初のマイナス金利=短期国債入札で

初のマイナス金利=短期国債入札で

時事通信 10月23日(木)12時56分配信

 財務省が23日実施した償還期間3カ月の国庫短期証券(短期国債)の入札は、平均落札利回りがマイナス0.0037%となった。
 日本の国債入札でマイナス金利が付くのは初めて。
 短期国債は、政府が短期的な資金繰りのために発行する。マイナス金利となったことで、国は利子を受け取って「借金」できることになる。
 今回の入札でマイナス金利が付いたのは、短期国債の償還時に支払われる金額より高い値段で購入する金融機関が出たためだ。日銀が昨年4月に導入した量的・質的金融緩和の下で大規模な国債買い入れを続け、市場に出回る国債が品薄状態となっていることが背景にある。これまでも発行後の短期国債の取引では、マイナス金利を付けるケースが出ていた。 

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

最終の国債バブル。しかもパンパンに膨れ上がったもんだ。もう終わりますよ。
そもそも世界景気の見通しが悪い。株もこれ以上は危ない。原油、商品も低迷。消去方的に国債に逃げ込んでる様ですが、実はここが緩和マネーや逃げ込みマネーの豚積状態で、何時崩れるか一番危険。ゴールドを買った方が正解です。
しかし、悲しいかな日本の銀行には法律でプリオンバンク「ゴールドを担保、取扱い」を認めてません。あくまで紙の部類だけです。

こんな終わってる国債に利息を払うとは、銀行は国に完全に管理、服従する奴隷です。一蓮托生の地獄行。せめて現金だけでも手元に置いて逃げないと一夜で預金封鎖されますぞ。

世界的金融危機ともなれば、年金保険→預金→国債→紙幣の順で時間差で地獄に行くのでしょう。株と不動産の価値は激減、破綻しないまでも税率が上げられ、痛恨のダメージでしょ。
小銭の硬貨は重宝され、商品は生き残ります。

やはり、どう考えても現物の天下ですよ。

金はなかなか安くならないですね。

銀は円換算でもかなりお買得になっていると思います。

銀価格1オンス、400ドルくらいになると思います。あと何年かかるか分かりませんが。

コツコツと現物買い増しします!
プロフィール

bebetan

Author:bebetan
UFO:  信じる
自由: 賛成
平和: 賛成
自然エネルギー: 賛成
本:  わら一本の革命

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR