「財務省が国債の入札をした日に、日銀が国債買い入れを表明した。日銀による直接引き受けに極めて近い」

「長期金利上昇は極めて深刻」アベノミクスに細野氏、懸念示す

2013.5.25 20:25
 民主党の細野豪志幹事長は25日、長期金利の上昇が将来の国債費増大につながり、財政のさらなる悪化を招きかねないとして、安倍政権の経済政策「アベノミクス」に懸念を示した。長野県松本市で記者団に「長期金利の上昇は極めて深刻だ。財政への懸念を大きくするような経済政策は良くない」と述べた。

 同時に、日銀による大規模金融緩和に関し「財務省が国債の入札をした日に、日銀が国債買い入れを表明した。日銀による直接引き受けに極めて近い」と批判。財政再建への姿勢を示すため、政府に対し中期的な予算の大枠を定める「中期財政フレーム」を参院選前に提示するよう求めた。

(訳者のコメント:日本では日銀法により、日銀が国債を財務省から直接買うことは禁止されているそうです。しかし日銀法改正をしなくても法に触れずに直接引き受けとほぼ同じ状態に出来るし、すでにそうなっているということのようです。)

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bebetan

Author:bebetan
UFO:  信じる
自由: 賛成
平和: 賛成
自然エネルギー: 賛成
本:  わら一本の革命

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR