どっちが先にゼロになるか見ることにしましょう by マーク・ファーバー 2013年5月18日

Mr. Faber’s comment: "You keep your dollars and I’ll keep my gold. Let’s see which goes to zero first."

マーク・ファーバーのコメントです。

「あなたは自分のドルを持ち続けたらいいじゃないですか。
私は自分のゴールドを持ち続けますよ。
どっちが先にゼロになるか見ることにしましょう。」


jsmineset

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

「国の一大時には金、銀、サンゴ綾錦」ハイパーインフレや国家破綻、消滅時、世界恐慌時は紙幣では決済出来なくなる。商品や物々交換で稼げという事です。
地震、台風、戦争、大火時には「人生で一度は明日の食べ物に窮し他人同士が肩を寄せ合う。その時に備えよ。」
災害時には備蓄と相互扶助で凌げという事です。
しかし、こんなに万札ブチマケたら皆、浮れポンチですな。桜の花の如く皆パッと散るのも日本人の美学なんですかね?。
bebetan様、サバイバルまで考慮してるとは、かなり出来ますな。

Re: No title

なるほど。やっぱり商売人のいう事は現実感タップリで重みありますね。
日本のサラリーマンや公務員の「会社が、政府が、誰かが、どうにかしてくれる」とボケーっと思ってる感覚とは大違いです。

> bebetan様、サバイバルまで考慮してるとは、かなり出来ますな。

いえ、オーストリア学派の人たちがみんな数年前から
「もうすぐ生きるか死ぬかの状況が来るから、今のうちに準備しておけ!」
って言ってるので、
「え~?マジで??」
と最初ビックリしたんですが、世界恐慌、ワイマールドイツのハイパーインフレ、戦後日本のハイパーインフレの際に人々がどんな暮らしをしていたかを調べれば調べるほど、
「こわ~」
と思ったんです。

でも食べ物が本当に心配です。。。

No title

非常時の食糧調達ルート非常に重要ですね。

参考までに都内の我が家では通常の備蓄の他、JA柏崎だったかな?で玄米一年分を買い必要に応じ配送して貰ってます。火災での消失や保存上のリスクが軽減出来、精米することで美味しく頂けますよ。田中貴金属のスポット購入みたいな感じですね。
それと庭には梅の木が植えてあり6月には梅干しを作ってます。
それとキウイ「ヘイワード」。ゴーヤに対抗して日よけ替わりに植えたのでが、これは大当たりですね。剛健な樹なので、数千個も実ります。保存も約半年出来、売ってるのと変わらずの美味しさです。ビタミンACEが豊富でご近所、知り合いに配って喜ばれてますよ。非常時には物々交換にも最適・・・笑。
他にはキノコ。釣りが趣味なので、山で倒木を持ってきて、ホームセンターのキノコの菌を打ち込み育ててます。スーパーのより遥かに美味しいですよ。
ほとんど趣味ですが、参考までに。

Re: No title

色々工夫されていて素晴らしいですね。
いずれの恐慌の時は自給自足で生活していた田舎の人たちには殆ど全く影響はなかったそうです。

うちでも色々野菜作ってます^^

まぁ、恐慌になったら仕事もなくなるでしょうし、そしたら田舎に疎開して、畑でも耕して暫く暮らせばいっか=3

とか思ってます。

もうなんだかいつ来てもおかしくない感がプンプンしてるので、私個人としては来年来るだろうと思っています。
プロフィール

bebetan

Author:bebetan
UFO:  信じる
自由: 賛成
平和: 賛成
自然エネルギー: 賛成
本:  わら一本の革命

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR