ロシアはアメリカ経済を崩壊させるかもしれません (2) by ジム・シンクレア 2014年3月16日



(09:44→15:42)

I: 色んな人達が色んなことを言っています。ロシアがロシア国内のアメリカ企業やヨーロッパの企業に対して、このように言うのではないか、と言っています。「おい、これら全ては私達のものだ。私達は全てを国営化する。お前たちの国は私達に対して制裁を加えた。なので、これが私達からお前たちに対する制裁だ。出て行け。」

ジム: そうですね、元KGBの大佐である人物をプッシュ出来ると(そうすることで物事を自分に優位に運べると)もしあなたが考えているなら、あなたはその人物の性格を正しく分析出来ていないということです。今まではプーチンは公式声明の中で比較的柔らかい姿勢を取っています。まだ彼は、現時点では何か重要な行動を取るといったことを警告してはいません。現時点までは彼は国際社会に対して紳士的と受け取られる姿勢をとっています。そして私達は極めて過酷な制裁を加えると、ロシアに警告し続けています。私はそのうち彼が屈辱に対して怒り始め、時期を見て報復に出ると考えています。

I: 先週読んだんですが、ロシア政府の当局者の一人が言ったそうです。
「彼らが制裁を加えるのであれば、こちらも制裁を加える。」

ジム: 何が起きたのかを考えれば、報復が必要だということです。これはとても危険なことです。
ロシアはただ一部の地域で権力を持っている国だ、と世間は言っていますが、一体どこからそんな考えが出てきたんでしょうか?ロシア並みに原子力を扱えて、(ミサイルの)発射システムを持っている国は、どんな国であっても世界的大国ですよ。

メディアが連日のように「ロシアは一地域で権力を持っているだけだ」と言っているのを耳にします。私達は毎日嘘を聞かされているんです。嘘ばかりです。なので私達は実際に何が起きているのか、ちゃんと理解出来ていません。企業や大手メディアは「ロシアは攻撃的だ」と言っています。しかし真実は、ウクライナではクーデターが起き、新しい大統領を作り出しました。この大統領の存在は、ロシアがウクライナに存在することより合法性が低いと私は思います。

I: ポール・クレイグ・ロバーツによると、彼らはそこに軍事拠点を持っているそうです。ロシア黒海航空隊(訳者:あるいは海軍)。2042年までそこをリースしているそうです。彼らはすでにウクライナ国内に2万5千の部隊を持っています。すでに2万5千の部隊を駐在させています。

ジム: そうです。それはロシアとウクライナとの合意によって行われたことです。ロシアがクリミアをウクライに譲った時に、そういう協定になっていたんです。なので、ロシアの2万5千の部隊は合法的にウクライナに駐在しているんです。そうするという協定を結んでいるんです。

I: ロシアで行われている国民投票ですが、人々が投票しています。で、「これらの人達はロシアの一部になるということに投票し、ロシアの国民投票に連携していますが、これは違法です。」なんて、どうやって彼らは言うんでしょうか?そんな主張、ヨーロッパ(の大衆)に受け入れられないと思います。ここ(アメリカの大衆)にも受け入れられないと思います。「これはロシアが(クリミアの人々を)銃で脅して行っているんだ」なんて、私は嘘だと思います。私はこのクリニアの人々はロシア語を話す人達だと思います。彼らはロシア人です。

ジム: そうです。彼らはロシア人です。人々はクリミアの歴史を勉強するべきです。彼らは元々ロシア国民であり、昔ウクライナに譲渡されたんです。それで祖国に帰りたがっているんですよ。それを違法だと言うのはとても難しいことです。あと、街頭暴動によって作られた政府が決めた大統領を合法だというのもとても難しいことです。

I: では、ここで金融システムに話を戻したいんですが、これらの制裁が世界経済を崩壊させる可能性はありますか?

ジム: 何が崩壊する可能性があるかというと、あなたの話の中のポイント2番です。

USドルが金本位制から切り離された時、ニクソン大統領はUSドルを石油本位制にしたんです。

彼はサウジアラビアや他のメジャーなエネルギー産出国と協議し、それらの国々と
「全てのエネルギーの契約はUSドルで決済する」
という協定を結んだんです。

石油ドルというのが、ドルの需要を生むところなんです。
エネルギーの売買契約を決済するためには、まずドルを買わなくてはならないんです。

なので、石油ドルが、USドルの強さをキープするためのベースなんです。


そして最近、USドルインデックスは0.80以下になってきています。まるでドルが魔力をなくしたように見えます。

ドルが長期に渡って80以下であったことは今までないんです。為替安定基金が常に干渉しています。ドルが80くらいから80.50、或いは81.20くらいに下がる度に、それを上げようとしてます。

私はドルは80より下で四苦八苦していると思います。なぜ80より下で四苦八苦しているかというと、制裁に対する報復の本物の牙が見え隠れしているからです。それはロシアがヨーロッパに輸出しているガスに対する支払いをどの通貨でも受け入れる、というものです。

彼らは(ドルではない)他の通貨で決済するようになりますよ。

ユーロで決済出来るようになれば、エネルギーの販売業者にとってはより商売がより簡単になります。
しかし、現時点でのドルの弱さを考えれば、、、エネルギーの売買契約に対する決済をするためには、彼らはドル市場でまずドルを買わなくてはならないんです。

私達は、すでに戦争を始めてしまったんですよ、グレッグ、石油ドルについて戦争を始めてしまったんです。

もし石油ドルが少しでも弱くなることがあれば、それはドルの価値を大きく変化させます。ドルの推進力を変化させるということです。

石油ドルがUSドルの推進力なんです。

ロシアがエネルギーに対する支払いを他の通貨で受け付ける、ということでUSドルが挑戦を受けることになれば、それはドルの推進力に変化をもたらします。そうなればドルはUSDXで70~60まで簡単に落ちてゆくでしょう。

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bebetan

Author:bebetan
UFO:  信じる
自由: 賛成
平和: 賛成
自然エネルギー: 賛成
本:  わら一本の革命

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR