれを売って、買った人に今日送りますから。」と答えるというわけですね。

ジム:そうです、買った人に実物を送るか、(その人が望めば)キャッシュを3日以内に送るんです。

I:ということは、もう空売りで価格を下落させることも出来ないし、価格を吊り上げるように操作も出来ない、ということですね?

---(訳者)------------------------

私もジム・シンクレアが70年代に何をしていたのかあまり詳しくは知らないのですが、70年代のニクソンショック(日本ではオイルショックとして知られています)によってドルの価値の下落が止まらず、インフレが止まらなかった際に、アメリカ政府はインフレを止めるように中央銀行のトップにポール・ボルカーを任命しました。そのボルカーがジム・シンクレアにアドバイスを求めてきたのをきっかけに、ボルカーと一緒に働いていた時期があるそうです。

70年代に、ドルが不換紙幣になり完全にゴールドから切り離された後に起きた、世界的インフレを止めた立役者であるボルカーを裏で支えていた影のアドバイザーであったということです。

ちなみにジムのお父さんは伝説のトレーダーとして有名なジェシー・リバモアと一緒に仕事をしていて、ジムも小さい頃からお父さんの仕事場に出入りし、仕事振りを見て育ったそうです。

-----------------------------------

(続く。。。)

usawatchdog.com

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

秘密法成立「嵐去った」=安倍首相

秘密法成立「嵐去った」=安倍首相

 安倍晋三首相は7日、東京・谷中の禅寺「全生庵」を訪れ、自民党の山本有二衆院議員と約1時間座禅を組んだ。山本氏によると、首相は特定秘密保護法の成立前、首相官邸や公邸の周辺が抗議デモで連日、朝から騒然としていたことを踏まえ、「今朝、目覚めたら公邸の周りが静かだったので、嵐が過ぎ去った感じがした」と語っていたという。
(時事通信)

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

ミスタードーナツ、10~11円値上げ メニューの半分

ミスタードーナツ、10~11円値上げ メニューの半分

2013/12/6 19:35

 ドーナツ店の「ミスタードーナツ」を運営するダスキンは6日、全メニューの約半分にあたる50品目の価格を10~11円引き上げると発表した。26日から全店で実施する。値上げは約6年ぶり。円安などで食材や包装材のコストが上昇しているためで、来年4月1日には消費増税分も上乗せする。

(訳者:物価は上がるわ、税金も上がるわ、国民の知る権利も奪われるわ、世のなかどんどんメッチャクチャになっていきます。ってこんな正直な気持ちを書いただけでNSAの監視プログラムに見つかって警察にしょっ引かれて行く日がそのうち来る気がしてなりません。はぁ~しんど。。。)

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

ゴールドは5万ドルになる (9) by ジム・シンクレア 2013年10月29日



(25:29→27:40)

I:では次の質問ですが、ゴールド価格についてあなたは話していましたが、私達は今大きなスパンでゴールド価格について話しています。売買について話しているわけではありません。あなたはゴールドを売買することは保険を売買することと同じだと言っています。保険であるゴールドを売買するのは良い考えではないんですよね?

ジム:そうです、あと世界で最も賢い人たちの考えにも反することです。それはインサイダーのゲームなんですよ。あなたがインサイドにいる人間でない限り、そのゲームには参加出来ないんです。
(訳者:ゴールドを扱う金融機関がペーパーゴールドを空売りして価格操作を行って利益を上げていること。)

I:じゃぁ、誰でも出来ることといえば、購入して持ち続けることですね。

ジム:マージンなしですよ。借りるのもダメです。GLDもダメです。マージンとかそういうものは一切なしです。
(訳者:ペーパーゴールドはダメだということ。)

I:あなたのウェブサイトの中でとても深いなと思った一文があります。
「ゴールド価格はあがります。これは推論ではありません。これは政策なんです。」
中国を見てください。今年だけでもすでに何百トンものゴールドを輸入しています。中国は世界でも有数のゴールド生産国です。しかし生産したゴールドを一切輸出せず毎年自国に保有しています。その上、年間800トンから1000トンのゴールドを毎年輸入しています。あなたの言葉である「ゴールド価格はあがります。これは推論ではありません。これは政策なんです。」についてより詳しく話してください。

ジム:長期的なゴールドの需要は、実物ゴールドがペーパーゴールドから解放されることがベースになります。その解放のためのツールは先物取引の倉庫になります。先物取引の倉庫が通常の納品を行えなくなれば、先物取引所はデフォルトを避けるために契約内容を変更しなくてはならなくなります。彼らはデフォルトを避けるために必ず契約を変更しますよ。


I:ちょっと遮ってしまってスミマセン。ではあなたが言っているようにComexやLBMAがゴールドを納品出来なくなる、或いはしなくなるという日はやってくるんですか?近いうちに来るんですか?

ジム:はい、必ずやってきます。70年代にも全く同じことが起きてパニックになったんですよ。ちなみに私はこれについて非常に詳しく知っているんですがね。

(続く。。。)

usawatchdog.com

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

デトロイト市に破産法適用

デトロイト市に破産法適用 米裁判所、年金カット恐れる市退職者らの主張退ける

2013.12.4 08:33 [米国]

 【ワシントン=柿内公輔】米ミシガン州デトロイト市の財政破綻をめぐり、ミシガン州の連邦破産裁判所は3日、連邦破産法第9条の適用を認める決定を下した。破産法適用に異議を唱えた債権者側の主張は退けられ、デトロイト市は裁判所の管理下で財政再建を進められることになった。

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

<秘密保護法案>与党が採決強行 参院委で可決

<秘密保護法案>与党が採決強行 参院委で可決

 国家機密の漏えいに厳罰を科す特定秘密保護法案は5日午後、参院国家安全保障特別委員会で自民、公明両党の賛成多数で可決された。民主党などは慎重審議を求めたが、自民、公明両党は採決を強行した。(毎日新聞)

mori masako
特定秘密保護法案を審議する参院国家安全保障特別委員会で
委員長に詰め寄る野党議員を見つめる
森雅子特定秘密保護法案担当相(中央)
=国会内で2013年12月5日午後1時7分、武市公孝撮影(毎日新聞)

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

軽自動車税、年1万円超に 現行の1.5倍~2倍で検討

軽自動車税、年1万円超に 現行の1.5倍~2倍で検討

 【鯨岡仁】政府・与党が検討している自動車税の見直し案がわかった。消費税率が10%になる2015年10月に合わせ、年7200円の軽自動車税(地方税)を1万円以上に増税する。さらに、車を買った初年度には、環境性能に応じて課税する新たな自動車税を導入する。(朝日新聞デジタル)

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

旅行先で余った外貨をビットコインに交換

2013年12月3日 14:59 (AFPBB News)

旅行先で余った外貨をビットコインに交換

【AFP=時事】旅行業界で仮想通貨「ビットコイン(Bitcoin)」の潜在的な影響が拡大していることを示す新たな事例が登場した。トルコの自動販売機型キオスクで、旅行者が余った外国通貨をビットコインに交換できるようになるというものだ。

 要らなくなった外国通貨の硬貨で重くなった財布を憂う代わりに、トルコ・イスタンブール(Istanbul)の アタチュルク国際空港(Ataturk International Airport)を出国する旅行者は、余った現地通貨──紙幣と硬貨の両方──を電子マネーに変換するキオスク「トラベラーズボックス(Travelersbox)」に入金しビットコインと交換することができるようになる。ビットコインは世界初のピアツーピア(P2P)ベースの仮想通貨で、全ての中央銀行や金融機関から独立している。

---(訳者)----------------------------

日本のメディアでようやく最近ビットコインの名称が出るようになってきました。
もともとオーストリア学派の一部の人たち(マックス・カイザーなど)が支持して拡大したものです。私がこのブログで紹介しているオーストリア学派の大半の人たちは基本的にビットコインに懐疑的或いは否定的です。オーストリア学派の中でもビットコインについては意見が真っ二つに割れています。(ちなみに私は否定派に同意です。)

ビットコインはどこかの中央銀行が発行しているわけではないので、量的緩和が行えないので通貨の価値を下げることが出来ないという利点があります。しかし不換通貨であり、貴金属との交換が出来る兌換通貨ではありません。

でもドルや円やユーロなんかよりはいいかもしれません。投機したい人にもいいかもしれません。

しかし、ゴールドとシルバーは過去5千年に渡って世界の歴史の中でお金として機能してきました(直近の40年以外は)。ビットコインのお金としての歴史は5年です。

私はコンサバティブな人間ですので、確実なほうを選びますが、
あ~もっと昔にビットコイン買っといて、今売り払えばそのお金でより多くのゴールドが買えたのに~~。。。(涙)
とちょっと悔しい気もします。。。

----------------------------

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

秘密保護法案、成立急ぐな=国連弁務官が懸念

秘密保護法案、成立急ぐな=国連弁務官が懸念

 【ジュネーブ時事】ピレイ国連人権高等弁務官は2日の記者会見で、衆院で可決した特定秘密保護法案に関し、「日本国憲法が保障する情報アクセス、表現の自由を適切に守る措置がないまま法制化を急ぐべきではない」と述べ、強い懸念を表明した。(時事通信)

(訳者:経済が実質破綻している国々を中心に、世界はどんどん憲法も自由も人権もへったくれもなくなっていきます。)

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

ゴールドは5万ドルになる (8) by ジム・シンクレア 2013年10月29日



(22:46→25:29)


I:80から50に下がるってことですか?

ジム:56くらいになると私は思います。

I:ドルにとっては大変なことになる。サウジがもしそれを宣言したならドルはその日のうちにクラッシュするということですね。

ジム:その当日に300くらい下がって、その後時間とともにUSDXインデックスで56まで下がると私は思います。ドルに入る最初のとてつもなく大きな亀裂になります。

ドルの長期間のチャートを見てください、心臓発作が起きますよ。ヘッド&ショルダーだらけです。何十年も遡ってみれば大きなヘッド&ショルダーだけでなく、小さなヘッド&ショルダーが沢山あちこちにあります。もし大きなヘッド&ショルダーを外してみれば125くらいになります。その125から、70年代(ニクソンショック=ドルとゴールドの兌換の終了)に起きたように、大きなヘッド&ショルダーを外せば、ドルがどこまで下落するか想像出来るでしょう。

I:じゃ、もしドルがそのように大幅に下落したら、一般の人々にとってどういうことが起きるということですか?例えばガソリン価格はどうなりますか?

ジム:1ガロン=10ドルです。近いうちにね。疑いの余地はありません。これはドルが受ける影響のせいです。あとそれはユーロをとても高いレベルに押し上げることになるでしょう。覚えていますよね?ドルが19だった時に、(訳者:数年前にユーロ危機でがユーロが大幅に下落した時のことだと思います)私はユーロについてポジティブな見解を示しました。当時、「2014年に向かってドルよりユーロのほうが強くなる」と言っていたのは私達だけでした。それについてのファンダメンタルな理由はありませんが、それは起きます。

I:人々のEBTカード(困窮者用食料切符)、フードスタンプ、社会保障制度による給付金、年金、これらは上がりません。それどころか、一定収入の購買力は(通貨価値の下落のために)大幅に下落すると言うことですね?

ジム:そうです、私はそれを言っているんです。しかしその理屈を住宅ローンに当てはめる際には、歴史の中で何が起きたかを検証する必要があります。1994年にあった最近のP○○(訳者:Pay Cell Phoneと聞こえますが、よく分かりません)の再評価ですが、そこで住宅ローンに何が起きたかというと、新しいP○○に対して住宅ローンのリセットが行われたんです。なので、1枚のクルーガーランド金貨で5万ドルの住宅ローンが支払えるのかというと、そうはならないでしょう。(訳者:金貨1枚の重さ=1オンス)歴史を見れば、そうはならない確率のほうが高いんです。なぜなら、それによって銀行が損をすることにならないようにするからです。

I:じゃぁ、古いドルで20万ドル借りていたとして、それが新しいドルで10万ドルになった時、、、彼ら(政府)は通貨を変更して(訳者:デノミを行うということ)、住宅ローンを新しい通貨で再評価するということですね?(庶民にとって)簡単にはいかないということですね?

ジム:簡単にはいきません。彼らは新しい通貨で再評価を行います。これはなぜあなたがゴールドを保有しなくてはならない理由の一つです。一番強い通貨(ゴールド)を保有しなくてはいけないんです。

(続く。。。)

usawatchdog.com

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村
プロフィール

bebetan

Author:bebetan
UFO:  信じる
自由: 賛成
平和: 賛成
自然エネルギー: 賛成
本:  わら一本の革命

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR