EU、ギリシャ支援交渉打ち切りへ 金融市場混乱の恐れ

EU、ギリシャ支援交渉打ち切りへ 金融市場混乱の恐れ

朝日新聞デジタル 6月28日(日)1時23分配信

 財政危機のギリシャに対する金融支援を話し合う欧州連合(EU)のユーロ圏財務相会合は27日、ギリシャが支援の前提となる国内改革案の是非を問う国民投票の実施を表明したことに反発し、ギリシャとの支援交渉を事実上、打ち切ることを決めた。ギリシャに対する金融支援プログラムは30日に失効する。同日が期限の国際通貨基金(IMF)からの約15億ユーロ(約2100億円)の借金を返せず、債務不履行(デフォルト)状態になり、世界の金融市場が混乱する可能性がある。

 財務相会合のデイセルブルーム議長(オランダ財務相)は会合の途中で記者会見し、「残念だが、あらゆる努力にもかかわらず、提案がギリシャ政府に拒否された」と述べた。ユーロ圏各国は、ギリシャの銀行から預金の流出が加速するなどの混乱を招く恐れがあるため、引き続き、緊急の対応策を協議する。

 これまでの交渉でギリシャは、EUやIMFなどの支援側に、増税などを柱とする財政改革案を示した。これに対し支援側は、年金カットなどでさらなる歳出削減を求めた。これをギリシャが受け入れれば、金融支援プログラムを5カ月間延長することを提案。ところが、ギリシャのチプラス首相はこれを拒否。27日未明、改革案の受け入れの賛否を問う国民投票を7月5日に行うと表明していた。

--(訳者)------
ギリシャがユーロ離脱したら、イタリアも、スペインも、ポルトガルも、フランスも、緊縮財政でヒーヒー言ってる南欧諸国は全部
「じゃ、オレたちも!」
と後に続くだろうと思います。

ユーロ構想自体が、そもそも持続不可能だったんですね。
借金まみれの国の信用だけが裏付けの不換紙幣の通貨が持続不可能なのと同じですね。
紙ばら撒いて無理矢理吊り上げられた株価も持続不可能ですし。

ギリシャがデフォルトしたら、そこから間違いなく今の世界の金融の仕組みの崩壊に繋がると思います。
で、ギリシャの倍ほどのレベルの借金抱えた日本は、ギリシャ悲劇以上の悲劇に直面するでしょう。

出来るだけの準備はして、あとは
「死にはせんやろ」
くらいの気持ちで荒波を乗り越えましょう。

ちなみに私は先日銀行に行って預金引き出してきました。
元々そんなに入れてませんでしたが、

リーマン後にJPモルガンチェースの当座預金口座に入れてあったお金3500ドル、銀行に没収されて返ってきませんでしたから。

預金の没収をすでに身をもって経験してますので、早めに行動しておきました。


にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

明日のマーケットは地獄でしょ。ギリシャ発の核爆発の破壊力
リーマンを上回る甚大な被害でしょ。・・・・バブル終了。

金曜日までに預金を引き出せた人ラッキーでしたね。その他のギリシャ国民の皆様の預金は没収。ご愁傷様です。

可愛そうですが、地獄巡りをご堪能下さい。そして、無能公務員を殲滅し、百数十トンのゴールドで新ドラクマの裏付けにして、輪廻転生すること、お祈りいたしております。

先に暴落してる上海は明日は大パニック・・・・・・シャドーバンクもお終いでしょ。さあー。第二、第三のギリシャの誕生、歓迎いたします。

さて、今後のギリシャが、世界経済がどのようになるのか。楽しみましょか。
プロフィール

bebetan

Author:bebetan
UFO:  信じる
自由: 賛成
平和: 賛成
自然エネルギー: 賛成
本:  わら一本の革命

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR