年金目減り、食品値上げ=暮らし、4月からこう変わる

年金目減り、食品値上げ=暮らし、4月からこう変わる
時事通信 3月28日(土)16時5分配信

 4月から暮らしに関する制度が変わる。年金支給額の伸びを物価や賃金の上昇よりも低く抑える「マクロ経済スライド」が初めて実施される。直近の物価・賃金上昇率が2.3%増だったのに対して、年金は0.9%増にとどまる。毎月の支給額は増えるものの、物価などの伸びに追い付かず実質的に年金の価値は目減りするため、高齢者は生活への影響をじわりと感じることになりそうだ。
 食品の値上げも相次ぐ。大手乳業各社は国内酪農家から買い取る生乳の価格上昇などを受け、牛乳、バター、チーズ、ヨーグルトといった乳製品の出荷価格を引き上げる。牛乳であれば店頭価格は1リットル入りで5~10円程度上乗せされる可能性がある。この他、原材料価格の上昇と円安を背景にコーヒー、ウイスキー、食用油、ケチャップなどが値上げされる。
 軽自動車税も増税。4月以降に購入した新車が対象で、自家用乗用車の場合、現在の年7200円から1.5倍の年1万800円に引き上げられる。
 国民年金の毎月の支給額は満額で608円増の6万5008円、厚生年金は夫婦2人の標準世帯で2441円増の22万1507円。マクロ経済スライドによって抑制される額は、国民年金で約600円、厚生年金で約2000円。国民年金の保険料は1万5590円と340円上がる。
 介護保険分野では、特別養護老人ホームなどの利用料が下がるが、在宅介護サービスは引き上げとなる。高齢化の進展により介護費用は増えるため、市区町村ごとに決める65歳以上の保険料は月額平均4972円から5550円程度に上昇する見込みだ。

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

下流化が進んでる訳で、西友や格安店は盛況なんですね。
それでも、価格上昇で食えん訳で生活は辛くなるのです。

その反面、マックやコンビニ弁当は大量に食える商品を捨ててるのですね。野菜や魚も規格外と決めて捨てる訳で「経営者の儲かるシステムが完成してる」ここに市場や流通、法律のシステムに大きな矛盾を常に抱えとるのです。

私は規格外でも、賞味期限が少し切れた缶詰でも全く平気ですよ。
それより、物を粗末にする事は犯罪だと思ってます。

これからは規格外品の積極的な利用や、無駄に作りすぎないシステムの構築が急務と思います。輸入大国の日本は、資源を有効利用し、ロスとコストを減らし価格に還元する事が、経営者や監督官庁の本当の仕事なのですよ。もっと安く出来ますよ。

私はマックの見込み量産システムの味より、モスの国内生産のセミオーダーの味の方が遥かに美味しいですよ。
プロフィール

bebetan

Author:bebetan
UFO:  信じる
自由: 賛成
平和: 賛成
自然エネルギー: 賛成
本:  わら一本の革命

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR