高市早苗が憲法改正に反対したテレビ局に「電波停止ありうる」と…民主主義を破壊する発言になぜテレビは沈黙するのか

高市早苗が憲法改正に反対したテレビ局に「電波停止ありうる」と…民主主義を破壊する発言になぜテレビは沈黙するのか

2016.02.09

恐ろしい発言が国会で飛び出した。高市早苗総務相が、昨日の衆院予算委員会で“政治的に公平ではない放送をするなら電波を停止する”と言及、本日午前の国会でも「放送法を所管する立場から必要な対応は行うべきだ」と再び口にした。

 しかも、きょうの高市発言がとんでもないのは、答弁の前の質問にある。きょう、民主党の玉木雄一郎議員は「憲法9条改正に反対する内容を相当の時間にわたって放送した場合、電波停止になる可能性があるか」と質問し、高市総務相はこの問いかけに「1回の番組で電波停止はありえない」が「私が総務相のときに電波を停止することはないが、将来にわたって罰則規定を一切適用しないことまでは担保できない」と答えたのだ。

 つまり、高市総務相は、“憲法9条の改正に反対することは政治的に公平ではなく放送法に抵触する問題。電波停止もありえる”という認識を露わにしたのである。


(訳者: 怖いですね~。怖すぎます。これ北朝鮮のニュースじゃなくて、日本のニュースですからね~。これに対して戦ってるジャーナリストの人達もいます。)


「政治的公平性は権力が判断することではない」高市氏発言に田原氏ら危機感

 高市早苗総務相が、政治的公平性を欠く放送を繰り返した放送局の「電波停止」を命じる可能性に言及したことに対し、田原総一朗氏らテレビの報道キャスター6人が29日、会見し、「高市氏の発言は憲法と放送法の精神に反している」と抗議する声明を発表した。会見では「政治的公平性は一般的な公平公正とは違う。権力が判断するものではない」「誰もチェックしない権力は最後に大変なことになる」などと批判し、日本のメディアと政治の行く末に懸念を示した。(THE PAGE)


(訳者: 「政治的公平性は権力が判断することではない」 ホントそうです。政治的公平性を政治家のオマエが定義すんな!!!ですよ。ほんと恐ろしい世の中になってきました。)


にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

銀が発射してますね!

16ドル超えて動きが早いです。

これから銀のパフォーマンスに期待できそうです。

金銀価格、1対50くらいまでいきますかね。

Re: No title

> 金銀価格、1対50くらいまでいきますかね。

いくと思います ^^

どれだけの時間がかかるかはわかりませんが、多分最終的には1対15~20くらいになると思うって、エリックスプロットや他の多くのオーストリア学派の人達が言ってたので、信じることにしました。

過去5千年の世界の歴史の中での金銀の価値の比率の平均をエリックスプロットの会社がリサーチしたら、1対15~20だったんで、歴史は繰り返すってことで、信じてます 

(^人^)オ・ネ・ガ・イ

No title

銀のマーケットは金の約12%程です。大量のマネーが逃げ込みでもすれば、プラチナの如くゴールドを瞬間的に追い越すんじゃないの。

だれも予想してないけど、人生にマサカは結構ありますよ。・・・笑。
プロフィール

bebetan

Author:bebetan
UFO:  信じる
自由: 賛成
平和: 賛成
自然エネルギー: 賛成
本:  わら一本の革命

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR