宮崎駿監督が安倍首相を批判「歴史に名前を残したいのだと思うが、愚劣だ」

宮崎駿監督が安倍首相を批判「歴史に名前を残したいのだと思うが、愚劣だ」

弁護士ドットコム 7月13日(月)14時25分配信

宮崎駿監督が安倍首相を批判「歴史に名前を残したいのだと思うが、愚劣だ」
宮崎駿さんの記者会見の模様はインターネット動画サイト「YouTube live」で生中継された
沖縄県名護市辺野古への米軍普天間飛行場の移設に反対する「辺野古基金」の共同代表に就任したアニメ映画監督の宮崎駿さん(74)が7月13日、東京都内で記者会見を開いた。質疑応答で、記者から安保法案の成立を急ぐ安倍晋三首相について問われると、宮崎さんは「憲法解釈を変えた偉大な男として歴史に名前を残したいのだと思うが、愚劣なことだ」と批判した。

(訳者:ジム・ロジャーズが言うには安倍さんはシッカリと歴史に名前を残すことがすでに確定しているそうです。)

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bebetan

Author:bebetan
UFO:  信じる
自由: 賛成
平和: 賛成
自然エネルギー: 賛成
本:  わら一本の革命

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR