これは見え透いた芝居ですよ、これは見せ掛けの芝居です by ジム・ロジャーズ 2013年10月1日




I:アメリカ政府のシャットダウンですが、今回のは今までのとは違うと多くの人たちが言ってますが、私たちは大惨事を目の当たりにしているのでしょうか?それとも全ては大丈夫なのでしょうか?

ジム:まぁ、私としては、政府がシャットダウンするのは素晴らしいことだと思いますよ。沢山のお金を無駄遣いから救い出すことが出来ますし、沢山の公務員を辞めさせることが出来ますから。しかしこれがこのまま続くかというと絶対にそうはなりません。彼らは暫くこのゲームを続けて、私たちみんなを騙すんですよ。私はこれ(政府のシャットダウン)に注意を払っていません。これは見え透いた芝居ですよ、これは見せ掛けの芝居です。

I:なるほど。しかし債務は増え続けており、債務の上限はまだ決定されていません。アメリカはデフォルト寸前だと言えますか?

ジム:いいえ、アメリカはデフォルト寸前ではありません。なぜなら、彼らは好きなだけ通貨を印刷出来るんですから。はい、アメリカは世界史の上で最大の債務国です。今までの世界の歴史の中で一番です。誰も今までここまでの借金を抱えたことはないんです。そして債務はどんどん増え続けています。しかしアメリカはデフォルトしません、あと2~3年はね。なぜなら彼らは好きなだけ通貨を印刷することが出来るからです。でもロシア人や中国人や他の多くの人たちがそのうち、「ちょっと待て、これはおかしいじゃないか!」と言い出します。なので最終的にはデフォルトに追いやられることになります。しかしそれは近いうちには起きません。

I:では、ドルはどうですか?政府のシャットダウンが影響を与えていると思うのですが。

ジム:いいえ、今ドルを売買している人の殆どがこれがただの芝居だということを知っていますよ。彼らはこれがメジャーな問題にはならないということを知っています。彼らは短期的には影響が出ることは分かっています。世界中のメディアが騒いでいますからね。しかしドルを売買している人たちはアメリカ政府のシャットダウンにあまり注目していませんよ。

*(中略)*

I:政府がまた動き出すようにするには、議会は何をしなくてはならないのでしょうか?

ジム:どこかの誰かが部屋の裏側に行って、「オーケー、協定が出来たってことにしよう。いつかどこかの時点で支出を減らすことでみんなが合意した、みんなあなたの計画の支持を継続するってことにしよう。」と言って、世界に「全てはうまく行きました。」と気持ちのいい発表をするんですよ。そしてまた政府を再開させ、またお金を使い、また1、2,3年後くらいにまた同じことを繰り返すんですよ。ジュリア、これは今まで何度も起きてきたことなんです。あなたはジャーナリストですから報道しなくてはならないのは分かりますが、これは深刻なことではありません。私はこれが本当に深刻なことであれば良かったのに、と思っています。これが本当に深刻なことであって欲しかった。この状況から何かが本当に起きればいいのにと思います。しかし、残念ながら、現在の状況はここ20~30年の間にアメリカで何度も繰り返されてきたゲームです。

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bebetan

Author:bebetan
UFO:  信じる
自由: 賛成
平和: 賛成
自然エネルギー: 賛成
本:  わら一本の革命

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR