G20の経済的自殺 by ダグ・ケイシー 2012年3月1日

Doug_Casey_0.jpg

ダグ・ケイシーはアメリカで有名な投資家、作家、実業家です。
70年代にオーストリア経済学に基づいて書かれた彼の本、Crisis Investing(危機投資)はニューヨークタイムスのベストセラーになりました。
彼は経済分析を行うCasey Researchという会社の創設者兼社長であり、ゴールドの採掘会社や他に数々の会社を持っています。
現在アルゼンチン在住

------------------------------------

Doug Casey on G20 Economic Suicide

ダグ・ケイシーがG20の経済的自殺について語る



L: So Doug, the G20 declared that there will be no currency war. Other than a belly laugh, any reactions?

L(インタビューする人):ダグ、G20が通貨戦争なんてないと宣言したけど。大笑いする以外に何かリアクションある?

Doug: First, we should define what a currency war is. I'd say it's a competition between governments to devalue their respective currencies, accomplished by creating lots more new dollars, euros, yen, or what have you. The idea is to increase exports and decrease imports, with the supposed bonus of stimulating the economy. It's an idiotic idea, proof that the people struggling for control of the world's economy are both knaves and fools. The worst part is that people apparently think somebody actually can and should try to control the economy. The world is imitating Argentina.

ダグ:まず、通貨戦争を定義しないとダメだね。通貨戦争とは各国の政府がドル、ユーロ、円などの通貨を大量に発行して、他の通貨より自国の通貨の価値を下げようとする競争だと、私は定義する。その目的は輸出を増やして輸入を減らすということだよ。通貨が大量に増えることで経済を刺激するという良いおまけも付いてくる、と彼らは言っている。これは知能障害でも抱えてるんじゃないかと思うほど、バカな考えだよ。その証拠に、世界経済をコントロールしようとして四苦八苦してる連中は悪党とバカしかいない。一番最悪なのは、人々が、「世界経済をコントロールすることが誰かに出来る。誰かがコントロールするべきだ。」と考えているところだ。世界はアルゼンチンの真似をしている。

I believe that Argentina is still a member of the G20, although hanging on by its fingernails. It would be interesting to see the transcript of the meeting and see what the Argentine representative said, because they're inflating the currency down here at a rate of about 30% per year, even while they're trying to maintain an artificial exchange rate. My suspicion is that the general level of economic knowledge, competence, and ethics among the participants of that conference is not much above that of Argentina.

アルゼンチンはまだG20のメンバーだけど、爪の先でようやく引っ掛かっている状態だと思う。アルゼンチンの代表が何を言ったのか、会議の議事録を読むのが楽しみだよ。アルゼンチンは国内で年間30%のペースで通貨の供給を増やしてインフレを起こしている、なのに為替相レートを人工的に維持しようとしている。まぁG20の会議に参加した人たちの経済に対する知識、能力、倫理観も大体アルゼンチンレベルだと私は思ってるよ。

L: That may be, but it strikes me as being... just so ridiculous. I mean, the US is printing money by the helicopter load and sending much of it abroad, which prompts other countries to try to do the same. Bernanke says it isn't so, but everyone can see it is. How can they say there's no currency war? Is this an attempt at a Big Lie?

L:そうかもしれないけど、でもちょっと驚きだよ、、、だってあまりにもバカじゃない?だってアメリカはヘリコプターで空から通貨をばら撒くくらいお金を印刷して、そのうちの沢山を海外に送ってる、その結果、海外の国々がアメリカの真似をしだした。バーナンキは「そんなことはない」と言ってるけど、そうだってことは誰の目にも明らかでしょ。それで「通貨戦争なんて存在しない」ってG20はよく言うよね。大きな嘘でしょ?

Doug: The new Japanese prime minister has come out and said that the Bank of Japan needs to redouble its efforts to create new yen. The Chinese are creating yuan in hyperdrive. The Europeans are doing the same with the euro. In the US, they're printing new dollars at a rate of about 100 billion per month. And that's just among the four big players. It's as though they believe their own lies and think that the driving force of an economy really is public opinion. Believing that, they have no problem admonishing people to pay no attention to the man behind the curtain; everything will be fine as long as people believe it will be.

ダグ:日本の新しい首相の安倍晋三は、公の場に出てきて、日銀は新しい円を作り出すために今までの倍の努力をしなくてはいけないと言った。中国もものすごい勢いで元を作り出している。ヨーロッパはユーロで同じことをしてる。アメリカでは毎月1000億ドルを新しく印刷している。でもこれらは大きな4つの参加者の間だけのことだ。まるで彼らは、自分たちがついている嘘を本当に信じていて、国民の意見が経済を動かす原動力になると思っているかのようだ。彼らは自分たちの嘘を信じているので、カーテンの後に隠れている人物に疑いの目を向ける人々に「気にするな」と平気で言うんだよ。「何の問題もないと国民が思っている間は何の問題もない」っていう考え方だ。

This reminds me of the story of the guy who jumps off a 100-story building and yells as he passes the 50th floor, "So far, so good!"

100階建てのビルから飛び降りて50階の高さのところで、「今のところ何の問題もないよ!」と叫んで堕ちていく男の例え話があるだろう?それを思わせるね。

L: Does anyone even know if it's possible for the G20 economies to grow at a rate that would make their deficit/debt levels manageable?

L:各国の負債が管理可能なレベルに到達するまでG20の経済を成長させることが可能か不可能か、誰も知らないのかな?

Doug: I understand that it would take growth on the order of what made China famous in the previous decade, but if anything their growth rates are going down. I think they are heading toward collapse. That's in part because of the ongoing currency debasement, but also in part because the inevitable response of these governments to the harmful effects of that debasement is to impose more rules, regulations, and controls.

ダグ:過去10年で有名になった中国の成長のレベルでG20が成長出来るなら可能だと思うけどね。でも実際には成長のスピードは落ちてきている。私は彼らは崩壊に向かっていると思う。その理由の一部は彼らが通貨の価値を下げていること、そしてもう一つは通貨の価値が下がって悪影響が出た際に、これらの政府が間違いなくより多くの法律や条令を作り、社会をよりきつくコントロールしようとする、そのせいだ。

Consider again the example of Argentina. The government here recently made it illegal for newspapers to publish advertisements that include prices for things like food. Since Argentina now has price controls for food, they say it's unnecessary and will only excite the public. This is the kind of thinking that permeates the economic establishment today. Everywhere.

もう一度アルゼンチンの例を取り上げよう。アルゼンチン政府は最近、食べ物などの価格を表示した広告を新聞に載せるのを法律で禁止した。アルゼンチンでは現在、食べ物に対して価格制限がなされているので、価格を表示するのは不必要だし、国民を刺激するだけだ、と政府は言っている。この考え方は経済を支配している上層位の連中に充満している。世界中どこでも同じだ。

I should pause and emphasize, however, that as difficult as Argentina is for doing business, it's a fantastic place to live. I doubt that will be true of the US in a few years.

ちょっとここで言っておかなくてはならないけど、ここ(アルゼンチン)はこんな状態なのでビジネスをするには大変な場所だけど、住むには快適で楽しい場所だよ。でも数年後のアメリカはアルゼンチンのように快適で楽しい国にはならないだろうと思うけど。

L: Sounds pretty crazy, and this is a place that already prosecutes journalists for publishing inflation statistics that contradict those of the government. It does seem par for the course worldwide, however, for governments to intervene in the marketplace, cause disruptions, and then use those disruptions as mandates for establishing new regulations and laws.

L:なんだか信じられない話だけどね。だってここ(アルゼンチン)は政府が出すインフレの統計と合わない統計を載せるジャーナリストは起訴されるようなところだからね。でも政府が市場に介入して混乱を起こし、そしてその混乱を利用して新しい法律や条令をつくるというのは、よくあることだと思うね。

But Doug, let me push back a little here. You've been saying for some time now that we are on the verge of exiting the eye of the storm. I look at the data, I look at the logic, and I can't disagree with you, but this has lasted several years now… Why should anyone think it's going to happen now?

でも、ちょっと聞きたいんだけど、前から何度もダグは「もうすぐ私たちは台風の目から出て、また嵐のど真ん中に放り込まれるよ」といってるよね。僕は論理的にも、数字的にも、あなたと同じ考えだけど、同じ状態がもう3年くらい続いてるよね、、、じゃぁ、なぜ、台風の目から出るのが今だと言えるのかな?

Doug: Fair question. I could point out that the recent negative GDP numbers from Germany – and all of Europe – are extremely bearish: the endgame for the EU can't be too far off. A number of large US retailers are closing scores, even hundreds, of stores. The earnings of fast-food outlets are falling as people find they can't afford to eat out. But still, even if the natives are restless, they're still not out in the streets with their torches and pitchforks. Perhaps this summer…

ダグ:もっともな質問だ。最近のドイツのGDPがマイナスだったとか、ヨーロッパの全てのGDPが非常に弱いとか、それらを理由に挙げることが出来る。EUにとって試合終了はそんなに遠くないはずだ。アメリカの大きな小売業の会社が何百もの店を閉店させている。人々は外食するお金がないので、ファーストフード店の売り上げですら落ち込んでいる。でも人々は不安になってはいるが、街中で怒り狂った暴徒とはまだ化していない。もしかしたらこの夏にはそうなるかもしれないけどね、、、

But really, this is an almost philosophic question. The economy consists of the values and actions of seven billion people, all doing different things for a million different reasons. It's hard enough to make any prediction about such a complex system; it's extremely difficult to get both the prediction and the timing of the events right. That said, I admit to sometimes conflating the imminent with the inevitable.

でもこれは哲学的な質問だと言ってもいいと思うよ。経済は70億人の人間の価値観と行動によって成り立っているんだよ。70億人のそれぞれが、それぞれの理由をもって、互いに違うことをしてるんだよ。それだけ複雑なシステムがこの先どうなっていくか予測するだけでも十分難しいことだ。その上、物事が起きるタイミングまで正確に予測するにはきわめて困難だ。まぁしかし、「避けられないこと」と「今すぐやってくる」という2つの言葉を、同じように自分が使ってしまっているのは認めるよ。

L: It's like a sort of Heisenberg's uncertainty principle for economics.

L:なんだかハイゼンバーグの経済の不確実性の原理に似てるね。

Doug: That's a good analogy. People may be growing tired of hearing me predict the same gloomy near-term economic outcome, but that doesn't make me wrong. Here at Casey Research, we have an economic model of the way the world works. It's not our model exclusively (people who would like to know more should do a search for "Austrian economics"). This model has been shown to be correct and to have excellent predictive power time and time again over the last century. It's been shown to be totally correct in the recent past as well. But knowing you're right doesn't necessarily give you the power to know when you will be proven right. It's just not possible to be absolutely certain when something inevitable like this has in fact become imminent. We're talking about predictions that are far more complicated than predicting at 11 o'clock that the hands on the clock will point at the number 12 in an hour.

ダグ:それはいい例えだ。私がいつも、悲観的で経済の終わりが近いと繰り返し言っているのを聞くことに、みんな疲れてしまってるかもしれない。しかしだからといって私が間違っているということにはならない。私たちの会社ケイシーリサーチでは世界がどのように機能しているか、経済的なモデルを使って分析している。これは私たちだけが使っているモデルではない(もっとこのモデルについて知りたい人は、”オーストリア経済学”を検索するといい)。このモデルは今まで正しいと証明されてきた上に、過去1世紀以上に渡って、何度も予測を当て続けてきた。近年起きたこともこのモデルは完璧に予測してきた。しかし何が起こるか完全に予測出来ても、いつそれが起こるかは完全には予測出来ない。絶対に避けては通れないことが確実だと分かっていても、それが明日起きるとかまでは予測出来ない。

Despite the difficulty, it's very important to have a model that has predictive power; seeing where things are going is extremely valuable, even if you can't be sure exactly when things will happen.

そういう問題はあるが、予測する力を持っているモデルを持つということはとっても重要なことだよ。物事がどこへ向かっているのかが見えるということはとてつもなく価値のあることだ。それらがいつ起きるのか完璧にわからなくてもね。

L: It's certainly got to be better than a model predicated on assumptions that are defined by the whims of politicians.

L:政治家の思いつきによって定義づけされたただの仮説を前提としたモデルよりいいのは確かだよね。

Doug: Quite right. I'm sorry if some people are perturbed by our inability to make things happen on a certain time schedule, but I think they should look at our track record and give us some credit for being right about how things are happening. We predicted the debt crisis, the currency crisis, the housing crisis, and the direction of precious metals – accurately and years before others. I think we will soon be shown to be absolutely correct about the direction of the bond market, which is now peaking. It may sound brash, but I feel quite certain that will be shown to be right on all the major trends we are now predicting.

ダグ:そうだ。私たちが予測したことが、予測したタイミングで起きなかったために、死にそうな目に遭った人がいたら申し訳ない。しかし過去の記録を見て、私たちがどれだけ的確に何がどのように起きるのか予測を当ててきたことを評価してもらいたいと思うよ。私たちは負債によって起きる危機を予測した、通貨危機も予測した、住宅バブル危機も予測した、そして貴金属の価値が上がるのも予測した、的確に、しかもそれらを同じように予測した他の人たちより何年も早くにだ。もう暫くすれば、今ピークを迎えている国債の行方だが、それについても私たちは完全に正しかったと言われるようになるだろう。ずうずうしいと思われるかもしれないが、私たちが今予測している大きな流れの行方を全て当てたと将来人々が認識するのは確実だと思っている。

L: Back to the G20: as ridiculous as their denial of the currency war currently under way is, the conclusion they drew is no laughing matter. Just as you said, despite their denials, they claim the situation requires new currency controls. The noose tightens.

L: G20の話題に戻る:現在起きている通貨戦争を否定するほどのバカぶりだけど、その結果彼らが導き出した結論は笑えないよね。通貨戦争の存在を否定したにも関わらず、現在の情況は新しい通貨管理を必要とするだってさ。要するにがんじがらめだよ。

Doug: Yes. Despite what they say, these people clearly feel an urgent need to gain control of the situation. They've caused immense chaos, and at some level they probably know it. Of course, they would never dream of accepting responsibility and rolling back any of their economically suicidal policies. Their only response – always and ever – has to be new rules and regulations. They are clamping the lid on the pressure cooker even tighter. These people are truly stupid, in the clinical sense of that word. No matter how badly their meddling backfires, their answer is always more meddling. I'm sorry I can't tell you the day and the hour this thing will blow, but I'm absolutely certain it will.

ダグ:そうだ。彼らは本当は現在の情況を早急にコントロール出来るようにしなくてはならないと感じている。自分たちの手でとてつもない混乱を作り出したことをある程度認識してるだろう。もちろん、だからといって絶対にその責任は認めないし、経済的自殺にむかっている自分たちの政策を一つも変えないよ。歴史上こういう場合には彼らの回答はいつも同じだ。彼らの唯一の回答は、”新しい法律と条例”だ。まるで圧力鍋のフタをより強く締め付けるようなものだ。馬鹿という言葉のその意味そのまんま、この人たちは本物の馬鹿たちだ。彼らの干渉がどれだけ逆効果を生もうと、彼らの答えはいつも、”より多くの干渉”だ。この状況が何日の何時に爆発するか私に分からないのは申し訳ないが、必ず爆発することだけは確かだ。

L: How can they be so blind?

L: なんで彼らはそんなに目が見えてないのかな?

Doug: Bastiat explained it 200 years ago. They see only the immediate and direct consequences of their actions and pay no attention to – or deny – the delayed and indirect consequences of their actions. If the United States, say, devalues its currency by 20%, an immediate effect inside the United States is that everything is 20% cheaper for foreigners. Labor and products are cheaper for foreigners, so exports may increase and make it seem like the economy is getting a great boost.

ダグ:バスティアト(Bastiat)が200年前に説明してるよ。彼らは自分たちのしたことに対して即時に出た直接的な結果しか見ないんだよ。時間が経ってから出る、間接的な結果には目を向けない、或いは否定する。例えば、アメリカが通貨の価値を20%下げたら、国内で即時に出る結果は、外国人がアメリカ国内で買い物すると全てのものが20%安くなるということだ。外国人にとって、アメリカの労働力と製品が安くなるのだから、輸出が伸びる、そしてまるで経済が大きく持ち上がるかのように見えるんだよ。

But this is typical fallacious economic thinking. There are extremely important delayed and indirect effects that are ignored in such a case. Among them is that people don't want to save a weak currency. If people don't save, you can't build capital, and without capital it's impossible to have investment, and progress is diminished. Another ignored consequence is that domestic businesses face increased import costs. Politicians may shrug that off, saying people can buy American cars instead of German or Japanese cars, but many businesses rely on equipment, technologies, and raw materials from abroad. Moreover, all businesses, families, and individuals consume energy, much of which is imported from abroad. Further, if the currency is devalued 20%, it means Americans can buy that much less of foreign businesses, and foreigners can buy that much more of US businesses. Frankly, I couldn't care less what the nationality of buyers and sellers might be. But Americans will be hurt by a weak US dollar as surely as Zimbabweans were hurt by a weak Zim dollar.

でもこれは誤った経済的考えの典型だ。この場合、とてつもなく重大な間接的結果が後から出てくることが無視されている。その一つに、人々が価値が下がっていく通貨を貯金に回すことを止めるということがある。もし人々が貯蓄しなくなったら、資本を作ることが不可能になる。資本がなければ投資が出来なくなるので、成長が止まる。間接的な結果として他には、輸入品の値段が上がるので、国内で商売する人たちにその負担がのしかかる。政治家たちは「じゃあ、ドイツや日本の車の代わりにアメリカ製の車を買えばいいじゃないか」と言って逃れようとするかもしれないが、多くのビジネスは海外から備品や技術や原料を輸入している。それだけじゃない、全てのビジネス、家庭、そして個人は原油やガスなどのエネルギーを消費している。その殆どは海外から輸入されている。そしてもし通貨の価値が20%下げられれば、それだけ少ない海外のビジネスしかアメリカ人は買うことが出来ないが、外国人はそれだけ多いアメリカのビジネスを買うことが出来るようになる。正直言って、私は買う人、売る人の国籍には全く興味はない。でもジンバブエ人が弱いジンバブエドルで苦しんだのと同じように、アメリカ人も弱いアメリカドルで苦しむことになる。

People forget that in 1971, when Nixon devalued the dollar, the Swiss franc was $0.23, and the German mark was $0.25; today they're $1.08 and $1.31, respectively. The Japanese yen was 300 to the dollar; today it's about 90. The success of these countries was partly because of strong currencies. A strong currency helped them become rich and prosperous. Of course, most governments are now deeply in debt, and that's a powerful incentive to destroy their currencies.

人々はもう忘れてしまったが、1971年にニクソンがドルの価値を下げた時、スイスフランは$0.23だった。ドイツマルクは$0.25だった。今ではスイスフランは$1.08で、ドイツマルク(ユーロ)は$1.31だ。日本円は1ドル300円だった。今では大体90円だ。これらの国の成功の一要因は通貨が強くなったからだ。強い通貨が彼らを金持ちにし、成功に導いたんだよ。もちろん、今では政府の殆どは借金まみれだ、そしてそれは自国の通貨を崩壊させる強い動機になっている。

L: The very currency war the G20 is denying.

L: G20が存在を否定した通貨戦争そのもののことを言ってるんだね。

Doug: Yes, and the result is that you don't just get one currency devaluing, but all currencies devaluing against real assets, commodities, goods, and services. I do believe that within the foreseeable future all these paper currencies are going to be devalued to zero – in other words, they will reach their actual intrinsic values.

ダグ:そうだ。そしてその通貨戦争の結果、一つの通貨が下がるのではなく、全ての通貨が実物資産、コモディティ(一次産品)、商品、そしてサービスに対して下がるんだよ。私はそんな遠くない未来にこれらの紙の通貨は全て0まで価値が下げられると思っている。ゼロ、それは別の言い方をすれば、紙のお金の本来の価値だ。

This is extremely serious, because the productive people of the world – the ones who actually consume less than they produce and save the difference, which is what all economic growth and progress depends upon – will be wiped out. When their savings vanish, it's going to create a social and political earthquake right off the Richter scale.

これは本当に重大な問題だ、なぜなら世界中の生産的な人々、消費するより多く生産して、その差額を貯蓄に回す人たちのことを言うのだが、全ての経済的成長と進歩は彼らによってなし遂げられている。しかし、その人たちこそが絶滅に追い込まれるのだ。

L: Okay, but I'm not going to let you off the hook here. Tune in to your guru sense please, and tell us: Do you still see 2013 as the year when the global economic house of cards starts visibly falling apart?

L: 理解したよ。ちょっとここで別のことを聞きたいんだけど、トランプカードで作られたグローバル経済の家が2013年に目に見えて倒れてゆくだろうって言ってたけど、今でもそう思ってる?

Doug: Well, never say never. Almost anything is possible. I don't think it will happen, but I can't say it's impossible that government efforts around the world to paper over the crisis won't succeed for a while longer. But even if that were to happen, it would only make the ultimate crisis that much worse.

ダグ:まぁ絶対にないとは言えないね。何が起きてもおかしくないからね。でも2013年には起きるとは今では思っていない。でも、世界中の政府が紙を印刷して配ることでこれからそんなに遠い未来まで危機を回避出来るわけがないからね。もしそれが長く続けられたとしても、それは最終的にやってくる危機をずっと悪くするだけだけどね。

Here's what it boils down to: if you see a tidal wave coming at you and you're not exactly sure when it will hit, it doesn't actually matter. You've got to get out of its way. You've got to get to high ground. Period. This is the bottom line for me. Stating this as loudly and clearly as possible is my role in today's economic discourse.

まとめて例えるなら、君のところにいつか津波が来るのを知っているとする。でもいつ来るのかは分からない。でもそんなのどうでもいいことだよ。とにかくその場所から移動することが大切だろ?もっと高い場所に移動しないとダメだ。それだけだ。これが私の最終結論だ。大きな声で明確にこれを言うことが、今日の経済についての会話の中での私の役割だ。

L: When it comes to a house of cards like this, it's better to be a year early than a day late.

L: トランプカードで出来た家のように不安定な今の状況では、1日遅いより1年早いほうがいいってことだ。

Doug: It's like Rick says in Casablanca: "If that plane leaves the ground and you're not with him, you'll regret it. Maybe not today, maybe not tomorrow, but soon and for the rest of your life."

ダグ:カサブランカの中でリックが「あの飛行機が地上を離れたらあなたは彼と一緒になれない。あなたは後悔するでしょう。今日は後悔しないかもしれない。明日も後悔しないかもしれない。でも近い将来、そして一生後悔することになるでしょう。」って言ったのと似たようなものだよ。

I hate to sound like a broken record, but the investment implications remain very clear: sell bonds; general equities are overpriced; real estate is dangerous. Gold and silver aren't cheap, but they're the only safe havens available right now. Well, I could add productive farmland to that short list, but it takes a lot of management – owning precious metals is much simpler.

もう壊れたレコードのように何度も言うのは私も本当にイヤなんだけど、投資予測はとても明確だ。国債は売れ、一般的な株は値段が高すぎる、不動産は危険だ。ゴールドとシルバーはもう安くはない、でも安全な逃避先は現在それだけだ。まぁ生産性の高い農地も良い逃避先のうちにはいるけど、管理するのが大変だからね。貴金属を保有するほうがより簡単だ。

L: Okay Doug, I appreciate your candid responses. We'll talk again soon.

L: オーケー、ダグ、率直な意見をありがとう。また近いうちに話そう。

Doug: My pleasure, as always.

ダグ:どういたしまして。

March 1, 2013
2013年3月1日

lewrockwell.com


にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bebetan

Author:bebetan
UFO:  信じる
自由: 賛成
平和: 賛成
自然エネルギー: 賛成
本:  わら一本の革命

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR