損害額を預金から没収するのは、通貨の価値を落として損害を没収するのと、何も変わらない。 by ピーター・シフ

MARCH 22, 2013

Taking Actual Losses On Deposits Is No Different Than Taking Losses Through Devaluation And Inflation

"Many are lamenting that Cyprus’ membership in the EU prevents it from devaluing its own currency to get out of the jam. How would such a course be morally superior? Taking actual losses on deposits is no different than taking losses through devaluation and inflation. Both result in the loss of purchasing power. Asking for a depositor haircut at least deals with the problem honestly and immediately. Although it’s not quite as honest, devaluation can also be effective." - in Market Playground

2013年3月22日

沢山の人々が、「キプロスはEUのメンバーなので、この混乱を乗り切るために(自国で)通貨の価値を下げることが出来ない」、と嘆いています。しかし、そんな手段がなぜモラル的に優れていると言えるんでしょうか?損害額を預金から取りあげるということは、(量的緩和で)通貨の価値を落としてインフレにして損害を取り上げることと、何も変わりませんよ。両方とも、購買力を下げるんですから。預金者に負担をさせるということは、少なくとも問題に正直に即時に向き合うということになります。通貨の価値を下げるというのも効果ありますよ、しかし正直なやりかたではないですけどね。

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bebetan

Author:bebetan
UFO:  信じる
自由: 賛成
平和: 賛成
自然エネルギー: 賛成
本:  わら一本の革命

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR