米NSAによる空前の監視体制: 世界各国で危機感が募らないのはなぜか?

米NSAによる空前の監視体制: 世界各国で危機感が募らないのはなぜか?

が、米国では本当にそうした事例が起きている。たとえばツイッターに「今週末、ニューヨーク(だったか、サンフランシスコだったか、筆者がニュース番組で見たときの記憶が定かでないが、とにかく大都市)をぶっ飛ばそうぜ」と書き込んだユーザーが、NSAの監視網に引っかかってしまった。このユーザーは仲間に向かって「週末のパーティで盛り上がろうぜ」という意味でツイートしたらしいのだが、とにかくこれが原因でテロリストと認定されてしまい、誤解が晴れるまで散々な目に遭ったという。

(記事全文を読む)

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bebetan

Author:bebetan
UFO:  信じる
自由: 賛成
平和: 賛成
自然エネルギー: 賛成
本:  わら一本の革命

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR