驚異的アベノミクス効果に“水を差す”都知事選

驚異的アベノミクス効果に“水を差す”都知事選「脱原発争点化」のリスク
…日本株上昇率は「世界第4位」だというのに


2014.1.20 07:00 (1/3ページ)[マネー&節約]

 日本の株式市場の昨年1年間の上昇率が、世界第4位だったことが米調査会社の調べで分かった。経済成長は道半ばだが、マーケットでみれば、アベノミクスは驚異的な成果。世界経済の回復の波に乗った政権交代への期待と金融緩和の効き目のすごさを実証した形だ。消費税増税の影響を経済対策でしのぎ、持続成長を目指す安倍政権。だが、シナリオに織り込まれていなかった事態が起きようとしている。それは東京都知事選(23日告示、2月9日投開票)をめぐる「脱原発」の争点化。予想し得ない展望に市場には緊張が走っている。       

先進国でトップの上昇率

 「民主党政権時代の不満がいかに強かったか。ようやく証券界の雰囲気もよくなってきた」(大手証券)

 足もとで堅調な株価に安堵(あんど)の声があがる証券業界。平成25年取引を締めくくる大納会の日経平均株価の昨年末からの上昇率は約57%と41年ぶりの高水準で、世界を見回しても市場の好調ぶりは際立った。

(訳者:。。。産経しんぶん。。。。。)

MSN Sankei

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bebetan

Author:bebetan
UFO:  信じる
自由: 賛成
平和: 賛成
自然エネルギー: 賛成
本:  わら一本の革命

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR