次の段階の準備: 食べ物  by ジム・シンクレア 2016年1月26日


(訳者: 以下はジム・シンクレアが1月26日に自身のブログに書いた記事です。)



The Next Level Of Preparedness: Food
Posted January 26th, 2016 at 9:40 PM (CST) by Jim Sinclair & filed under General Editorial.

次の段階の準備: 食べ物
2016年1月26日

Dear Extended Family and Friends,

親愛なる家族と友達の皆さんへ

Thank you for your overwhelmingly positive responses to my Preparedness articles. I greatly appreciate your input, and regret that I am unable to respond to your emails individually. There isn’t enough time to permit me to respond to each
of you personally, so if you just get a “Thank you” from me, please know that your contributions are acknowledged, important and appreciated.

前回の”準備”の記事に対する非常にポジティブな反応をありがとう。あなた方からのコメントに非常に感謝しています。そして全員のe-mailに返信出来ないことが残念です。皆さん全員に返信するための時間的余裕がないため、「ありがとう」と私が書いている時にはあなたの貢献が私にちゃんと伝わっていて、重要視されていて、感謝されていることを知ってください。

The next subject which needs to be addressed in preparedness is food. We all need food and prudent storage is very important. No one can tell you what you need. Your needs and desires are as individual as you are, and your budgets, storage space
and dietary needs and restrictions are just as varied. No one in one article or even one book could completely address your needs. In this article I hope to share with you some ideas about things to consider, if you aren’t already engaged in some
form of food storage. This article will suggest some things to think about and help you move on with your own research.

準備について次に話さなくてはならないのは食べ物です。私達はみんな食べ物が必要であり、用意周到に食べ物を保管することが非常に重要です。あなたに何が必要なのかは、誰にもわかりません。各自が必要なもの、欲しいものは、各自次第であり、予算、保管スペース、必要な食生活、制限、などなど色んな事柄で決まります。誰も、どの本もあなたが必要なもの全てを書ききれているものなど存在しないでしょう。この記事の中で私は、もしまだあなたが食べ物をストックしていないのであれば、何を考慮すべきなのか、について書きたいと思います。この記事を読んで考えることで、自分が何が必要か探すのに役立つでしょう。

We can be faced with lots of challenges which could influence our ability to obtain food. It doesn’t have to be a broad scale emergency like we just experienced on the East Coast of the USA from the storm Jonas. Your food emergency could be as individual as the loss of a job or other personal tragedy which compromises your ability to get food. We all need air, food and water to survive. This is known as the Rule of Threes. Usually – You can’t survive more than 3 minutes without air. You can’t survive more than 3 days without water, and you can’t survive more than 3 weeks without food. It is recommended
that the minimum amount of water to have, not including water to rehydrate food is one gallon/4 litres per day, per person.

食べ物を得ることに影響を与える沢山の問題に私達は直面する可能性があります。先日アメリカ東海岸で起きた嵐のような大きなスケールの緊急事態でなくても食べ物を得られなくなる事柄はあります。あなたが食べ物を手に入れられなくなるのは、例えば仕事を失ったり、或いは何らかの悲劇的なことが自身に起きた時にもそのような状況になり得ます。私達はみんな、生きるために
空気、食べ物、水を必要とします。これは「3のルール」として知られています。通常、空気なしではあなたは3分以上生きられません。水なしでは3日以上生きられません。食べ物なしでは3週間以上生きられません。必要最低限の水を確保することが望ましいです。一日一人当たり4リットルの水が必要です。これには乾燥した食べ物を水で戻す分の水は含まれません。

Although, I will make some suggestions for you to consider in storing food, you can do some independent research on Google using parameters such as “long term food storage.” You can pay anywhere from about $1500 on up for a one year basic food supply for one person. If you purchase long term storage food, there are a few things to know. You need to store it in a cool, dark place without moisture. You need to store water, because the food is dried or dehydrated. You need to store oil, since the dried/dehydrated foods don’t contain fats. Fats would shorten shelf life since fats become rancid. You need to have a manual/non-electric can opener or your food won’t be very accessible in a power outage.

私は食べ物をストックすることについていくつか提案をしますが、自分でGoogleを使って「長期保存 食べ物」の言葉で検索して下さい。基本的な食べ物1年分、一人当たり最低1500ドルくらいの価格になるでしょう。長期保存のきく食べ物を買う際にはいくつか知っておかなくてはならないことがあります。食べ物を湿気が少ない、冷暗所で保存しなくてはなりません。水もストックしなくてはなりません。なぜなら長期保存のきく食べ物は乾燥したものだからです。長期保存の利く食べ物は油分がありませんので、食用油も保存しなくてはなりません。油が入ると食べ物は腐ってしまうため、油が使われていないのです。電力に頼らない手動の缶きりがなければ、停電状態の中で缶を開けることが出来ませんよ。

A few days ago, the winter storm in the US may have provided the opportunity for some of you to learn where you are prepared and where you aren’t. Hopefully this experience wasn’t with dire consequences. The school of experience is expensive. Grocery store shelves in the affected areas were cleaned out days before the storm, and there was nothing available
to buy. Those people who had some food stored would have been the most prepared, even with the numerous power outages which occurred. We won’t always be warned of a coming storm, whether it is an environmental storm or a financial storm. We need to Be Prepared.

数日前、アメリカで起きた冬の嵐のおかげで自分がどの部分では準備が出来ているが、どの部分ではまだ準備不足であるか、理解した人が多かったと思います。この嵐であなたが悲惨な経験をしなかったことを祈ります。経験から学ぶということは高くつきます。嵐が来た地域のスーパーマーケットでは嵐がくる何日も前から棚が空になっていて、何も買えるものが残っていませんでした。いくらかの食べ物をストックしていた人達は、各地で数々の停電があったにも関わらず、一番準備が出来ていた人達です。嵐が来るたびに必ず前もって警告があるとは限りません、環境的な嵐、金融的な嵐、色々あります。私達は準備しておく必要があります。

Although the long-time readers of JSMineset are aware that gold and silver will be the ultimate safety net in the long term, there is a period between a time of crisis and it’s resolution. It is that period, which I hope to address, especially since we have so many new readers. There is a path to prosperity, even in undesirable or unfortunate circumstances, but we have to survive and thrive in the interim period.

このブログを長期的に読んでいる人達は、長期的な視点でみればゴールドとシルバーが最終的なセーフティネットであることを理解しています。危機が起きた時から解決されるまでの間の期間があります。私が皆さんに対して準備しなくてはならないと言っているのは、この期間に対してです。特に、最近新しく読者になった人達が沢山いますからね。好ましくない、不運な状況の中であっても、繁栄への道はあります。しかし、その中間の期間を私達は生き延び、力をつけなくてはなりません。

For those of you who already have bulk and long term food supplies, my congratulations to you and well done. For those of you who are just embarking on preparedness, much of what is written is for you, and I hope you benefit from having some things to consider. Since 1 out of every 6 Americans is presently receiving food assistance, the need for preparedness may be
critical for your families. You can prepare a little at a time, each and every time you shop. The first of the month is approaching and I am writing now so that, if you are receiving food assistance, you can start your planning now. The issuance of EBS cards have electronically hidden what would have been the bread lines of the Great Depression. We don’t see bread lines these days because of EBS, but if we did, they would be long and populated by adults, seniors and children from all walks of life including some of your neighbors.

もうすでに長期間分の食べ物を沢山保存した人達は、おめでとう、よく出来ました。まだこれから準備をする人達には、この記事が役に立つと思います。現在、アメリカ人の6人に1人は食べ物の補助(EBSカードのこと。アメリカ政府が発行する食べ物購入専用のカードなど)を受け取っています。準備しておくことはあなたの家族にとって非常に重要になるでしょう。毎回買い物に行く度に少しずつ準備をしていくことが出来ます。最初の月が迫っています、そして今私はこれを書いています、なので、もしあなたが食べ物の補助を受けているなら、今から計画をたてることが出来ます。世界恐慌の時に出来たパンに並ぶ人の列と同じ状況を、EBSカードの発行者(政府)は電子的に隠しています。パンに並ぶ行列を近年私達は目の当たりにしません。それはEBSカードが現在使われているためです。もしEBSカードがなかったら、あらゆる社会的階層の大人、老人、子供、あなたの近隣の人達も含めて、大勢の人達食べ物を得るために長い列を作っているのを今日目の当たりにするでしょう。
 
(続く。。。)


(訳者: おととい、フェレットを飼っている友人がいっていたのですが、いつも買っているアメリカから輸入されているフェレットの餌が楽天にもamazonにもなくて、どこも売り切れになっていて、パニックになったそうです。ようやく見つけたそうですが、急に値上がりしていておどろいたそうです。。。ま、私は驚きませんでしたが。とうとう来たか、というカンジです。バターもコーヒーも金も銀も、色んなものが世の中で品不足になっています。通貨が不安定になると、特に輸入物から姿を消すのは想定していたので、フランスから輸入されているうちの犬の食事療法食は2年分すでにストックしてあります。(あと1年分買い足します)うちの犬はその餌しか食べられないので、その餌を入手出来るか出来ないかは、うちの犬の生死を分けます。自分の家族を守るのは自分。他の誰もアテには出来ません。しっかり考え抜いて、輸入物に頼っていてそれがなかったら非常に困るものは、向こう数年分は買い込んでください。ちなみに猫の餌は国産ですが、原材料が輸入である可能性が大ですので、これも今週末に向こう3年分買い込みます。まだ子猫なので病気はありませんが、オス猫は大人になると尿路系の問題が多いと獣医さんが言っていたので、尿路系の食事療法食を買い込んでおきます。今だけを見ずに、将来に起きうるリスクを出来るだけ全て考え抜いて、準備するつもりです。)


にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして。

私の猫は尿路系療法食を食べているので、多少のストックはありますが、賞味期限のこともあってどのくらいストックしようかどうか迷うところもあります。ブログ主様は賞味期限のことはどうお考えですか?また、電気、ガス、水道はどう思われますか?私は電気、ガスは危ない感じがしますが、水道は命に直結するので、そこまでするかな?とは思っているのですが。質問ばかりで大変申し訳ありませんが、参考までにお聞かせ頂ければ幸いです。

Re: はじめまして。

> ブログ主様は賞味期限のことはどうお考えですか?

まず賞味期限と消費期限は違うということが一つです。

(ちなみに私は自分が食べる物でも、賞味期限も消費期限も今まで見たことありませんが。匂い嗅いで、舐めてみて、「OK」と思ったら食べます。)

うちの犬のフードは消費期限が5年くらいありました。
猫のフードも消費期限長いんじゃないですかね?ドライになってるわけですし。
冷暗所に保存しておけば大丈夫じゃないですか?

ただ、普通のビニール袋に入ってるものは湿気を通してしまってカビるかもしれません。
うちの犬のフードはペラペラのビニールに入ってるのではなく、分厚くて丈夫な内側が銀色の光を通さない袋に入っています。
食事療法食で値段が高いので、パッケージの素材も空気や湿気を一切通さない高品質なものが使われているんだと思います。
パッケージに使われている素材で保存期間が変わると思いますので、多少高くても、長期間保存が利くものを買うのが大切だと思います。

>また、電気、ガス、水道はどう思われますか?私は電気、ガスは危ない感じがしますが、水道は命に直結するので、そこまでするかな?

電気とガスは私も止まると思います。時間を制限されるとかね。しかし値段が跳ね上がって一般の人達にはぜいたく品になる可能性大です。水は日本では普通に川もありますし、井戸水とかありますし、とにかく日本は水がそもそも豊富なので、そんなに困らないんじゃないですか?上下水道もそれくらいは動かすお金どうにかなるんじゃないですかね?断水とかで使える時間とかに制限がかけられるんじゃないかと思いますが。

水って日本ではただですけど、世界的には水不足の地域のほうが圧倒的に多いんです。
なので、日本人以外の人達は水の心配をするんですね。
水を調達するのに、大きなコストと労力が必要ですから。
でも日本では雨も多いし、雨水貯めてろ過して沸かして飲むことも出来ます。

水がタダで豊富に手に入るって本当に豊かなことですね。

乱文ですが、以上です。

また猫ちゃんのことで心配なことがあったらコメントしてください。
私が考え付く範囲で返信させて頂きます。

Re: Re: はじめまして。

追記ですが、私の家には今2年分の犬の餌がありますが、一袋なくなったら買い足して、消費期限の短いものから消費してます。

ゴールド急騰中、40ドルくらい上げていますね!

何かあったのか、一気にきましたね。

Re: タイトルなし

> ゴールド急騰中、40ドルくらい上げていますね!
> 何かあったのか、一気にきましたね。

色々ありすぎてみんな一気にゴールドに逃げてきたんでしょう。
もう恐ろしすぎて紙資産なんか持ってられませんよ。

私もな~~、秋に冷蔵庫壊れるわ、犬は手術するわ、子猫拾うわ、で色々出費が続きまして、ゴールド買えるだけのお金溜まってないんですよ~~~。

まだもうちょっと待ってくれ~~~!!

と思ってたらアレヨアレヨ、というまに上がってもーた。

で、ちょっとしか資金ありませんが、有り金全部はたいて近々買い増す予定です。

でもそんなこんなしてる間にもグングン上がってしまいそうで怖い~~~!!!

ありがとうございました。

ご意見ありがとうございました。大変参考になりました。今日は税理士の方にお会いする機会があったので、銀行のことなどを訊いてみたのですが、メガバンクが潰れたり、預金が取られることなど有り得ないとの意見でした。自転車に乗りながら街を見渡したり、買い物をしたり、銀行にも行きましたが、普段通りの光景に自分がしていることに迷いを感じました。昼のワイドショーでコメンテーターの方が世界恐慌になるかもしれないと言っている姿を見て、同じ考えの人もいるんだなあと少し安心しました。こちらのサイトには別のサイトのリンクから来ていたのですが、先日そちらのサイトのリンク一覧からいくつかのサイトが消えており、こちらのサイトもそのひとつでした。最近はおかしなことが多いです。

Re: ありがとうございました。

> 普段通りの光景に自分がしていることに迷いを感じました。

私は日本は破綻して預金封鎖&ハイパーインフレ&デノミが来ると確信してますので、その準備してます。
さて、その税理士の方が正しいか、オーストリア学派の人達が言ってることが正しいのか、時間が証明すると思います。

どうぞ、ご自身でじっくり考えて、選択されてください。

プロフィール

bebetan

Author:bebetan
UFO:  信じる
自由: 賛成
平和: 賛成
自然エネルギー: 賛成
本:  わら一本の革命

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR