STAP現象、米国研究者Gが発表…小保方晴子氏の研究が正しかったことが証明

STAP現象、米国研究者Gが発表…小保方晴子氏の研究が正しかったことが証明

ビジネスジャーナル
株式会社サイゾー
17 時間前

 小保方晴子氏が発見した「STAP現象」が、アメリカの研究者グループによって報告されていた。2015年11月27日に英国科学雑誌「ネイチャー」姉妹版のオープンアクセスジャーナル「ネイチャー・サイエンティフック・リポーツ」に掲載された。

(訳者: 経済関係ない話ですが、「おぉ~~!」と思った記事です。理研に知り合いが多くいる知人からも、「みんなオボカタさんが嘘をついていると思っている。」と聞いていました。でもstap細胞が存在しない証拠もない、ということだったので、「真相はどうなんやろな?」とずっと思ってたので、今回のこの記事は本当なら、ちょっと感動。ガリレオでしたっけ?世界で始めて地動説を唱えて死刑にされかけたのって。私は個人的にstap現象よりも、この社会現象のほうに興味があります。社会ってホントいい加減やな~。集団心理ってホンマ怖いよな~~~。証拠もないのに人を犯罪者扱いするって、ホント恐ろしいわ。でもこういうことって結構身近にもよくあることだと思います。彼女の唯一の失敗は証拠(実験ノート)を残してなかったってことですかね。たったそれだけであれだけの目に遭うってどんだけやねん?あ~オボカタさんには申しわけないけど、勉強になるわ~。)

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bebetan

Author:bebetan
UFO:  信じる
自由: 賛成
平和: 賛成
自然エネルギー: 賛成
本:  わら一本の革命

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR