■2年前の記事■ 円高・株安に「とてもじゃないが耐えきれない」と経団連米倉会長

円高・株安に「とてもじゃないが耐えきれない」と経団連米倉会長
2012.6.4 16:08


 米倉弘昌経団連会長は4日、連日の大幅な円高と株安に対し、「われわれ経済を運営する者にとって、とてもじゃないが耐えきれるようなものではない」と強調し、政府・日銀に対し「臨機応変にいろんな緩和策をとり、単独介入も機をみてやってもらいたい」と要望した。

 野田佳彦政権の内閣改造については「財政健全化はもう待ったなしの状況にある」と指摘。「今国会で日本が歳入面から社会保障の財源を手当てし財政健全化に向けた努力をしているというシグナルを出さないと、マーケットから日本の信用は大丈夫かと評価を下される」と懸念を示したうえで、「私は野田首相のぶれない姿勢を高く評価している。自民党も野田首相の思いに応えてほしい」と消費増税を含む税と財政の一体改革の成立に期待感を示した。

------------------------


(訳者)
2年前の6月の記事です。そして今、私たちは通貨崩壊地獄にいます。
”経済を運営している”(ってナニ?)経団連さんたちだけでなく、日本国民全員が通貨崩壊過程の中のインフレで苦しみ始めています。
下は経団連さんが希望して安倍政権が実現させた日銀の異次元緩和の直後に出されたオーストリア学派の人達の見解です。


(ジム・ロジャーズ)
日本ではいわゆるアベノミクスにより急激な円安・株高が続いていました。多くの人がこの政策をもてはやしていますが、はっきりいって災厄以外の何ものでもありません。傍目にはとても感じがよさそうに見えるこの政策によって、安倍首相率いる自民党のお仲間とごく一部の人々、たとえばトヨタ自動車などに関わる日本人の懐だけは一時的に潤うでしょう。名古屋の人にとってはいいかもしれません。でも1億2000万もいる日本人の多くの生活水準は下がっていく。何兆円ものお金を人工的に市場に送り込めば、人々は一時的に心地よく感じるものです。しかし最後には必ず苦しくなっていく。<

日本は資源から食品まで、多くのものを輸入に頼っています。円が安くなれば生活必需品の値段が上がる。なぜ2%のインフレを目指すのですか?

ただし、別にデフレがいいわけではありません。インフレでもデフレでもなく、自国通貨を安定させ、健全な状態で現実的な成長を目指すべきなのです。


(ピーター・シフ)
日本は国債市場にてこ入れするために、無限大の量の円を発行し続けなくてはいけなくなったんです。



(ジム・シンクレア)
(ニューヨークタイムス)
政府との不和により、日本の中央銀行のトップが早く退場
「白川氏は5年間の任期の間に、前の政府からもっと攻撃的にやれ(量的緩和をもっとやれ)と何度も圧力をかけられましたが、”量的緩和は、政府が好きなだけ支出を増やすことを可能にし、急激なインフレも招く”と反対してきました。」

ここに、国際的な”無限大への量的緩和”の大きな勝利と、世界の経済的な終わりが存在します。

もしあなたがちゃんと理解出来ているなら、このニュースが世界的な出来事だということが分かるでしょう。
今はまだ少数の人たちしか理解していませんが、そのうち必ずみんな理解することになります。

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

私はジムロジャースの考えに近いですかね。
緩和マネーって強力な麻薬と同じですね。初めの内は気分がいいんですね。だんだん体中がボロボロになりますが、丁度、今の日本がこの状態ですね。
これから更に悪化し終いには廃人になりますね。
麻薬を「量的緩和」止めると禁断症状で大暴れの暴走。どのみち地獄
を見ないことには収まらないでしょう。

経団連の頭脳はカスです。彼らは中国に技術供与した時点で今の日本の姿を予想できないバカ達です。今が良ければいいのですよ。
国家破綻など考えたことも無いでしょうね。
それにも増して最高のカスは国民そのものですね。テレビはお笑いとグルメにダイエットとバカ製造マシンですね、危機意識は無く、とても恐慌を乗り切れませんよ。

最近、私は国家破綻は必要善と考える様になってます。これが無いと
本当にかわれないのですよ。

Re: No title

> 最近、私は国家破綻は必要善と考える様になってます。これが無いと
> 本当にかわれないのですよ。

そうですね。ってゆーか、遅かれ早かれ、どういう形か知りませんが破綻しますけどね。

でも根本原因を取り除くという意味では、中央銀行を廃止しないとダメですよね。
お金が紙やデジタルである以上、またヤツらは無限に通貨を発行して同じことの繰り返しですから。

No title

人類の歴史は戦争と通貨価値の減価。この繰り返し、しょうも無いバカタレですよ。古くは金貨に安い金属を入れ薄めたり。イカサマ天保小判も幕府の財政難が原因とか。今も昔も進歩無し。

個人的には貨幣の発行は個人、企業、政府、中銀、各種団体、何れもOKです。但し紙幣、電子マネー、国債等は×。
厳格な国際規格を決め貴金属を含む硬貨を統一通貨する。これが大切

古くアメリカのモルガン銀貨のように。儲かってる企業は裏面に自社の社名を入れられます。例えばトヨタ1オンス金貨。農協10分の1オンす金貨。ビルゲイツ1オンス銀貨。東八郎2/1オンス銀貨・・・笑。

そしたら破綻しない健全財政。しかし銀行と金貸しは減るでしょうね。



No title

日本にもオーストリア経済学について知識のある議員が本当に欲しいですね。

右を見ても左を見ても、全体主義、国家主義ばっかりでうんざりです。

もう引退しちゃったけど、アメリカのロン・ポールみたいな議員がいればなぁ
プロフィール

bebetan

Author:bebetan
UFO:  信じる
自由: 賛成
平和: 賛成
自然エネルギー: 賛成
本:  わら一本の革命

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR