政治家はいつも誰か非難を向ける対象を見つけようとするんですよ ジム・ロジャーズ 2013年6月17日



D:先週出てきた2つのニュースのうちの一つについてまずお聞きします。ドイツ銀行がシンガポールに新しくゴールドの保管場所を作るそうです。200トンまで保管することが出来るそうです。そして中国は国内の取引所で扱われる2つ商品をゴールドで裏付けることを承認しました。これら両方の商品の取引は増えてきています。ジム、これらの商品が売れているという事実がゴールドの需要に対して送っているメッセージは何ですか?

ジム:私はシンガポールに住んでいます。はい、ドイツ銀行はシンガポールにゴールドの保管所をオープンさせました。他にもシンガポールにゴールドの保管所をオープンさせた人たちがいますよ。彼らがそうした理由は様々ですが、多くの人々はゴールドや資産をヨーロッパから引き揚げたいと思っています。中国に関しては、はい、中国国内では数年前からゴールドに対して大きな需要があります。私は中国は近い将来に、世界一ゴールドを買っているインドを抜くと思っています。その理由の一部は、インドでは人々がゴールドを買わないように、或いは買う量を制限するように、政治家が出来るだけの努力をしているからです。

D:そうです、インドの財務大臣が国民に対して彼らのゴールドへの需要を下げるように何度も繰り返し言っています。彼は「大量のゴールドの輸入は、現在の負債を増大させ、インドルピーの価値を下げるのでインド経済にダメージを与える。」と言っています。ジム、この財務大臣の考え方についてどう思いますか?

ジム:政治家はいつも誰か非難を向ける対象を見つけようとするんですよ、ダニエラ。メディアだとか、農家だとか、誰か他の人をね。インドは原油とゴールドを輸入しすぎています。そして彼らはそれらに対して何も出来ない。だから彼らはゴールドを非難することにしたんですよ。自分たちの問題の責任をゴールドになすりつけてゴールドを非難することにしたんですよ。政治家は自分たちの政策のせいでこれらの問題が起きたんだから辞めなくてはいけないですよ。
でも彼らは国内でのゴールドの需要を下げさせようとしている。先週、彼らは言ったばかりですよ、もしゴールドに対する需要がこれでも下がらなかったら、もっと対策を取るってね。これがゴールド市場が弱くなっている理由の一つです。フランスも似たようなことをしています。そしてドイツも。これはおかしな話ですよ。政治家はいつも誰か他の人や物を非難しようとするんですよ。

D:昨年12月に話した時に、あなたはゴールドは2011年から上がってないが、価格修正が起きても驚かないと言っていました。そして5月にゴールド価格が急落しましたが、今現在あなたはゴールドについてどう思っていますか?

ジム:ゴールドに価格修正があったのはいいことですよ。12年も価格が下がらなかったんですから。どんな商品でも12年間も価格が上がり続けるなんて普通ではないことですから。ゴールド価格が修正されてホッとしていますよ。でなければ、大惨事になり得ますから。現時点では多くの人々がゴールドに対して弱気になっていますから、買ってもいいと思いますが、少しだけです。あまり沢山は買いません。もしこれから価格が上がっても、私はすでに十分持っていますし、ここから価格が下がればもっと買います。まぁでもとにかく、今は底値に近い状態だと思います。なぜならゴールドにとても弱気な人が沢山いますから。急に弱気な人たちが現れたのは驚きですが、とにかく沢山いますよ。

D:ゴールドに弱気な人々の話しが出ましたが、エコノミストのヌリエル・ルビーニ氏が今後2年間でゴールドは1000ドルまで下がると言っていましたが、どう思いますか?

ジム:ルビーニ氏は全ての予測をはずしていますよ。一度だけ当たったときがありましたが、その時でさえ、理由が間違っていました。なので私は彼の発言に一切注意を払いません。彼はゴールドについて何も知らないと思います。彼は「ゴールドは絶対に2000ドルにならない!」と断言していましたが、1920ドルにまで行きました。これは2000ドルにかなり近い数字です。なので、もしあなたがアドバイスが欲しいなら、ルビーニ氏よりKitcoからアドバイスを得るほうがいいでしょう。

D:ジム、あなたは「ゴールドが下がればもっと買う」と言っていましたが、4月にだいぶ価格が下がりました。この価格の下落はあなたの気を引きましたか?

ジム:少しのゴールドと少しのシルバーを買いましたよ。当然、私の気を引きましたよ。たったの1,2週間で何かの価格が30%も下がれば当然私の気を引きます。

D:あなたはプラチナとパラジウムを持っていますか?

ジム:はい、プラチナとパラジウムを持っています。ゴールドのほうをより沢山持っていますがね。でもそれらの金属も持っています。それらに対しては楽観視しています。特に今これらの金属の原産国であるジンバブエや南アフリカが経済的に良くないですから。これから良くなるかも知れませんが、悪くなるかもしれないですからね。

D:ジム、これらの新興成長市場の通貨が直面しているプレッシャーに対して注目していますか?これはゴールド価格を押し上げる要因の一つになりますか?

ジム:通貨にプレッシャーがかけられる時は常に、お米、シルバー、ゴールド、なんであっても、実物資産にとってはいいことです。通貨の価値が下げられている状況の中では、人々は自分自身を守るための物を欲しいと思うんです。そしてゴールドとシルバーが殆どの人々にとっては一番簡単な手段なんです。

D:では、最後に投資家たちに何かアドバイスをお願いします。

ジム:そうですね、政府はゴールドに否定的です。私が言ったように、フランスとドイツはゴールドの購入に制限をかける方策をとろうとしています。そしてインドに関してはそれは明確です。しかし、もしゴールド価格が下がれば私はもっと買います。申し訳ないが、私は自分のゴールドを売りませんよ。なぜなら2,3年後にはゴールドはもっともっと高くなりますから。今は有史以来初めて世界中のメジャーな中央銀行がお金を印刷して同時に通貨の価値を下げている状況なんです。あなたのゴールドを売ってはいけませんよ。

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bebetan

Author:bebetan
UFO:  信じる
自由: 賛成
平和: 賛成
自然エネルギー: 賛成
本:  わら一本の革命

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR