世界を戦争へと導くワシントン by ポール・クレイグ・ロバーツ 2016年10月5日


(訳者: 以下はマスコミに載らない海外記事というサイトに先日掲載されていたポール・クレイグ・ロバーツが書いた記事の日本語翻訳です。サイト主さんが翻訳されているようです。翻訳の品質も常に非常に高く、素晴らしい情報のソースですので、みなさんも参考にされてください。)


世界を戦争へと導くワシントン

Paul Craig Roberts
2016年10月5日

アメリカ大統領選挙戦を見ながら、世界は一体何を考えるべきなのだろう? アメリカの政治選挙戦は、時とともに、益々非現実的となり、有権者の懸念と一層かけ離れてきたが、今回の大統領選挙と余りに非現実的で、不条理なほどだ。

多国籍企業によるアメリカ雇用の海外移転と、アメリカ金融制度の規制緩和が、アメリカの経済的失敗をもたらした。これが大統領選挙戦の主題になって良いはずに思える。

アメリカ世界覇権というネオコン・イデオロギーが、アメリカとその属国を、ロシアと中国との紛争に追いやりつつある。核戦争のリスクは、史上、これまでのいかなる時期よりも高い。これも、大統領選挙戦の主題になっていて良いはずだ。

ところが、問題にされているのは、トランプの合法的な税法利用と、彼のロシアのプーチン大統領に対する敵対的でない姿勢なのだ。

問題は、主要核大国との紛争を保証する、プーチンに対する(“新ヒトラー”)ヒラリーの極端に敵対的な姿勢なのではあるまいか。

(訳者: 続きは上のリンクをクリックして、マスコミに載らない海外記事さんでお読みください。)


にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

ベネズエラ国民のパンを手に入れる戦い

ベネズエラ国民のパンを手に入れる戦い
主食のトウモロコシ粉を手に入れるのも苦難つづき


2016 年 9 月 30 日 15:35 JST

 セルバ・アラウホさんが、ベネズエラで「アリーナパン」と呼ばれるトウモロコシの粉をようやく1袋手に入れるまで、長蛇の列に並んでも手ぶらで帰る日が3週間続いたという。アリーナパンが工場から家庭の台所に運ばれるルートはいくつかあるが、いずれをたどっても経済が困窮する現状が見てとれる。

最低価格で購入する方法
(1袋の価格:190ボリバル(約20円))

 ベネズエラは、豊富な石油の富をよりよく分配するとの名目で民間企業を国有化し、公的資金を浪費する経済政策を10年間続けた。その結果、インフレ率は世界最高水準に達し、今年は700%に達する見通しだ。政府はハイパーインフレ対策として基本的な食品について価格を固定したが、そのために食料不足はいっそう拡大した。

 多くのスーパーマーケットは、トウモロコシ粉「アリーナパン」を、政府の決めた統制価格190ボリバルで販売している。ベネズエラの朝食や夕食によく食べられる薄焼きパン「アレパ」の主な材料となる。

 アリーナパンを製造する大手食品メーカー、エンプレサス・ポラールは民間企業だが、政府は製造から配送に至る同社事業のあらゆる段階に関与する。政府はポラールがトウモロコシを設定した価格で仕入れることを義務づけ、同社の施設をたびたび検査し、従業員を拘束することもある。ポラールをはじめとする企業がマドゥロ政権を揺るがす目的で食料を買いだめしていると非難し、それを阻止する措置だと主張しているのだ。

 トウモロコシ粉が極度に品薄状態なため、ポラールの輸送トラックはたびたび襲撃されている。同社は首都カラカスまで商品を運ぶのに無表示のトラックを使い、ドライバーは出発直前まで最終目的地を知らされない。ある強盗犯はトラックのフロントガラスを撃ち抜いた後、ドライバーの腕時計やネックレス、携帯電話を奪ったうえで「アリーナパン」を持ち去ったという。輸送トラックが危険な地域を通過するときは武装兵士が護衛している。

 スーパーマーケットに商品が到着すると、買い物客は何時間も列に並ぶことを覚悟させられる。順番が回っても商品が残っている保証はない。また、購入できる量も制限されている。どのくらいの頻度でどのくらいの量を購入しているかを監視するため、当局は身分証をチェックする。

価格統制を切り抜けるための「コンボ」
(1セットの価格:約1000ボリバル)

 カラカス市郊外の住民が利用するのは「ボデガ」と呼ばれる小さな食料雑貨店だ。こうした店でもスーパーと同じ統制価格で商品を売る義務がある。ただ、スーパーの場合は、アリーナパンで利益が出なくても、顧客が入店すれば他の商品を買ってくれることで商売が成り立つ。一方、ボデガは他に売るべきものが少ない。

 ボデガはこれを切り抜けるために「コンボ」を売る。アリーナパンと一緒にパスタやヨーグルト、バター、石けんなどをセットにし、1000ボリバル前後で売る。トウモロコシ粉の単品より約5倍高い値段だ。

 スラム街の住民にとっては市中心部に出かけ、スーパーの列に並ぶのは高くつく。食料がそこに確実にあるかどうかもわからない。このボデガでは「コンボ」が積み上げられ、いつでも販売できる状態にある。

 黒インクで手の甲に書かれた数字は列の順番を表している。客は防犯ゲートの小さな窓から商品代金を払う。ある店主は、もしゲートを開いたら、人々が店内を荒らし回るだろうと語った。

闇市場(ブラックマーケット)
(1袋の価格:最高で2000ボリバル)
 闇市場は、行列に並ぶことができない、または並びたくない、さらに2000ボリバル(統制価格の10倍以上)にもなる割高な金額を払える人が利用する。闇市場で商品を転売する「バチャケロ」は犯罪者とみなされることもあるが、現在の経済状況では必要だとの見方もある。

 バチャケロとして働くジェルドさんは「これはすべての人に影響するサプライチェーンだ。誰でも食べなくてはいけなから」と話す。彼は闇市場でトウモロコシ粉を売るため、バイクタクシーの運転手の仕事をやめた。「(闇市場では)何でも高価なのは皆知っている。でも今は経済危機のさなかだ。誰もが困窮している」と語った。

 ジェラルドさん自身、闇市場でモノを売るのは危険だと話す。逮捕の恐れと背中合わせだからだ。警官や国家警備隊の兵士に「商品の一部をただで差し出すこともある。逮捕されないため、見逃してもらうためだ」という。警官も国家警備隊もコメントの求めに応じなかった。

食料配布に乗り出した政府
(1袋の価格:190ボリバル)
 長蛇の列を解消し、闇市場を取り締まるため、政府は「地区供給生産委員会(CLAP)」を通じて1カ月に1度、食料の入った袋を配布することにした。政府の通知によると、アリーナパンは統制価格の190ボリバルで販売される。

 ある日、2000世帯が住む地区でアリーナパンなどが入った数百袋の食品配布が始まった。ネットワークが未整備なまま、ピックアップトラックを使い、一部の住宅を急造の配布センターにした。それでも品切れになるまでに対象住民のおよそ半分に届けることができたという。政府は各家庭への配布を効率的に行う手段やノウハウを持ち合わせていないとの批判があり、配布が散発的で必要な所に届いていないという声も多く聞かれる。

出来上がったトウモロコシのパン
 アラウホさんはカラカスのスーパーで、政府の決めた値段でトウモロコシ粉を買うことを選んだ。しかし多くの時間を浪費するうえ、大いに不満が募るやり方だ。「頭痛がするし、足も痛い」と彼女はこぼす。「行列に並んでいる間に25ポンド(約11キログラム)以上やせた。国家警備隊の兵士から暴力を受けたり、スーパーの警備員に侮辱されたりもした」と話す。国家警備隊はコメントの求めに応じていない。

 それでも彼女はあえて行列に並び続ける。「私はバチャケロからは買わない」と、闇市場には見向きもしない。「違法なことや不正直なことはきらい」だからだ。当然ながら、値段も彼女にとっては高すぎる。国営石油会社の職員を引退したアラウホさんは、かねて1週間に2袋のトウモロコシ粉を買い、アレパを毎日食べてきた。「アリーナパンはベネズエラ人の主食。食習慣は変わっても、ベネズエラ人は誰でも朝起きたらアレパかボリートを食べる」と、トウモロコシ粉で作る定番メニューを挙げた。「神のご加護を願っていればなんとか暮らしていける。残念ながら、私たちの社会全体はあいにく不調だけど」

(原文:A Struggle for Daily Bread)

(訳者: 今リアルタイムで起きているベネズエラのハイパーインフレの情報はほんと参考になります。ベネズエラでハイパーインフレが始まってもう3年近く経つんじゃないでしょうか?うちの犬猫のフードは最低3年分蓄えとかなきゃ。。。)

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

不況のベネズエラで捨て犬激増、ペットフードは「高級品」

不況のベネズエラで捨て犬激増、ペットフードは「高級品」

2016.10.04 Tue posted at 15:48 JST

(CNN) やせ細った犬たちが餌を求めてごみの中からわずかな食べ残しをあさる。汚れてあばら骨や骨盤が浮き出たみすぼらしい姿。そんな捨て犬の群れが、南米ベネズエラの首都カラカスをはじめ、全土で増え続けている。
不況が続いて経済が制御不能に陥ったベネズエラでは、自分たちの生計さえ苦しくなって、ペットを手放す人が後を絶たない。ドッグフードは最も安いものでさえ、1袋の値段が最低賃金の3分の1にもなる。極端なインフラの影響でペットフードはぜいたく品になり、購入できる人は減る一方だ。

保護団体によると、この1年で捨てられたペットは50%増え、その多くは野良犬になった。施設に保護された犬の多くは飢えてやせ細り、「容器をどれだけ餌で満たしてもまだ足りない」と職員は話す。
国民は食料や医薬品の極端な品薄に見舞われ、犯罪は激増、マドゥロ大統領の辞任を求める大規模デモが続く。食品を買うために長時間行列に並んでも、何も手に入らないこともある。

国内産のドッグフードやキャットフードは店頭から姿を消し、外国産のフードは極端に値段が高い。1.5キロ入りのドッグフード1袋の値段は約1万5000~2万ボリバル(約15万~20万円)と、ベネズエラの月額最低賃金にほぼ等しい。

飼い主はやむなく、ペットを置き去りにしたり、ペットショップや動物病院の前に捨てて行くようになった。
首都カラカスにあるペットショップの店員は、「一部は保護施設が引き取って里親を探してくれているけれど、捨て犬や捨て猫があまりに多すぎる」と肩を落とした。


にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

ガンドラック: 「ドイツ銀行は救済されますが、クレディ・スイスはどうなるんでしょう?」 2016年10月4日


(訳者) 以下は10月4日にZero Hedgeという、オーストリア学派のニュースサイトに掲載されていた記事です。(ジム・シンクレアや多くのオーストリア学派の人たちがこのサイトを情報のソースにしています。)

**********************************

Gundlach: "Deutsche Bank Will Be Bailed Out But What About Credit Suisse"

ガンドラック: 「ドイツ銀行は救済されますが、クレディ・スイスはどうなるんでしょう?」


Tyler Durden's picture
by Tyler Durden
Oct 4, 2016 9:18 PM
100

Last Thursday, when Deutsche Bank was flailing ahead of the now confirmed fake report of a reduced settlement with the DOJ, Reuters spoke to Jeff Gundlach about his thoughts regarding the German lender, his advice was simple: don't touch it. "I would just stay away. It's un-analyzable," Gundlach said about Deutsche Bank shares and debt. "It's too binary." Gundlach said investors who are betting against shares in Deutsche Bank might find it futile. Maybe, but not if they cover their shorts before the max pain point, something which the market - where equity/CDS pair trades now allow a "go for default" strategy - will actively seek out.

現在では嘘の情報であったと判明している、DOJとの削減された決済の話の前に、 先週の木曜日、ドイツ銀行がざわついていた時にロイターがガンドラックにと話しをし、ドイツ銀行についてどう考えているか聞きました。彼のアドバイスはシンプルなものでした。「私だったら触りませんね。これは全く分析不可能です。」そしてガンドラックはドイツ銀行の株式と負債について「バイナリーすぎます。」と言いました。ガンドラックは、ドイツ銀行の株を空売りしている投資家たちは無駄なことに終わる可能性がある、と言いました。しかし、それは彼らが最大の痛点が来る前に空売りした株を買い戻さなかった場合には話は違います。最大の痛点とは、市場(エクイティ/CDSペアー。トレードが「デフォルトに賭ける」戦略を許可している場所)が積極的に追い求めるものです。

"The market is going to push down Deutsche Bank until there is some recognition of support. They will get assistance, if need be. What happens then? "One day, Deutsche Bank shares will go up 40 percent. And it will be the day the government bails them out. That jump will happen in a minute," Gundlach said. "It is about an event which is completely out of your control."

「市場はドイツ銀行を、支援が必要だと認識されるところまで下げます。そして彼らは必要となれば支援を受けます。で、次に何が起こるんでしょう?ある日突然、ドイツ銀行の株式は40%上がります。そしてその時が政府が彼らを財政援助する日になります。その株価のジャンプは1分で起こりますよ。」 「それはあなたが全くコントロール出来ない出来事です。」

The very next day his forecast was proven largely accurate, when DB soared some 25% from its overnight lows on, if not a bailout, then a report of a potentiel reprieve, even if the report ultimately ended up being wrong.

この発言のまさに翌日、ドイツ銀行株は25%上げました。もしこれが財政援助されなくても、一時的な救済である可能性があります。レポートが結果的に間違っていたとしても。

Then, earlier today, during the Grant's Fall 2016 investment conference, Gundlach once again discussed the troubled German bank and said that “you cannot save your faltering economy by killing your financial system and one of the clear poster children for this is Deutsche Bank’s stock price,” Gundlach, 56, said at Grant’s Fall 2016 Investment Conference on Tuesday in New York. “If you keep these negative interest rate policies for a sufficient future period of time you are going to bankrupt these banks.”

そして今日、グランツの2016年秋の投資近コンフェレンスにて、ガンドラックはまたドイツ銀行について話をしました。「弱体化している経済を、金融システムを殺すことで救うことは出来ません。そして、それに対する”ポスターの子供”がドイツ銀行の株価です。」と、ニューヨークでガンドラックは火曜日言いました。「もしマイナス金利政策をずっと今後も続けるのであれば、これらの銀行は破綻します。」

(”ポスターの子供”: 公益目的の金を工面するために、ポスターに使われる何らかの病気か奇形によって苦しめられる子供)

Europe’s banks have seen their value shrink by about $280 billion this year, with Deutsche Bank losing almost half its market value. Germany’s largest lender extended losses after the U.S. Department of Justice last month requested $14 billion to settle a probe into residential mortgage-backed securities, sparking concerns that it will have to raise capital.

ヨーロッパの銀行は今年になって2800億ドル価値を下げました。そのうちドイツ銀行は市場での価値を50%下げました。このドイツ最大の銀行は、先月アメリカ司法省から、住宅ローンによって保障されたセキュリティについての調査のための140億ドルを求められ、損失を拡大しました。ドイツ銀行は資本を集めなくてはならなくなるだろうとの懸念を引き起こしました。

Repeating what he said one week ago, Gundlach added that while the Frankfurt-based bank would ultimately be rescued by the German government if needed, other banks in the region wouldn’t be able to count on such support, Gundlach said.

1週間目に自分が言ったことをまた繰り返して、ガンドラックは、このフランクフルトに本社を置くドイツ銀行は最終的にドイツ政府に救済されます、もし必要となれば。しかしその同じ地域にある他の銀行はそのような支援を受けられません、と話しました。

“Deutsche Bank will be supported by Germany if push comes to shove,” he said. “But what about Credit Suisse, which has shown a similar decline in stock price? Who’s there to bail them out?”

「もし株価が押しやられるところまでくれば、ドイツ銀行はドイツ政府によって支援されます。」 「しかし、クレディ・スイスはどうなるんでしょうか?クレディ・スイスの株価もドイツ銀行と同じように下落しています。誰が彼らを救済するんですか?」

As Bloomberg notes, having been largely forgotten in the din surrounding DB, Credit Suisse has lost about 40 percent of its value this year. The Swiss bank raised about $6 billion of capital last year under new Chief Executive Officer Tidjane Thiam to help fund a restructuring plan.

ブルームバーグによると、ドイツ銀行の騒ぎの中で忘れ去られてしまっていますが、クレディ・スイスは今年に入って40%株価をさげています。このスイス銀行は、新しいCEOであるTidjane Thiam氏の下、改革計画の資金の一部として、昨年60億ドルの資本を集めました。

(訳者: まだ続きますが、ここで終わりにします。もうだいぶ末期の状態です。どこから火を吹くのかは分かりませんが、もうすぐです。みなさん、ちゃんと準備してくださいね。


にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

日本郵船、特損1950億円…海運不況長期化で

日本郵船、特損1950億円…海運不況長期化で

読売新聞 10月7日(金)19時32分配信

 海運大手の日本郵船は7日、2016年9月中間連結決算に約1950億円の特別損失を計上すると発表した。

 運賃の低下など海運不況の長期化を受け、将来見込まれる損失に備え、損失額を引き当てる。8月末に韓国最大手の「韓進(ハンジン)海運」が経営破綻に追い込まれるなど、世界的に海運会社の業績悪化が鮮明になっている。

 損失額の内訳は、日用雑貨などを運ぶコンテナ船部門が約1000億円、鉄鉱石や石炭などを運ぶ「ばら積み船」部門が約850億円、貨物航空機部門が約100億円。日本郵船は17年3月期の通期業績予想について、7月29日時点で連結税引き後利益が150億円の赤字になると見込んでいた。特損計上で一段の業績悪化は避けられないとみられる。

最終更新:10月7日(金)19時33分

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

ドイツ銀行と、TD銀行のキャッシュカードで、現在現金が引き出せません。by ジェフ・バーウィック 2016年10月2日



ジム・シンクレアのブログに今日載ってた動画です。

動画の中の人物はジェフ・バーウィックです。
オーストリア学派&リバタリアンのウェブサイトを運営してます。
以前、ダグ・ケイシーのインタビューをしていたのを訳したことがあります。

動画は2日前の10月2日(日)にメキシコで撮影されました。

ちょっと時間がないので、ざっくり訳しますが、彼が動画の中で、言ってます。

「ドイツ銀行のキャッシュカードとクレジットカードは現在ドイツで使えなくなっていますが、カナダ大手のTD銀行のキャッシュカードで現金が引き出せるかやってみます。」

ATMにキャッシュカードを入れましたが、お金出てこず。。。今使えません、みたいな文言が書かれたレシートが出てきました。

「もしかしたら明日には状況は変わっているかもしれませんが、ドイツ最大手のドイツ銀行と、カナダのトップ銀行の一つのキャッシュカードで現金が現在引き出せません。皆さん、幸運を!」


(訳者:。。。だから、先週、デビッド・ストックマンは「月曜日までに逃げろ!」って言ってたのか。。。理由をちゃんと読んでなかったのよね。。。ギョエーー!)

(追記: ドイツ銀行は「技術的問題」と発表してるそうですが、リーマン前後に市場が暴落し始めると東証のシステムが「技術的問題」でストップしてたのと同じです。ちなみに、大手メディアでは全く報道されていません。こういう本格的にやばいニュースは大手メディアには出ませんので、ご注意を。)

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村


プロフィール

bebetan

Author:bebetan
UFO:  信じる
自由: 賛成
平和: 賛成
自然エネルギー: 賛成
本:  わら一本の革命

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR