NY金先物が9%安、30年で最大の下げ幅

NY金先物が9%安、30年で最大の下げ幅

【4月16日 AFP=時事】15日のニューヨーク金先物相場は、中国の経済成長率低下やキプロス中央銀行による金の売却の可能性を嫌気して急落し、ニューヨーク商品取引所(COMEX)の4月渡しは前週末比9.35%安の1オンス1360.60ドルで取引を終えた。

 下げ幅は1983年2月28日以降で最大を記録。同取引所によると、出来高は米国で金先物取引が始まった1974年12月以降の最高記録を更新した。

 金融危機に見舞われているキプロスでは先週、国際通貨基金(IMF)と欧州連合(EU)による救済計画の一環として、中央銀行が14トンの金準備の一部を売却する準備をしていると報じられた。

 金価格下落の背景には、米国や中国の各種指標がインフレ期待が依然として横ばいであることを示しているため、物価上昇に対するリスク回避の手段として金を買っていた人々が、金を売る動きに出ていることがある。(c)AFP=時事/AFPBB News

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bebetan

Author:bebetan
UFO:  信じる
自由: 賛成
平和: 賛成
自然エネルギー: 賛成
本:  わら一本の革命

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR