お金が経済危機を引き起こすってどういうこと? (7) by ピーター・シフ 

以下は2,3年前にロン・ポール主催の集まりでピーター・シフが行ったレクチャーです。
オーストリア学派の基本的な考え方を分かり易く説明しています。


(29:26→33:37)

輸出の本来の意図というのは、仕事を作り出すことではありません。仕事を減らすことです。国が何かを輸出する理由は、何か別の物を輸入するためです。なぜならその輸入した物を消費したいからです。どうやって出来るだけ多くを消費することが出来るんでしょうか?

もし何かあなたが他者より上手く効率的に作れるものがあるなら、他の全ての物を自分で作ろうとするよりも、自分が人より上手く作れる物と、他者が自分より上手く作れる物を交換したほうががいいでしょう?

(訳者:例えば、山に住んでる人が山菜を取ってきて、海のそばに住んでる人が魚を釣ってきて、それぞれの品物を交換するほうが、山に住んでる人がわざわざ海まで出かけて慣れない釣りをして魚を得ようとするより、効率良く欲しい物を手に入れられる、ということです。)

あなたが輸出をする理由は、そうすることで何か他の物を買いたいからです。仕事を得るために輸出するんではありません。そんなことをすれば、あなたのところの労働力を無駄にしているだけです。

で、アメリカが世界の国々と貿易する時何が起きるかというと、彼等は自国で生産した物を私達に送ってきます。で、私達は彼等に「私達はあなた達に渡せる生産物はありませんよ。でも私達は借用書を持っています。ドルのことです。ドルをあなたに渡すことでいいですか?」と言います。すると世界はドルでいいと受け付けるんです。なぜならドルが世界の基軸通貨ですから。多分彼等は「いつかこのドルで何かを買おう」と思っているんでしょう。でも彼等は(私達から)何を買うことが出来るんでしょうか?年々、アメリカで生産される製品は少なくなっています。中国人が買いたいと思う物は全て中国で作られています。(訳者:全てを輸入し続けた結果、アメリカではもう殆ど何も生産されていないということです。)

このような仕組みがずっと今まで続いてきました。

で、今、全てがバブルになってしまいました。全てがインチキ経済になってしまいました。

アメリカ人が自分たちで生産したわけでもない、本来買えないはずの製品を買うために、自分たちが貯めていないお金を借りる、ということを前提にした、インチキ経済です。全てがインチキなんです。

で、アメリカの経済政策の全てはこのインチキ経済を継続するように設計されているんです。

(政府は)このインチキ経済が修正されることを許さないんです。なぜなら、その修正が行われるということは不景気になるということだからです。

私達は沢山の問題を抱えています。アメリカ経済の一番大きな問題は、金利が低すぎるということです。金利は上がらなくてはなりません。金利が上がらない限り、経済復活はありませんし、経済発展もありませんし、生産性の高い仕事を作り出すことも出来ません。金利が上がるととても辛いことになります。なぜならアメリカは巨額の借金を抱えているからです。金利が上がると具体的に何が起こるんでしょうか?

金利が上がれば銀行が破綻します。今度は政府は彼等を救済することは出来ません。不動産市場では何が起きるでしょうか?不動産価格はより下がります。これは下がらなくてはならない、これは修正の一部なんです。不動産価格は高すぎます。今でも高すぎなんです。

金利が上がると政府はどうなるんでしょうか?政府は支出を劇的に減らさなくてはならなくなります。そして今まで売った全ての国債に対してデフォルトしなくてはならなくなるかもしれません。

なぜなら、政府が借金の金利を支払えている唯一の理由は利率がとてもとても低いからです。じゃぁ、金利があがったらどうなるんですか?政府はそんな金利支払えません。ギリシャが国債を償還出来なくなったのと同じように、私達も支払えなくなります。

暫くの間ギリシャの金利は記録的な低さだったんです。で、ギリシャは何の問題もなかった。しかし金利が上がり、今、危機に直面しています。ここアメリカでも同じことが起きますよ。人々は「そんなことはアメリカでは絶対に起きない。なぜなら金利が上がることは絶対にないからだ。」と思っています。しかしそれは不可能なことです。金利は必ず上がります。

金利を人口的に低く抑えることで引き出される結果はなんでしょうか?それは私達が経済をめちゃめちゃにし続けるということです。自由市場の原理が不均衡を修正することを許さず、不均衡を大きくしているんです。


経済刺激策という毒を使えば使うほど、、、経済刺激策とは毒なんです。毒性のある鎮静剤です。最終的に過剰摂取になるんです。

もし金利を低いまま押さえつけたら、誰も貯金しなくなります。価値が下落し続けるお金を誰が貯金するというんですか?なので、貯蓄が損なわれます。そして経済が資本や成長や生産性を作り出す能力を損ないます。そしてとてつもないインフレを生み出します。

政府は暫くの間、インフレを隠すことが出来るでしょう。彼らは意図的に消費者物価指数を低く計算できる計算式を使って指数を低く出しています。この計算式はインチキです。これは数値を低く出すように意図的に作られたものです。彼等がインフレを測定する時、彼等は実際にはインフレを計算しているわけではなく、インフレの影響を算出しています。

しかしどこかの時点で、インフレが明白になり、それが価格に及ぼす大きな影響が明らかになり、政府はインフレが起きていないというフリをし続けることが出来なくなります。

その時、金利が上がるんです。そして大変な事態になるんです。その時が銀行が破綻する時です。

---(訳者)--------------
このレクチャーは3年ほど前に行われたものですが、もう上で説明されている時が来てしまっている、とオーストリア学派の人達が言っています。先日のジム・シンクレアのインタビューでもそう彼は説明していました。これ以上、今までのペースで量的緩和を続けると、ドルが紙切れへ。量的緩和を止めるまたは減らすと金利が上がる。その瀬戸際がもうすぐそこまで来ているそうです。
現在世界一の規模で量的緩和をやっている日本もインフレがすごいことなってきてます。このまま通貨が紙くずになるまで量的緩和を続けるのか、量的緩和を減らすのか、、、多分、安倍政権は紙切れになるまで通貨を印刷するほうを選ぶんだろうなと私は思ってます。
-------------------------

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

「量的緩和を減らすのか、、、多分、安倍政権は紙切れになるまで通貨を印刷するほうを選ぶんだろうなと私は思ってます。」

 → 緩和縮小できる根性など有りませんよ。リフレ派の問題先送り、現状維持攻撃で時間切れリングアウトですよ。

戦後ハイパーインフレでは、新円に切り替えしても借金増やし続け物価を上げるんですから、全く呆れ返る程、懲りないキチ外ですよ。前科一犯で前回からの教訓、何も学んでませんし、忘れていますよ日本人は。

ワイマールドイツではレンテンマルクに通貨量の上限を設定して抑え込みに成功してます。お利口さんですね。

問題なのは、ロンポールの様な建て直しの出来る人材が皆無なのですよ。日本の政財界にはオーストリア学派と呼べる人間が居るのでしょうか?。私どもは日本では超超少数派ですかね?。私の周囲にはオーストリア学派的な考えの人、皆無ですよ。本当残念です。

どうやらハイパーインフレ確定フィーバーですね。都知事選にはロンポールと書きますよ。・・・涙。

No title

世界の総投資資産は200兆ドルを超えていて、金関連資産はその2%にも満たないみたいですね。

いかに投資マネーが膨張しているか、大変恐ろしい数字だと思います。

金関連資産以外がすべてぶっ飛んでしまうと、金価格はどこまで跳ね上がるでしょうか・・・笑

ハードランディングは望んでいないですが、なんとか穏便に着陸してほしいものです。

Re: No title

日本の政財界にはオーストリア学派と呼べる人間が居るのでしょうか?。私どもは日本では超超少数派ですかね?。私の周囲にはオーストリア学派的な考えの人、皆無ですよ。本当残念です。

わたしは日本は共産主義国だと思ってます。
なので多くの日本人は共産主義者だと思ってます。

私は中国人も好きですし、旧東ドイツで育った友達もいましたし、旧ソ連で育った友達もいました。

なので別にいい悪いって言ってるんじゃないです。

ただ、多くの日本人は共産主義者だと思っているので、オーストリア学派なんて共産主義の対極にあるので、絶対に日本には本当の資本主義は根付かないと思っています。

DNAに組み込まれていないと思ってます。

Re: No title

> ワイマールドイツではレンテンマルクに通貨量の上限を設定して抑え込みに成功してます。お利口さんですね。

ワイマールドイツのハイパーインフレは通貨を土地で裏付けたって聞きました。
お金が紙切れになったあとに、「新通貨できました。」って言われても、国民は信用せず、暫くインフレが止まらなかったって聞いたと思います。で、最終的に政府が国の土地を使って通貨を裏付けたそうです。なぜなら、当時のドイツは破綻していたので、貴金属やら資源やら、実物資産は全くなく、唯一あったのが土地だったからだそうです。それでようやくインフレを押さえ込んだそうです。
 
だから今度ドルが紙切れになったあと、また別の何の裏付けも持たない紙を「お金ですよ」って言っても、インフレは収まらない。
だから、必ずゴールドが通貨の価値を裏付けるシステムに、世界は戻る!
ってオーストリア学派の人々は言ってるみたいです。

No title

確かに日本人は総中流というか、寄らば大樹と言うか、皆、平等でコツコツ頑張る。だからマラソンが大好きなアリさんなのですね。

農耕民族のDNA全開ですね。サボる者がいれば不満を募らせ、秀でた者には妬む。なので、皆でその農耕システム頼る。
国に頼り、会社に頼り、組織に頼る。独立意識や自由が要らないのですかな。貧乏は美徳みたいな所、日本人の短所とおもいますね。
欧米の様な狩猟民族の戦略性や向上心が無いので争えば、毎度負けるですが、それでも懲りもせずコツコツするのですね・・・虚しい。

私は管理、規制、拘束、されるのが大嫌いで、コツコツとか一生懸命とか、頑張るとか苦手です。本来、集団には馴染めないDNAの様で相撲技の「はたき込み」大好きです。背水的で楽天的な性格はご先祖譲りかな。・・・笑。

No title

なるほどレンテンマルクは土地が裏ずけとは。うーん、土地本位制ですな。不動産だいすき、日本人には最適ですかな。ガラ携の様に世界から孤立しますかな。・・・笑。
しかし、ひよっとすると、円資産を奪ってもこれなら国民も納得しますよ。
ゴールドが無いので、土地しか残ってませんから、土地本位制。これ侮れませんよ。

能力のある方の意見ですね。

特に能力がなければ、集団の中で歯車として生きていくしかないんです。
できる人は、なかなかそのへんの事情はわからないでしょうね。

自立したい、独立したい人はたくさんいますよ。
もっと稼ぎたいとも思っているでしょう。

しかし歯車も社会には必要なんですよね。

Re: タイトルなし

> 特に能力がなければ、集団の中で歯車として生きていくしかないんです。
> できる人は、なかなかそのへんの事情はわからないでしょうね。

勘違いされてませんか?

こうでなくてはならないとか言ってませんよ。
「○○はこうである」と言ってるだけですが?

別にそれぞれの能力に応じてみんな好きなように生きていけばいいと思ってますよ。

歯車が必要ないなんてひと言も言ってませんよ。

歯車で生きたければ生きればいいし、独立したければ独立すればいい、それだけです。

ちなみに余談ですが、もし私が「自分には特に何の能力もない」と感じたら、何か人より優れた能力を身につけるために毎日必死の努力をします。

No title

2014-01-17(23:48) : URL yutoです。忘れました。

能力のある方の意見ですね。 → 私、能力無いですよ。前職は損保の社員です。ガンジガラメの歯車の世界ですよ。泣け無しの資産、バブルで皆、吹き飛びましたよ。しかも、大型の年金保険もやられので老後も滅茶苦茶ですよ。同僚からは甘いやら、欲の出し過ぎだの散々で社内の評判も悪くなりましたよ。誰一人、助けてくれず絶望と後悔と反省の日々ですよ。終いにはそのシステムにも居ずらくなり、退職。
どん底人生ですよ。この時の苦しみ普通の人には多分、理解出来ませんよ。
自分の生き方、考え方、全て否定されたのですよ。でもそれも俺の人生。潔く諦めましたよ。
その時、初めて自分の間違いに気ずいただけです。それで考え方を変え、生き方を変えたそれだけですよ。

「人は人、自分は自分されど仲好くしろ」

「苦しい時こそ笑ってろ。人はそういう人間にしかついてこない」

好い言葉を残してくれてます。

何故か今思い出すと若かりし頃が懐かしく思います。

Re: No title

> ゴールドが無いので、土地しか残ってませんから、土地本位制。これ侮れませんよ。

そう考えると土地って本当に価値の高いものですよね。
だってよく考えれば、土地と水さえあれば、畑や田で食べ物を作って、山で木を切ってきて家を建てたり、火を炊いてご飯が作れるわけですから。それだけで人間は生きていけます。

人間にとって本当に一番価値の高い資産は、ゴールドでもなければ、原油でもガスでもない、土地と水なんだと思います。

(だから私は脱原発を応援してます。)
プロフィール

bebetan

Author:bebetan
UFO:  信じる
自由: 賛成
平和: 賛成
自然エネルギー: 賛成
本:  わら一本の革命

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR