世界の株式ファンドから流出、米株安への懸念で=バンカメ週間調査

世界の株式ファンドから流出、米株安への懸念で=バンカメ週間調査

[ニューヨーク 7日 ロイター] -7日に公表されたバンク・オブ・アメリカ・メリルリンチ・グローバル・リサーチの調査によると、5日までの1週間に世界の株式ファンドから283億ドルが流出した。

米経済指標が強弱まちまちとなったことで米株価の大幅下落をめぐる懸念が高まり、流出額は2011年8月以来の大きさとなった。

一方、債券ファンドには150億ドルが流入した。

株式ファンドのうち、地域別では米国株ファンドの流出額が240億ドルと最大で、上場投資信託(ETF)からの流出が目立った。

株式ファンドからの資金流出と債券ファンドへの流入の背景には、2013年に過去最高値に上昇した米株価が大きく下落する可能性があるとの投資家の懸念がある。

エイペックス・キャピタルの主任トレーダー、ロバート・フランチェロ氏は「米連邦準備理事会(FRB)が(緩和の)栓を閉めつつあることから、投資家はリスクの一部を巻き戻している」と述べた。

米経済をめぐっては、供給管理協会(ISM)が3日に発表した1月の製造業景気指数が予想以上に低下し、昨年5月以来の低水準となった。市場はこれに対し大きく反応し、S&P総合500種<.SPX>は1日の下落率が7カ月ぶりの大きさとなった。

新興国からの資金逃避が長期化するとの懸念もくすぶっており、新興国株ファンドからは65億ドルが流出した。流出は15週連続で、過去最長となった。

リスク回避の動きから、債券ファンドには2010年4月以来の大きさとなる150億ドルが流入、このうち米国債ファンドへの流入が132億ドルを占めた。

投資適格級債ファンドへの流入額が42億ドルと昨年5月以来の高水準となった一方、高利回り債ファンドからは昨年8月以降で最大の12億ドルが流出した。

商品ファンドからは13週連続で資金が流出した。

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bebetan

Author:bebetan
UFO:  信じる
自由: 賛成
平和: 賛成
自然エネルギー: 賛成
本:  わら一本の革命

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR