私たちの敵、中央銀行 by ロン・ポール 2011年3月18日

Our Enemy, the Fed

by Ron Paul

Before the US House of Representatives Committee on Financial Services Monetary Policy and Rising Prices, March 17, 2011

私たちの敵、中央銀行(FRB)

ロン・ポール

下院予算委員会で金融業務通貨政策と物価上昇について議論する前に、2011年3月17日

There is perhaps no topic as important to the average American today as rising prices. Whether we consider food, gasoline, or clothing, the cost of living is increasing significantly. At a time of high unemployment, rising prices trap American families between a rock and a hard place. While rising prices colloquially are referred to as "inflation," true inflation is defined as an increase in the money supply, and all other things being equal, an increase in the money supply leads to a rise in prices. Inflation is and always has been throughout history a monetary phenomenon, and its destructive effects have ruined societies from the Roman Empire to Weimar Germany to modern-day Zimbabwe.

現在、一般のアメリカ人にとって物価の上昇以上に重要なトピックはおそらくないでしょう。食べ物、ガソリン、洋服など、生活費が大いに上がっています。失業率が高い中で、物価の上昇は一般のアメリカの家庭を苦境に陥れています。私たちは通常、口語的に物価の上昇を”インフレ”と表現していますが、インフレの本当の定義は、通貨の供給が増えるということです。そして、通貨の供給が増加すれば、物の値段が上がるのです。歴史上ずっと、インフレとは通貨によって引き起こされる現象なのです。そしてインフレの持つ破壊的な力は、古くはローマ帝国から、ワイマールドイツ、そして近年のジンバブエといった数々の社会を崩壊させてきました。

Blame for the most recent round of price increases has been laid at the feet of the Federal Reserve's program of quantitative easing, and rightly so in my opinion. This program, known as QE2, sought to purchase a total of $900 billion in US Treasury debt over a period of 8 months. Roughly $110 billion of newly created money is flooding into markets each month, markets which still have not fully recovered from the financial crisis of the last few years. Banks still hold billions of dollars in underperforming mortgage-backed securities on their books, securities which would render numerous major banks insolvent if they were "marked to market." These nervous banks are hesitant to loan out further money, instead holding well over a trillion dollars on reserve with the Fed. Is it any wonder, then, that the Fed's new hot money is flowing into commodity markets?

一番最近の物価の上昇は中央銀行の量的緩和計画が原因だというのが私の見解です。この計画は量的緩和2(QE2)と呼ばれ、8ヶ月で9千億ドルのアメリカ国債を買うというものです。大体、毎月1千億ドルの新しく作り出されたお金が、過去数年の金融危機から完全に回復していない市場に流れ込んでくるのです。銀行は帳簿上で数十億ドルを価値が下がってしまったモーゲージ証券(住宅ローンで保障された証券)で持っています。それらの証券は、もし時価で評価されれば、数え切れないほど多くの銀行を破産に追い込むものです。神経質になっているこれらの銀行はお金を貸すことに消極的です。なので代わりに1兆ドル以上の準備金を中央銀行と一緒に持っています。そうなると、中央銀行が作った新しいお金が商品市場に流れるのは当然のことです。

The price of cotton is up more than 170% over the past year, oil is up over 40%, and many categories of food staples are seeing double-digit price growth. This means that food, clothing, and gasoline will become increasingly expensive over the coming year. American families, many of whom already live paycheck to paycheck, increasingly will be forced by these rising prices into unwilling tradeoffs. Rising prices lead to consumers purchasing ground beef rather than steak, drinking water rather than milk, and choosing canned vegetables over fresh. Clothes are worn until they are threadbare, in order to conserve money that keeps food on the table and pays the heating bill. While some might argue that this new frugality is a good thing, frugality is virtuous only when it results from free choice, not when it is forced upon the citizenry by the Fed's ruinous monetary policy.

昨年、綿の価格は170%上がりました。原油は40%以上上がり、主食とされる沢山のカテゴリーのものの価格が数十パーセント上昇しています。これは、食べ物、洋服、ガソリンの値段がこれからどんどん上がっていくことを意味しています。多くのアメリカの一般家庭は毎月の家計のやりくりに苦労していますが、彼らは上昇する物価にさらされ、やがて望まない取引をしなくてはならないようになります。(訳者コメント:望まない取引とは、例えば、家を売って賃貸アパートに引っ越すなど)物価の上昇は、消費者にステーキの代わりにひき肉を買わせ、ミルクの代わりに水道水を飲ませ、新鮮な野菜の代わりに缶詰の野菜を選ばせることになります。それでも食べ物をテーブルに乗せ、暖房費を支払わなくてはならないので、人々は生地が擦り切れるまで洋服を着るようになるでしょう。この新しい質素倹約な暮らしはいいことだと言う人たちもいますが、質素倹約な暮らしは自由な選択の元で選ばれるのであれば美徳ですが、中央銀行の破滅的な通貨政策によって国民に強制された場合には美徳でもなんでもありません。

While the Fed takes credit for the increase in the stock markets, it claims no responsibility for the increases in food and commodity prices. Even most economists fail to understand that inflation is at root a monetary phenomenon. As the supply of money increases, more money chases the same amount of goods, and prices rise. There may be other factors that contribute to price rises, such as famine, flooding, or global unrest, but these effects on prices are always short-term, not long-term. Consistently citing rising demand, bad weather, or energy supply uncertainty while never acknowledging the effects of monetary policy is a cop-out. Governments throughout history have sought to blame price increases on bad weather, speculators, and a whole host of other factors, rather than acknowledging the effects of their inflationary monetary policies. Indeed, tyrants of many stripes have debased their nations' currencies while denying responsibility for the suffering that results.

中央銀行は、量的緩和で株式市場が上がったので、その手柄を自分達のものにしていますが、食べ物価格と商品価格の上昇に対しては自分たちの責任ではないという態度です。エコノミストでさえ、殆どの者は、インフレが通貨によって引き起こされる現象だということを理解していません。通貨の供給が増えれば、より多くのお金が同じ量の物を追いかけ、価格が上がるのです。価格の上昇の要因となるものには他に、飢饉、洪水、不安定な世界情勢などがありますが、それらが物の価格に与える影響は短期的なものであり、長期に渡って価格が上昇したままになるということはありません。物価上昇の原因を、需要が増加したから、天候が悪いから、エネルギーの供給先行きが不安定だから、といい続け、通貨政策の影響について一切触れないのは責任逃れ以外のなにものでもありません。今までの歴史の中で、数々の政府が物価の上昇について、自分たちが行っているインフレを誘発する通貨政策には一切触れず、悪天候、投機筋、などなど他に沢山の事柄のせいにしてきました。実に、沢山の種類の暴君たちが、自分の国の通貨の価値を下げて来ましたが、その結果人々にもたらされた苦しみに対して責任を否定してきました。

The unelected policymakers at the Fed are also the last to feel the effects of inflation, in fact, they benefit from it, as does the government as a whole. Inflation results in a rise in prices, but those who receive this new money first, such as government employees, contractors, and bankers are able to use it before prices begin to increase, while those further down the totem pole suffer price increases before they see any of this new money. By reducing the purchasing power of the dollar, the Fed's monetary policy also harms savers, encouraging reckless indebtedness and a more present-oriented pattern of consumption. Hard work and thrift are punished, so economic actors naturally respond by spending more, borrowing more, and saving less. After all, why save rapidly depreciating dollars?

選挙で人々から選ばれたわけでもないのに、中央銀行で政策を作っているあの人たちもインフレの影響を一番感じない人たちです。というより、彼らはインフレによって得をするのです。政府全体も得をします。インフレは物価の上昇を引き起こしますが、これらの新しく作り出されたお金を最初に受け取る人たち、公務員、請負業者、そして銀行員たちは、物価が上昇する前にそのお金を使ってしまうことが出来ます。(訳者のコメント:例えば値段が上がる前にそのお金で株式市場に投資したり、貴金属に投資したりすることが出来ます。)しかしそのほかの階層構造の下にいる人たちのところにそのお金が到達するころには、物価は上がってしまっています。ドルの購買力を落とすことで、中央銀行の通貨政策は、向こう見ずに借金することや、先のことを考えずに消費するようを奨励し、貯蓄している人たちにも損害を与えます。勤勉と倹約に罰が与えられるので、当然人々はより消費を増やし、借金を増やし、貯蓄を減らします。色々言いましたが、そもそも急速に価値が下がり続けているドルを貯金したって損をするだけですよね?

We must also remember that those policymakers who exercise the most power over the economy are also the least likely to understand the effects of their policies. Chairman Bernanke and other members of the Federal Open Market Committee were convinced in mid-2008 that the economy would rebound and continue to grow through 2009, even though it was clear to many observers that we were in the midst of a severe economic crisis. Chairman Greenspan before him was known for downplaying the importance of the growing housing bubble, even while it was reaching its zenith. It remains impossible for even the brilliant minds at the Fed to achieve both the depth and breadth of knowledge necessary to enable centralized economic planning. As Friedrich von Hayek stated in his Nobel Prize address:

経済に一番影響力を持っている中央銀行の政策立案者たちですが、自分たちの政策がどのような影響を与えるかということを多分一番理解していないのが彼ら自身です。2008年の半ばに、多くの人たちは自分たちが深刻な経済危機の真っ只中にいることを理解していたにも関わらず。バーナンキ議長とFOMCの他のメンバーの人たちは、経済が回復して2009年にかけて成長し続けると確信していました。彼の前のグリーンスパン議長は拡大する住宅バブルが頂点に達した時でもその重要性を軽視したことで有名です。ということは、中央銀行の中で一番頭のいい人たちであっても集中管理された経済の計画を、間違いなく立てて成功させることが不可能であるということになります。Friedrich von Hayekがノーベル賞受賞の挨拶で言いました:

"The recognition of the insuperable limits to his knowledge ought indeed to teach the student of society a lesson of humility which should guard him against becoming an accomplice in men's fatal striving to control society – a striving which makes him not only a tyrant over his fellows, but which may well make him the destroyer of a civilization which no brain has designed but which has grown from the free efforts of millions of individuals."

March 18, 2011

「何かについて解決出来ないとなると、彼の知識がそこまでだということになります。しかし実際にはそういう時こそ社会の生徒として謙虚さを自分自身に言い聞かせるべきです。謙虚な心は社会をコントロールすることを目指ざそうとする人間の闘争心の共犯者となることから自身を守ってくれます。その闘争心は彼を自身の部下だけに対する暴君にするだけでなく、誰か一人の知能によって設計されたものではない、何十万という個人の自由な努力によって作られた文明の破壊者としてしまう可能性もあるのです。」

2011年3月18日

lewrockwell.com

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bebetan

Author:bebetan
UFO:  信じる
自由: 賛成
平和: 賛成
自然エネルギー: 賛成
本:  わら一本の革命

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR