自民党 NHKとテレ朝の幹部を呼び聴取へ

自民党 NHKとテレ朝の幹部を呼び聴取へ

日本テレビ系(NNN) 4月14日(火)19時52分配信

 自民党が17日にNHKとテレビ朝日の経営幹部を呼び、最近問題となっている報道番組の内容をめぐって、直接、事情を聞くことが分かった。

 複数の関係者によると、自民党の情報通信戦略調査会は、NHKからは「クローズアップ現代」でヤラセが指摘されている問題について、また、テレビ朝日からは「報道ステーション」でコメンテーターの古賀茂明氏が一方的に政権批判したことについて、話を聞く方針。特に「報道ステーション」をめぐっては、古賀氏が菅官房長官を名指しして「バッシングを受けた」と一方的に述べる展開となった点などについて、第三者も加えた検証の必要性などをただすものとみられる。

 政治とメディアの関係に詳しい上智大学の音好宏教授は、こうした自民党の異例の対応について、「政権・与党側がメディアを呼びつけるのは、成熟した民主主義の中では、相当注意しなくてはいけない」と述べた。また、「政治的なパフォーマンスと考えているかもしれないが、国民からは支持されないだろう」と指摘している。

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ランドポールが立候補したね。正統派オーストリア学派。

是非とも大統領になって欲しいですね。今の腐ったアメリカを根本から立て直すことの出来る逸材ですね。

FRB利上げ&株、国債の強烈な売戻しが有れば、好い追い風になるのですがね。

この人が大統領になった暁にはリフレ派はご愁傷様となるんですがね。その時、政府日銀はどうすんのか見ものですね。・・・・笑。

日本にも、こういう逸材はおらんのかい。・・・・・情けない。

Re: No title

> 日本にも、こういう逸材はおらんのかい。・・・・・情けない。

私の知り合いでも量的緩和の仕組みすら知らずに

「財政破綻なんて、恥ずかしいから言わんほうがえ~で。」

と豪語する無知なバカがいますが、国民のほぼ99.9%が彼くらいの無知さ加減だと思います。

No title

国民のほぼ99.9%が彼くらいの無知さ加減だと思います。→私もそう思うんですが。

日本には、真のオーストリア学派を実践している人は100人も居ないと思います。しかし、それはとても勇気が有り、辛く不幸な事かも知れません。

私は国債、年金、生保、預金に反旗を翻し、株式と不動産にすら疑いの眼差しを持ち続けてます。

現物と未来に繋がる技術「商い」にのみを信用とし、心の支えにしております。

こんな危地外な非国民な人間に、何の抵抗も無く育ってしまったのは
きっと、生まれ育った環境と古き商人のDNAが流れてるから?。
何も考えない、普通の家庭に生まれたらと好く思います。

これが正しいのか、誤ってるのか正直に言って私には解りません。
解っているのは、ご先祖様は幾度も危機を乗り越え貴重な教訓を残した事です。

自分でも客観的に見て己の事が、「バカかこいつは」と思ってしまう時がしばしば有ります。なぜなら、今の社会、政治、金融システムを全て批判してしまう人間になってしまったからです。

人と違う考えを持っていると、とても苦しいですよ。それはとても不幸な事なのかも知れません。

人は流れに乗れば好いとも言いますがね。



Re: No title

> 人と違う考えを持っていると、とても苦しいですよ。それはとても不幸な事なのかも知れません。

話しが全く合わないですよね。

2007年にアメリカで不動産投資を始めた友達に「もう今はバブルの頂点だからやめときな。もう売る時期だよ。」と散々注意したら、最後には「ウルサイ!」と怒鳴られてしまいました。結果、彼は4軒の家を最高値で購入し、わずかその数ヵ月後にリーマンショック。。。

リーマン後に用事があって電話したら、何もいわずに無言で切られてしまいました。。。

まぁ、全て銀行に差し押さえられてスッカラカンになったんだと思います。。。

(アメリカでは担保の不動産を差し押さえで終了です。日本の場合は、現金を返さないといけないようですので、借金が残るそうですが。)

十代の若い頃からの友達だったのに、失ってしまいました。

その理由が、私が忠告した通りになったから、、、っていうのがなんか悲しいですよ。

ま、仕方ない、そこまでの縁だったんだな、と思ってますが。

真実は真実ですから、そのせいで縁が切れる人は仕方がないって今は割り切ってます。
プロフィール

bebetan

Author:bebetan
UFO:  信じる
自由: 賛成
平和: 賛成
自然エネルギー: 賛成
本:  わら一本の革命

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR