最後の戦争が始まったのか? by ビル・ホルター 2015年8月13日

(訳者:以下の記事は8月13日にジム・シンクレアのブログに掲載されていた記事です。数ヶ月前から、ジムのブログはこの記事を書いたビル・ホルターと一緒の共同作業で運営されています。)


Did The FINAL WAR Just Start?
Posted August 13th, 2015 at 5:10 PM (CST) by Jim Sinclair & filed under Bill Holter.

最後の戦争が始まったのか?
2015年8月13日

Dear CIGAs,

親愛なる仲間の皆さん

The question of our title is very important, “Did the FINAL WAR just start?”. If you polled Americans on this question, 99.9% would answer “no” if you took out the Middle East. Last week I wrote “The Rumblings of War” regarding the IMF rebuffing China’s entry into the SDR. This was followed up by “The shot heard ’round the world” on Tuesday commenting on China’s surprise devaluation. The purpose of this writing is to show you YES, we are in fact at war! Rather than “tell” you we are at war, I feel it is better to point out a few dots, connect some of them and then ask a few questions which might help you understand the war that is in fact being waged. If you can answer some of the questions then connecting dots and forming your own conclusions will be easier.

この記事の題名となっている質問は非常に重要なものです、「最後の戦争が始まったのか?」。もしアメリカ人にこの質問をすれば、99.9%の人達が「ノー」と答えるでしょう、中東を除いては。先週、私は「戦争の足音」という記事を書きました。これはSDRに中国が参加することをIMFが拒否したことについて書きました。その次に「世界中で銃声が聞こえる」という記事を火曜日に書きました。この中で中国が驚きの人民元の切り下げを行ったことについてコメントしました。今この記事を書いている目的は皆さんに私達は実際に戦争状態にあるということをお見せしたいがためです。皆さんにただ「私達は戦争しています」とお伝えするより、いくつかのポイントを挙げ、それらのうちのいくつかを繋げてみせ、始まったばかりの戦争を理解するのに役立つ、いくつかの疑問を投げかけるほうが、私は良いと思います。もしこれらの質問のいくつかに対して皆さんが答えることが出来れば、点と点を繋げ、自分なりの結論を導き出すことが容易になるでしょう。

As our backdrop, we are “told” the world is in recovery from the very bad experience of 2008. Since then, various central banks have monetized debt on a massive scale, led by the Federal Reserve of the U.S.. Undoubtedly, the greatest “export” from the U.S. has been dollars themselves and financial products known as derivatives. For the most part, the world spun merrily until last fall when Saudi Arabia decided to increase production and lower prices. This was presumably done at the request of the U.S. and meant as a tool to injure Russia’s energy sector, economy and financial system. Can the petrodollar which became accustomed to $100 oil be supported with sub $50 oil? There are two sides to this coin, yes the consumer of oil saves but doesn’t lower oil price mean less liquidity in the system? Doesn’t it mean lower velocity and less demand for dollars?

まず背景として、2008年の非常に悪い経験から世界は立ち直った、と私達は’言われ’てきました。2008年から世界中の様々な中央銀行たちが、アメリカのFRBに導かれ、壮大な規模で負債を貨幣化(量的緩和)してきました。アメリカの一番の’輸出物’はUSドルとデリバティブと呼ばれる金融商品です。昨年秋にサウジアラビアが原油の生産を増やし、価格を下げることを決めるまで、大部分のエリアで世界は愉快に回っていました。サウジのこの行動による原油価格の下落は、ロシアのエネルギー産業、経済、そして金融システムを傷つけるための手段としてアメリカがサウジに依頼して行われたものだと言われています。1バレル100ドルにすっかり慣れてしまっている原油ドルは1バレル50ドルになっても世界からサポートされ続けるのでしょうか?これについては2つの側面があります。はい、油の消費者はお金を節約することが出来ます。しかし、原油価格が低下するということは、システムの中でリクイディティが少なくなることを意味しているのではないでしょうか?ということは、USドルに対する需要が下がり、その速度も遅くなっているということではないでしょうか?

Moving along, did anyone really wonder “why” or what (or better yet, WHO) was behind China being put off for acceptance as a component of the SDR? Then just two trading days later, China devalued their currency in a surprise move…followed by two more devaluations! Remember, the U.S. has been prodding China to strengthen their currency and has gone so far as to call them a “currency manipulator”! Now we see China doing the exact opposite of U.S. requests (demands?). World markets have been shaken, and at a time when liquidity is quite tight.

そして次の話ですが、’なぜ’または何(誰)によって、中国のSDRへの加盟が拒否されたのか、どなたか真剣に考えた方はいますか?その拒否からたった2営業日後に中国は人民元を切り下げました。驚きの動きでした、、、そしてその後続いて2度切り下げを行いました!アメリカが中国を’通貨の不正操作を行っている’と名指しし、’人民元を切り上げろ’と突付き続けてきていることを覚えていますか?そして中国はアメリカが要求していることと全く逆のことを行ったのです。これにより、リクイディティがあまりない状態の世界の市場が揺れました。

A stronger dollar since last fall has acted as a constant and nagging “margin call” to the world which has contributed to the lack of liquidity. Have the Chinese finally said “fine, you want to issue a margin call to the world, we will help you issue it. Let’s see what happens to your financial system when the margin call fails to be met?”. Do you see what I am getting at here? The Chinese are now forcing the dollar higher by devaluing their own currency. They understand the dollar is nothing more than a debt instrument, are they attacking and intending to destroy the dollar with its own strength?

昨秋から始まった強いドルは、世界に対して継続的に「マージン・コール」の役割をしてきました。それはリクイディティの不足に貢献しました。そして中国がとうとう、「分かりました、あなたは世界に対してマージン・コールを出したいんですね。マージン・コールを出すのを私達がお助けしょう。マージンコールに対して十分な証拠金が支払われなかった時に、あなたの金融システムに何が起きるかを見てみることにしましょう。」ここで私が何を言いたいか分かってきましたか?中国人は人民元の価値を下げることで、強制的にUSドルを高くしているんです。彼らはUSドルが負債の道具以外の何者でもない、ということを理解しているんです。彼らはドルの強さを利用してドルを崩壊させようと攻撃してきているんでしょうか?

Follow this through, a stronger dollar will decrease our exports and slow our already slow or negative economy. A too strong dollar can actually undermine itself and even kick off a derivatives chain explosion. Our banks and brokers are very thinly capitalized, can they withstand losses in derivatives caused by a currency crisis? Can they withstand the losses from failed counterparties unable to pay? Do you see? A currency crisis “caused” by China could be a calamity. China has already accused Citadel (Ben Bernanke’s new employer) of creating the crash in their equity markets, is a currency crisis retaliation for their equity crash and public shaming by the IMF? If you understand how the Chinese think and also understand the works of Sun Tzu, Jim and I ask if China’s strategy is … “In order to destroy the dollar permanently make it stronger temporarily.”?

強いドルは輸出を下げ、すでに弱いマイナス成長している私達の経済をより弱くします。強すぎるドルは自身を弱体化させ、デリバティブ・チェーンの爆発の火蓋を切ります。アメリカの銀行と証券会社は非常に少ない資本金しか有していません。通貨危機によってデリバティブに損が出た際にこれらの金融機関は持ちこたえられるでしょうか?取引先が倒産し、支払いをしてもらえなくなり、損害が出た際に、彼らは持ちこたえられると思いますか?分かりましたか?中国によって通貨危機が’引き起こされれば’、惨事になる可能性があります。中国はすでに、中国の株式市場に暴落を作り出しているとして、Citadel(ベン・バーナンキの新しい雇い主)を非難しています。この通貨危機は中国の株式市場が暴落させられたことと、IMFによって世界に恥をかかせられたことに対する報復なのでしょうか?中国人の物の考え方、そして孫武の考え方を理解すれば、「USドルを永久的に破壊するためには、一時的にドルを強くすればいい」、と考えているのではないか?と私とジム(シンクレア)は話しています。

Another area to look at is gold and silver. Supplies have recently gotten very tight, not just for retail in the U.S. but all over the world. Has production slowed or have buyers stepped up their hoarding? Or, have Western central banks reduced their “dis hoarding”? Whatever it is, something in the supply/demand dynamics has definitely changed …and it has not taken much money to do it! Are these separate events or are they tied together somehow?

この他にみるべきはゴールドとシルバーです。最近供給が非常に厳しくなってきました。アメリカ国内の小売だけではありません、世界中でです。生産量がダウンしたのでしょうか、それともバイヤーがより多く溜め込み始めたのでしょうか?或いは、西洋の中央銀行が彼らの金庫から’流出させる’ゴールドの量を減らしたのでしょうか?理由が何であれ、需要と供給の動きの中の何かが変わったことだけは確かです、、、そしてそれは大したお金もかからず行われました!これらは全く別の出来事なのでしょうか、それともどこかで繋がっていることなのでしょうか?

This is where it gets weird or some might say “coincidental”. Did anyone see the explosion at the Chinese port city of Tianjin yesterday? https://www.youtube.com/watch?v=_92WaPxeqCs “Yesterday” being one day after China devalued their currency? I am no rocket scientist and cannot say for sure, but does this not look like a nuclear explosion? Can someone out there explain to me in simple terms how a chemical explosion could look like this? As for the word “coincidence”, the CIA says there is no such thing as a coincidence!

そしてここからおかしな感じになってきます。「ただの偶然だ」という人達もいるでしょう。昨日の中国の港町、天津で起きた爆発を観た人はいますか? 昨日は中国が人民元を切り下げた翌日です。私はロケット科学者ではありませんので確かなことは言えませんが、しかし、あれは核爆発に似ていると思いませんか?どのようにしたら化学物質の爆発がこのような爆発になるのか、誰か簡単な言葉で教えてくれませんか?’偶然’という言葉ですが、CIAが言うには「偶然などという事柄はこの世に存在しない」ということですから。

Speaking of coincidences and I have permission to pass this along to you. Jim Sinclair wrote just a few days ago for the first time in many a moon, he said “gold has very limited downside from here and could move to $2,000 as an initial stop”. Do you believe it was a coincidence that he speaks now? No, he was called and was “told” by the same people who guided him in 1980 at the market top. Do you believe it was a coincidence following Jim’s writing, the IMF shunned China followed by the shot heard ’round the world of a yuan devaluation …three times?!!! …not to mention an explosion that could be seen from space! My mind is made up, no it is not any coincidence at all.

偶然についてもう一つ言えば、私はこれをあなた方にお伝えしてもいいという許可を私は頂いていますので、お伝えします。ジム・シンクレアはたった数日前に、「ゴールドがここから下がる余地はあまりない。そして最初のストップポイントは2000ドルになる可能性がある。」と、過去数ヶ月間の中で初めて書きました。彼が今これを言ったことが偶然だとあなたは思いますか?いいえ、彼は1980年代にゴールド市場が最高値をつけていた頃に彼を指導した人達に呼ばれ、そう’言われた’のです。ジムの書いているもの(ブログ)を読み続けていながら、これが偶然だとあなたは思いますか?IMFが中国を拒否し、人民元切り下げの銃声が世界に轟き、、、しかも3度も!!!、、、そして、その直後に宇宙から見えたほどの(天津の)爆発です!私の中での考えはもう決まりました、これらは偶然でも何でもありません。

For months I have been suggesting Mr. Putin would drop a “truth bomb” revealing all sorts of false flag events and fraud perpetrated by the U.S.. I still believe this is to come and now even more likely. Why more likely? Because the financial sparring between East and West may have taken a very serious turn yesterday and I seriously believe a tactical nuke was set off. If this is the case, China will provide proof and they will retaliate. I believe the smoldering stages of what was a financial/technological/trade war have now become hot and the first shot was fired. I truly do ask for comments regarding what happened in Tianjin. Please do not send me opinions, I would like to hear exactly why or why not the explosion was nuclear. I will believe a tactical nuke until someone proves to me it was not. May God help us all with what comes!

私は何ヶ月にも渡って、プーチン氏が’真実の爆弾’を落として、今までアメリカが犯してきたあらゆる類のFalse Flag イベント(敵[第三者]になりすまして行われる作戦[軍事行動]例えば、開戦の口実を作るために、敵がやったと見せ掛けて自国の施設を故意に破壊すること)や詐欺を公に明らかにするべきだと言ってきました。それはやってくると私はまだ信じていますし、その可能性はより上がっていると思っています。なぜ’可能性が上がっている’のか?なぜなら西洋と東洋の金融のスパーリングが昨日非常に深刻な方向へ向いた可能性があり、軍事戦術的な核兵器が爆発したと私は真剣に思っています。もしそれが事実であったとしたら、中国は証拠を出し、報復に出るでしょう。今までは金融の/技術的な/貿易戦争が行われてきていて、それはくすぶった段階であったのが、本物の戦争になり、最初の弾が放たれたのです私は天津で起きたことにういて本気でコメントを求めています。どうか、あなたの意見を送ってこないで下さい。私は、なぜあの爆発が核爆発なのか、或いはそうではないのか、それだけを聞きたいのです。あの爆発が軍事戦術的な核爆発でなかったことを誰かが証明してくれるまで、私の考えは変わりません。これから世界で起きることから私達みんなを神様が助けてくださいますように!

Standing Watch,
見張りを続けています

Bill Holter
Holter-Sinclair collaboration
Comments welcome!
bholter@Hotmail.com

ビル・ホルター
ホルター-シンクレア・コラボレーション
コメントを歓迎します!
bholter@Hotmail.com


--(訳者)------------------
 
これが安倍さんが安保法案を急ぐ理由だと思います。アメリカの弾として日本人を差し出せと圧力かけられてるのは明らかです。

ちなみに、ビル・ホルターによって上の記事が書かれた翌日(天津での爆発の2日後)に、中国が人民元の切り下げを止めたニュースが出ました。

--------
人民元、窮余の策に限界 切り下げ幅3日で4.5%
2015/8/14 1:19日本経済新聞 電子版

 【北京=大越匡洋】中国人民銀行(中央銀行)は13日、人民元相場の切り下げについて異例の記者会見を開いた。元相場を市場の実勢に近づけるための元安誘導は「基本的に終えた」と説明し、今後はより市場原理にゆだねる考えを強調した。景気のテコ入れを強く意識して11日に踏み出した元切り下げという窮余の一策は、わずか3日で限界があらわになった。

 人民銀は11日に元の売買の「基準値」を突如、対ドルで2%近く切り下…
--------


にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

化学物質の爆発がこのような爆発になるのか→ マグネシウムのインゴットに水を掛けたんじゃないの?。水蒸気爆発どころか水素爆発を起こしますよ。

取引先が燃えた時、純マグの燃焼温度が5000度に達し、鉄でも銅でも回りの物を全て溶かし化学反応を起こす状態になり、結局、消防も何も出来ず、土嚢を作り拡散防止と燃焼が終わるまで3日間の監視しか出来なかったですね。

昔の悪戯で取引先から、マグやチタンの切粉を集め2500℃の酸素バーナーで炙った所、チタンは白く、マグは青く溶接光の様に輝き出し、アスファルトを溶かして燃え上がり、正直ビビり焦りましたよ。これに水掛けたらガソリン以上に危険ですよ。・・・・・怖。

同じく硫酸に水を入れたら、一瞬で沸騰しガスが発生し、溢れ飛び散るんですよ。服が穴あき火傷。・・・・おー怖。解ってるんですが、底抜けの悪戯でアホですね。

水って結構危険ですよ。
プロフィール

bebetan

Author:bebetan
UFO:  信じる
自由: 賛成
平和: 賛成
自然エネルギー: 賛成
本:  わら一本の革命

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR