犬の「殺処分ゼロ」にふるさと納税殺到4億円、対象犬全引き取り実現へ 広島のNPO

犬の「殺処分ゼロ」にふるさと納税殺到4億円、対象犬全引き取り実現へ 広島のNPO

産経新聞 3月31日(木)10時12分配信

犬の「殺処分ゼロ」にふるさと納税殺到4億円、対象犬全引き取り実現へ 広島のNPO
犬の殺処分ゼロの維持に向けて意気込むPWJの大西代表理事(左)ら(写真:産経新聞)
 犬の殺処分ゼロの取り組みに共感した人から「ふるさと納税」が相次いでいる広島県神石高原町に本部があるNPO法人「ピースウィンズ・ジャパン」(PWJ)が30日、県内で殺処分対象となった犬のすべてを引き取ると発表した。6月15日から県内の犬の殺処分をゼロにするという目標が2カ月半前倒しされた形で、PWJの大西健丞代表理事は「ゼロを維持していく新たな取り組みがスタートした。県民の皆様にも協力頂きたい」と述べた。

 PWJは平成25年9月、「1000日(今年6月15日)以内に県内の犬の殺処分をゼロにする」目標を打ち立てて活動を開始。神石高原町とも連携して、犬舎建設などのための募金活動を同町の「ふるさと納税」を使って展開した結果、これまでに1万人以上から4億円近くの寄付が寄せられた。

 これらの寄付金は犬舎の建設や新しい飼い主が見つかるまでの飼育費(食事代、医療費など)、動物福祉の啓発活動などに活用。広島市と神奈川県藤沢市に保護犬譲渡センターも開設した結果、これまでに567匹を保護して293匹を譲渡、返還してきた。

 平成23年度に2342匹だった県内の犬の殺処分数は、27年度になっても4~12月の9カ月間で566匹。ゼロには至っていないが、神石高原町のキャンプ場跡地に約600匹が収容可能な犬舎4棟が6月までに完成見込みとなった。

 4月には一部犬舎の完成に目処が立ち、目標より約2カ月半早く、殺処分対象となったすべての犬を引き取れるようになった。引き取った犬は人になつくためのトレーニングなどをしたうえで、譲渡先を探す。

 大西代表理事は、殺処分直前に保護、PWJで訓練した災害救助犬「夢之丞」とともに県庁で会見。「手を抜くと殺処分は始まる。今後は、猫も早くゼロにする計画も進めていきたい」と話した。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

東洋経済

今号の?東洋経済が金融緩和特集をしていて、ざっと目を通したのですが、今後のカードとして、株式、その他債権等の金融緩和、財政出動の増加、国民への直接的なバラマキ等のヘリコプターが考えられるようです。

カツカツの市民のお財布に公共事業や地域振興券、なんちゃら手当等で入金されて、すぐに必要物資へ交換されて、偽りの好景気→国債購入継続→高インフレと言うのが既定路線になるのでしょうか。。

No title

偽りの好景気→国債購入継続→高インフレ →はい。概ねこの流れです。

しかし、インフレの前に今はデフレで企業「供給側」の凄まじい淘汰が発生中です。供給側の消滅「戦争や恐慌や大規模の天災」なくして本格的なインフレは有り得ませんよ。

今、国がやろうとしてるのは軽いインフレをお越し好景気を作り出そうと必死こいとるのですよ。軽度のインフレは歴史的に見て景気を持ち上げる効果があります。

ふふふ。今回はこのパターンにはなりませんね。軽度のインフレは金利も押し上げるのですよ。つまり、天文学的な借金が金利上昇で暴発するんですよ。・・・・・政府日銀の思惑通りにはなりましぇん。

だからマイナス金利にして冷や水を浴びせ、好景気を演出し時間伸ばしをしてるだけなのですね。とてもアホ臭い茶番なんですよ。

ふふふ。それもブラジルのペロリンピックまででしょうかな。
何故か北京後のリーマンと重なりますね。・・・そこまで持つかな。笑

Re: No title

オーストリア学派の人達が5年前くらいまら言ってるのは、

  信用崩壊でまず巨大なデフレが来る 
→ 世界中の政府と中央銀行がパニクって大規模な量的緩和で通貨を世の中に大量にばらまく 
→ ハイパーインフレがやってくる。

と、ざっくり言えばこういう流れです。

Re: Re: No title

このビデオの最初のほうでMike Maloneyがそれを説明しています。

https://www.hiddensecretsofmoney.com/videos/roller-coaster-crash-mike-maloney-deflation

彼が2008年に出版した本Guide to Investing in Gold and Silverにそれがすでに説明されています。

この本、沢山の言語に翻訳されて出版されてるんですが、なぜか日本語には翻訳されてないんですよね~~~。

私は2009年ごろだったと思いますが、買いました。で、今も読み直してる最中です。とってもとっても良い本です。


yutoさん


コメント有り難うございます。

素人考えだと軽度のインフレ起こしたければ、ヘリコプターマネーで庶民にお金ばらまいて、金利を抑えるのに国債購入。で良いと思うんですけど。。。いまいち政府の意図がわかりません(゚Д゚)

bebetanさん

まだ現状では、「信用崩壊による大規模なデフレ」と言うほどではないと思うので、本番はまだまだこれから。と言ったトコでしょうか?

あそさん

連投失礼します。

そういえば、われらのアソサンがクルーグマン相手にこんな本音を晒したようです。

http://app.m-cocolog.jp/t/typecast/636133/536116/84857926

Re: タイトルなし

> まだ現状では、「信用崩壊による大規模なデフレ」と言うほどではないと思うので、

。。。現状では、もうすでに信用崩壊による大規模なデフレが始まっています。。。。

特に昨年の秋からその動きが顕著です。

株式市場だけみていてはダメです。
そして大手メディアからのニュースをそのまま読んでそのまま受け取っていては、ダメです。
私も全ての動きをこのブログで翻訳して紹介するヒマがないので、してませんが、すでに世界の歴史上最大の恐慌が始まっています。

以下のサイトはオーストリア学派の人の記事を訳していらっしゃるサイトです。
翻訳も上手です。


http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/paul_craig_roberts/


http://zerohedgejapan.blog.jp/

私達が準備するのに残された時間は長くて数ヶ月単位だと思います。 年単位ではありません。もしかしたら週単位なのかもしれません。
準備してくださいね!


ちなみに戦争になる可能性は大です。

マネーを生み出す怪物

を読めばそのメカニズムは明らかです。

(assholeさんて前からバカか邪悪かどっちかだな、と思ってましたが、邪悪だったんですね。やっぱり、ってカンジです。)

戦争は止められないかもしれませんが、とにかく、そんな自分にコントロールのないことを考えても仕方ないので、私は自分と自分の家族や友達を守るための準備をするだけです。

No title

麻生さんの言うてる。戦争でデフレ解決。→正しいのですが、大臣たる者の発言ではありませんよ。只の口曲りのヒョットコ野郎ですよ。・・・・笑。

人類の戦争の歴史世界地図があります。これを見ると人類が性懲りも無いバカと思えてなりません。爆発の度に国が亡び、紙幣が紙になっとりますね。・・・・・・哀れ。

戦争が無い期間が有史以来、二十数年とか。しかも科学の進歩に伴い、火力は桁外れです。次は核戦争なので先進国、都市部には安全な所は無いんですよ。なので逃げ切れないと思います。https://www.youtube.com/watch?v=bYy2W_5F27M

No title

 bebetanさん 

ブログ等ご紹介ありがとうございます。

「マネーを生み出す怪物」の過去記事を1から読んでいます。

Assholeさんは、生まれたときから統治者目線なんですね。。


 yutoさん

YOUTUBE拝見しました。ほんと人は野蛮ですよね。

コロンブスとか宣教師とかキリシタン大名とか、、、

核戦争になったら、核シェルターもないし逃げ場ないですね。。。

Re: No title

Keeさん

原油価格や資源価格が大きく下がっています。
バルト海指数という指数があるんですが、これはバルト海で資源を運ぶ船の運搬料をあらわすんだとか。
これも下がっていて、現在ではバルト海で資源を積んで航行している船は殆どないそうです。

タタ・スチールも工場をいくつか閉鎖し、ビジネスを売ることにしたそうですし、資源を沢山買って保有している日本の大手商社が軒並み何千億円の赤字を出したニュースが数日前にニュースにのりました。

これは、建設や、設備投資、商品の生産など、本当のビジネスが世の中で行われていないから、資源価格が下落しているんです。

なぜ本当のビジネスが行われないか?
需要がないからです。

なぜ需要がないか?
「本当に景気は大丈夫なのか?」と世の中が疑心暗鬼に陥っていて、財布のヒモが閉まってきているからです。

この疑心暗鬼が信用崩壊の始まりです。


しかし、同時に中央銀行が大量に通貨を世の中にばら撒き続けているので、通貨の価値が日々失われています。
資源価格はデフレですが、スーパーに行けば、日用品、そして特に食品のインフレが激しいことを実感すると思います。

リンゴ1個200円とか。
5年ほど前は3つで200円くらいでした。


通貨の価値がこれだけ下がっているにも関わらず、資源価格が過去最低ラインに並ぶというのは、通貨の価値の下落を超えるスピードで資源の価値が下がっている、、、つまり、それほど大きな規模のデフレが襲っているということです。

そのデフレの原因は、世の中が現在の景気とシステムに対して疑心暗鬼に陥ってるからです。

No title

デフレは本来、悪い事ではありません。供給過多になれば、自然と淘汰され需要とのバランスがとれるのですよ。

自然界でも大木が腐って倒れれば、そこに空間が出来、無数の植物が目を出します。大木は朽ち果て森を肥やします。これが、自然のサイクルであり自然のバランスです。

各国政府の共通目標、成長を永遠に続けるなど土台不可能なのです。天気と同じく、晴天だけでは生物は死滅します。雨も台風も必要なのですよ。

経済界も同じなのですよ。大きすぎて潰せないゾンビ企業や寄生虫の如く税金を食いつぶす、各種団体、ゼネコン、その他・・・・要成仏。

政府や日銀がマーケットや銀行をコントロールし好景気を継続しようと紙幣の供給でデフレを克服?。・・・・・・身の程知らずのオオタワケ。挙句の果てが現在のこのザマですよ。・・・・・笑いましょう。そして潰れましょう。

政府や日銀が何とかしてくれると期待する国民もお花畑のウツケ者
です。負債を元に作られた紙の紙幣のそんな力などありません。
どんなに足掻いても、救済しゾンビと化しても、必ず淘汰され死にます。絶対にです。

でなければ、供給不足→増産→好景気のゴールデンサイクルにはならないのですよ。ヒョットコ野郎はこれが戦争で解決すると言ってるのです。

Re: No title

。。。。ヒョットコ野郎。。。。 ^^


No title

麻生大臣→どう見ても顔はヒョットコでしょ。・・・笑。

Re: No title

ここ数ヶ月資源価格が上がってきてるのは、価格が底をついたと思った世界中のファンドが買い始めたからだそうですが、膨大なお金が行き場を探してウロウロしてるのはいつものことですし、それを細かく理解して儲けることが出来るほど、自分には能力がないことは分かってますので、私はもっと大きな流れだけを見てます。

こないだの日銀のマイナス金利のニュースだけみても、政府や中央銀行がこのデフレにパニックになって通貨を発行しているのは明らかです。

水面下では、ハイパーインフレはすでに初期の段階に入っていると思います。

No title

政府や中央銀行がこのデフレにパニックになって通貨を発行しているのは明らかです。 →マイナス金利にしても円高が暴走するし、株は暴落するしね。今頃、テンパってるだろうね。

もう、まともなカードは残ってない様だし、このままジリジリと追い込まるのでしょう。ファンドの思う壺だね。

年金も高値掴んでるし、どんだけの損失か恐ろしいね。悪いネタがゴロゴロ有りますよ。これで金利が上がれば、お釈迦だね。


長年、株と不動産しか投資しない、義理の親父がゴールド買いたいと言いだし驚きました。聴けば直感らしいですが、ヤバいのが解るらしいですね。

No title

そういえば、安倍総理もこのような本音を漏らしたみたいですね。

やはり生まれからして庶民とは目線が違います。

http://saigaijyouhou.com/blog-entry-9705.html
プロフィール

bebetan

Author:bebetan
UFO:  信じる
自由: 賛成
平和: 賛成
自然エネルギー: 賛成
本:  わら一本の革命

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR