商品券発行に交付金 経済対策3.5兆円、統一選を意識

商品券発行に交付金 経済対策3.5兆円、統一選を意識

朝日新聞デジタル 12月27日(土)5時25分配信

 安倍政権が、当面の景気を下支えするために検討してきた経済対策の内容が固まった。予算総額は3・5兆円で、自治体が地域振興のために発行する旅行券や商品券などに使える交付金をつくる。来春の統一地方選を意識して、地方向けの対策を充実させた。

 27日に閣議決定する。政府は来年1月上旬に経済対策を盛り込んだ今年度補正予算案を決める予定だ。

 対策の目玉は、総額約4200億円の「生活緊急支援のための交付金」。商品券や灯油購入の補助、子育て支援などから自治体が使い道を選ぶ「消費喚起・生活支援型」の交付金(2500億円)と、具体的な人口減対策をつくった自治体などにお金を配る「地方創生型」の交付金(1700億円)の2種類ある。1人あたりの車の保有台数などに基づいて、地方に手厚く配分する方針だ。

朝日新聞社

(訳者: 経済対策の目玉が交付金って。。。さすがアベノミクス!)

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

ジム・ロジャーズ氏インタビュー 2014年11月17日


ジム・ロジャーズ氏インタビュー 2014年11月17日

(訳者:ビデオの最後に発言していたコメンテーターさんはどっかの金融機関のアナリストか何かだと思います。年収数千万円、でもサラリーマン。所詮、組織でうまく生残ることに全神経を注いで生きてきた人。投資ファンドを自ら経営し、自力で莫大な資産を築き上げたジム・ロジャーズとは世界経済の分析能力は雲泥の差、、、なのはバカでも分かりそうですが、これが分からない人が実は世の中には沢山いるんですよね。世の中の大半の人は自分が安心出来ることを言ってくれる人の発言を信じるようですから。)

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

次回のクラッシュの際には、大きな銀行は預金者のお金を取り上げます by エレン・ブラウン 2014年12月10日

(訳者:以下は12月10日にジム・シンクレアのブログに掲載されていた記事です。)

My Dear Friends,

I have written to you on multiple occasions concerning the need to Get Out of the System, GOTS.
This something that now is certain to happen. It has become part of law in the West and the subject of white papers written by the Bank of England and the FDIC.
Please give some attention to the subject.

Jim

親愛なる友人の皆さん

私は過去に何度も「システムから抜け出す必要がある」と書いてきました。
これは現在では起きることが確実です。これは西洋世界で法律の一部となり、イングランド銀行とFDIC(連邦預金保険公社)によって書かれた白い紙の表題となっています。
これについて注意を払ってください。

ジム





Big Banks Will Take Depositors Money In Next Crash -Ellen Brown

次回のクラッシュの際には、大きな銀行は預金者のお金を取り上げます - エレン・ブラウン


The G-20 met recently in Australia to make new banking rules for the next financial calamity. Financial reform advocate Ellen Brown says these new rules will allow banks to take money from depositors and pensioners globally. Brown explains, “It became rules we agreed to actually implement. There was no treaty, and Congress didn’t agree to all this. They use words so that it’s not obvious to tell what they have done, but what they did was say, basically, that we, the governments, are no longer going to be responsible for bailing out the big banks. These are about 30 international banks. So, you are going to have to save yourselves, and the way you are going to have to do it is by bailing in the money of your creditors. The largest class of creditors of any bank is the depositors.”

次にやってくる金融危機に備えるため、新しい銀行ルールを作る目的で、最近G20がオーストラリアで会合を開きました。金融改革を支持するエレン・ブラウン氏によると、これらの新しいルールは、大きな銀行が預金者と年金受給者から世界的にお金を取り上げることを許可するものであるということです。「これは私達が実際に実施することに合意した規則となりました。国際条約が結ばれたわけでもなく、アメリカ連邦議会がこれらに合意したわけでもありません。彼らは自分たちが何をしたのかを明確にすることを避けるための言葉を使っていますが、実際には彼らが何をしたかというと、彼ら、政府は今後大きな銀行を救済しない(というルールを作成することに合意しました)。これらはおよそ30の国際銀行のことです。なので今後、銀行は自分たちで自分たちを救済しなくてはならない。どのようにするかというと、銀行の債権者のお金を使うということです。そしてどの銀行であっても銀行の一番の債権者は預金者です。」とブラウン氏は説明しました。

It gets worse, as Brown goes on to say, “Theoretically, we are protected by deposit insurance up to $250,000 in the U.S. and 100,000 euros in Europe. The FDIC fund has $46 billion, the last time I looked, to cover $4.5 trillion worth of deposits. There is also $280 trillion worth of derivatives that the five biggest banks in the U.S. are exposed to, and under the bankruptcy reform act of 2005, derivatives go first. So, they are basically exempt from these new rules. They just snatch the collateral. So, if you had a big derivatives bust that brought down JP Morgan or Bank of America, there is no way there is going to be collateral left for the FDIC or for the secured depositors. This would include state and local governments. They all put their money in these big banks. So, even though we are protected by the FDIC, the FDIC is not going to have the money. . . . This makes it legal for these big 30 banks to take our money when they become insolvent. They are too-big-to-fail. This was supposed to avoid too-big-to-fail, but what it does is institutionalizes too-big-to-fail. They are not going to go down. They are going to take our money instead.”

悪いニュースはまだ続きます。「理論的にはアメリカ国内の私達の預金は25万ドルまで、ヨーロッパでは10万ユーロまで、保証されています。私が最後にチェックした際には(アメリカ国内には)4.5兆ドルの預金がありました。FDIC(連邦預金保険公社)の基金には460億ドルがあり、それで4.5兆ドルをカバーするということです。あとアメリカ国内のトップ5の銀行だけで280兆ドル相当のデリバティブを抱えており、2005年に制定された破産再編法によれば、デリバティブに対する支払いが一番最初に行われます。なので彼ら(銀行)は基本的にこれらの新しいルールから免除されているんです。彼らは担保をひったくればいいだけです。なので、もしJPモルガンやバンク・オブ・アメリカを破滅に追いやったような巨大なデリバティブの爆発が起きれば、FDICや保証されている預金者のための担保は残り得ないということです。これは州政府や自治区政府に対しても同じです。彼らは全てのお金をこれらの大銀行に入れてますから。なので、私達はFDICによって守られているはずですが、(実際に事が起きた時には)FDICにはお金は存在しないということです。。。ということで、これらの30の大銀行が支払い能力を失った時には、私達のお金を取り上げることが合法になりました。これらの銀行は「大きすぎるので潰れさせるわけにいかない」ということです。この法律は「大きすぎるので潰れさせない」という事態を避けるために作られたはずですが、実際には「大きすぎるので潰れさせない」を制度化するものになっています。彼ら(大銀行)は潰れないですよ。彼らは代わりに私達のお金を取り上げるんです。」

Part of the coming financial calamity will involve hundreds of trillions of dollars in un-backed derivatives. Brown contends, “If the derivative bubble pops, nobody knows what is going to happen, and it’s obvious it has to pop. It can’t just keep growing. Depending on who you read, some people say it is up to two quadrillion dollars. It’s virtual money, and it cannot keep going on.”

これからやってくる金融の災害の一部は、何百兆ドルにもおよぶ何の裏づけも持たないデリバティブが関わってきます。「もしこのデリバティブ・バブルが破裂すれば、何が起きるか誰にも分かりません。しかし破裂することだけは明らかです。いつまでも大きくなり続けることは出来ませんからね。誰の書いたものを読むかによって情報は違いますが、中にはこのデリバティブ・バブルの規模は2千兆ドルだという人達もいます。これは仮想のお金です、そしてこのまま何もなく永遠に続くはずがないんです。」とブラウン氏は主張します。

When a financial crash does happen, you can forget about getting immediate access to your money. Brown says, “The banks will say, well, we don’t have it. All the money goes into one big pool since Glass Steagall was repealed. They are allowed to gamble with that money and that’s what they do. I think maybe Bank of America is the most vulnerable because of Merrill Lynch. Everybody is concerned, and they do very risky deals and they are on the edge. I think they have over $50 trillion in derivatives and over $1 trillion in deposits. . . The Dodd-Frank Act says we, the people, are no longer going to be responsible for the big banks when they collapse. It is not clear the FDIC will even be able to borrow from the Treasury, but even if they could, who is going to pay that money back? Let’s say they borrowed $1 trillion. Who is going to pay that $1 trillion back? It will bankrupt all the small banks that had to contribute to this premium. They will say we’re raising your premium to everything you got, basically. Little banks will go out of business, and who is going to survive–the big banks. . . . What we’re going to have left is five big banks, and everybody else is going to be bankrupt.”

金融崩壊が起きるとき、あなたが自分のお金にすぐにアクセス出来ると思ったら大間違いです。ブラウン氏は言います。「銀行はあなたに『え~、お金はありません』と言いますよ。グラス・スティーガル法が無効になって以来、全てのお金は一つの大きなプールに入るっているんです。銀行はそこにあるお金を使って博打をすることを許されており、実際に彼らはそのお金で博打をしています。私はバンカメ(バンク・オブ・アメリカ)が一番脆弱だと思っています。それはメリル・リンチのせいです。(訳者:2008年にバンカメがメリル・リンチを傘下に収めました。リーマンではなくメリルを救済したので、リーマンは潰れてしまった、と記憶してます)みんな懸念を抱いています。彼らはとてもリスクの高い取引をしており、危険と隣り合わせです。バンカメは50兆ドル以上のデリバティブを保有しており、預金は1兆ドル程度だと、私は思っています。。。ドッド・フランク法は「私達国民は大銀行が崩壊する際にはもう救済の義務はない」と謡っていますが、事が起きた時、FDIC(連邦預金保険公社)が財務省からお金を借りることが出来るのか、それは不明です。しかし、もし借りることが出来たとしてもそのお金は一体誰が返済するのですか?例えば、FDICが財務省から1超ドル借りたとします。その1兆ドルは誰が返済するのですか?この保険料の支払いに貢献するために全ての小さな銀行が破綻に追いやられることになるでしょう。彼らは基本的に「私達はあなたのお金全額まで保険料を引き上げます」と言うことでしょう。小さな銀行は破綻に追いやられます、そして生残るのは大きな銀行です。。。5つの大銀行だけが生残り、他の全ての人達は破綻します。」

(訳者:日本の戦後、どうやって今と同じレベルの国の借金を返済したか、そして預金は切り捨てられたを読めばより参考になると思います。しかし、こないだのG20でこんなこと決めてたって、、、ちゃんとなんで大手メディアは報道してくれないんですかね?とっても重要だと思いますけど。あと、デリバティブっていう紙の山が怖いですね。こんなすごい規模だとは。。。)

jsmineset

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

フラン高阻止へマイナス金利=原油安で上昇圧力―スイス中銀

フラン高阻止へマイナス金利=原油安で上昇圧力―スイス中銀

 【フランクフルト時事】スイス国立銀行(中央銀行)は18日、民間銀行が同中銀に預けた余剰資金から金利を徴収する「マイナス金利」を導入すると発表した。原油安による金融市場の混乱などで安全資産としての需要が増しているスイス・フランの上昇阻止が狙いだ。(時事通信)

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

<逆オイルショック>資源国通貨が総崩れ 世界経済に懸念

<逆オイルショック>資源国通貨が総崩れ 世界経済に懸念

 国際原油価格が夏場以降5割近く急落する中で、資源輸出に依存する新興国の通貨が急落している。ロシア・ルーブルの価値は年初以来、対ドルでほぼ半減。南米、アフリカでも今年の通貨下落率が2ケタに達する資源国が続出するなど、「逆オイルショック」とも言える様相だ。ロシア中央銀行は16日、通貨防衛のため政策金利を10.5%から17%に大幅に引き上げたが、金融引き締めは経済をさらに冷え込ませるリスクをはらむ。高成長を続けてきた資源国経済の動揺は、世界経済にとっても懸念要因になってきた。(毎日新聞)

--(訳者)--------

オイルが下がり始めた最初の頃は、「ドルが上がったからだろう」とオーストリア学派のニュースサイトで言っていました。しかし最近ジム・ロジャーズとジム・シンクレアは「オイルが下がっているのは、イランとロシアに制裁を加えるために、アメリカがサウジアラビアにオイル価格を下げるように指示したからだ。」と話しています。

昨日のジム・シンクレアのブログには、「これ以上オイルの下落が続くとCDS(クレジット・デフォルト・スワップ)が引き起こされ、もしどこかの金融機関がその支払いが出来ないとなると、リーマンと全く同じシナリオになる。」と書いてありました。CDSの仕組みがよくわからないので、あまり理解できてませんが。

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

経済対策3兆円規模、1兆円上積みへ…政府方針

経済対策3兆円規模、1兆円上積みへ…政府方針

 政府は、2014年度補正予算案の柱となる経済対策を、当初の約2兆円から大幅に上積みし、3兆円規模とする方針を固めた。(読売新聞)

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

衆院選 麻生財務相「アベノミクスが評価された」 自民党大勝で

衆院選 麻生財務相「アベノミクスが評価された」 自民党大勝で

 麻生太郎財務相は14日夜、自民党が300議席をうかがう情勢をめぐり、「この2年間の(安倍政権の経済政策)アベノミクスが評価され、その前の民主党(政権)の経済政策に対して答えを出していただいた。アベノミクスは道半ばだが、これをきっちり仕上げていかなければいけない」と述べた。(産経新聞)

(訳者: 「アベノミクスが評価された」 明らかにそのようですね。これからの2~3年は歴史に残る時期になるんでしょう。恐ろしいけど怖がってばかりいても来るものは来るので、出来るだけ楽しもうと思います。)

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

国家公務員にボーナス、昨年冬から12万円増

国家公務員にボーナス、昨年冬から12万円増

 国家公務員に10日、冬のボーナス(期末・勤勉手当)が支給された。(読売新聞)

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

<秘密保護法>10日施行 「知る権利」侵害の恐れ

<秘密保護法>10日施行 「知る権利」侵害の恐れ

 国家機密の漏えいに厳罰を科す特定秘密保護法が10日、施行される。安全保障に著しい支障を与える恐れのある情報を政府が特定秘密に指定して秘匿する。公務員の漏えいには最高懲役10年、共謀やそそのかしは同5年。昨年12月に国会で採決を強行し批判を浴びたことから、安倍政権は施行に先立ち運用基準を策定、「適正な運用」を強調する。しかし根本的な改善には至らず、政府に不都合な情報の半永久的な隠蔽(いんぺい)や、国民の「知る権利」侵害への懸念が根強いままの実施となる。【松本晃、佐藤慶】(毎日新聞)

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

ルーブル安が国民直撃=月給目減り、iPhone値上げ―ロシア

ルーブル安が国民直撃=月給目減り、iPhone値上げ―ロシア

 【モスクワ時事】ロシアの通貨ルーブルが下げ止まらない。ルーブル安による月給目減りが国民生活を直撃。新年休暇の楽しみにしていた海外旅行は難しくなり、庶民の小さな夢である米アップルのスマートフォン「iPhone(アイフォーン)6」は一夜にして25%値上げされた。2015年の経済成長率はマイナスに陥ると予想されており、国民は不安な年越しを余儀なくされている。(時事通信)

(訳者:今年1月にアメリカが量的緩和を終了するとか、そんなニュースがあった時にも新興国の通貨が崩壊を始め、アメリカは慌てて量的緩和を続行した、と記憶してます。当時忙しかったんでウロ覚えですが。10月のQE終了の時に「また数ヵ月後にはアメリカはQE再開するよ。」って多くのオーストリア学派の人達が言ってましたが、やっぱり再開しそうですね。一度QEを始めてしまったら止められないってこのことなんですね~~~。)

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

円安「企業努力の限界超えた」…再値上げも模索

円安「企業努力の限界超えた」…再値上げも模索

2014年12月06日 08時46分

 急速に進む円安や原材料の相場上昇で年明けから、輸入原料を使う食品を中心に値上げの動きが相次ぐ。

 昨年からの円安傾向ですでに値上げした商品でも一段と円安が進んだため、再値上げを模索する動きもある。

 文具大手コクヨは5日、領収書やバインダーなどの事務用品1122品目を来年1月から1・5~23・5%値上げすると発表した。値上げは6年ぶり。紙や樹脂など輸入原材料の価格が「想定以上の円安」(広報)で上昇したためだ。

 原材料の多くを輸入に頼る食品業界は、食用油やパスタ、冷凍食品、カレールー、アイスクリーム、紅茶など幅広い商品での値上げを決めた。1~3月には容量を減らすことも含めて10%程度の値上げとなる商品が多い。

 ワインやチーズなど、既に値上げされてきた商品も、最近の円安で「来年の再値上げも検討せざるを得ない」(ワイン大手)。コンビニエンスストアも、現状の円安水準が続けば「一部商品の値上げは避けられない」(ファミリーマート)とみる。4月の消費増税に伴い値上げに踏み切った牛丼チェーンは輸入肉の価格に気をもむ。「1ドル=120円まで円安が進んだ影響は大きい」と円相場の動向に神経をとがらせる。円安の進行について「企業努力で吸収できる限界を超えた」(食品大手)との声も出ている。

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

2倍の速度で進む円安、前回円高時に比べ関連倒産件数は3倍超

2倍の速度で進む円安、前回円高時に比べ関連倒産件数は3倍超

ロイター 12月5日(金)16時14分配信

[東京 5日 ロイター] - 円安が猛スピードで進んでいる。2007年からの円高は4年かけて40円の円高が進んだが、今回は2年で40円の円安となった。倒産は円高、円安どちらでも発生するが、企業が対応に困るのは為替変動のスピードが速い場合だ。

円安倒産は中小・零細の輸入企業が多いため1件当たりの負債総額は小さいが、件数は円高倒産に比べ3倍以上。足元の急速な円安による倒産増加が警戒されている。

(訳者: まだまだ始まったばかりです。これから状況は加速して悪化します。「リーマンショック」がかすんで見えるレベルの「ジャパンショック」で、世界経済崩壊の引き金を引く可能性大です。みなさん、ハイパーインフレ破綻に備えてくださいね。

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村
プロフィール

bebetan

Author:bebetan
UFO:  信じる
自由: 賛成
平和: 賛成
自然エネルギー: 賛成
本:  わら一本の革命

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR