FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

STAP細胞の特許出願、米ハーバード大学が世界各国で…今後20年間、権利独占も

STAP細胞の特許出願、米ハーバード大学が世界各国で…今後20年間、権利独占も

ビジネスジャーナル

 米ハーバード大学附属ブリガムアンドウィメンズホスピタルが、STAP細胞の作成方法に関する特許出願を、日本、米国、EPO(欧州特許庁)、カナダ、オーストラリアなど世界各地で行っており、更新料、維持料が支払われている。これについて5月9日、弁理士でITコンサルタントの栗原潔氏は、同大学が日本国内でも特許出願に関して実体審査請求をしていることを明らかにした。出願審査請求は4月22日に提出されている。

 これまで理化学研究所の公式発表では、「STAP細胞論文はほぼ事実ではなかった」「STAP細胞の実験結果はES細胞の混入したものによる」として、その存在は完全に否定された。

 しかしハーバード大は日本の「STAP細胞は存在しない」という大合唱を他所に、粛々と特許の申請を進めていた。小保方晴子氏の代理人である三木秀夫弁護士は語る。

(訳者: なんかのドキュメンタリーで観ましたが、第二次世界大戦の際にアメリカ政府は日本人の特徴を観察して分析し、「感情的ですぐにパニックに陥り易い性質」と文書に纏めていたそうです。冷静な判断が出来ないと損失は大きいですね。常軌を逸した通貨崩壊政策といい、ほんと、長期的視点も持っていなければ、冷静な判断も出来ない国民性だと思います。)

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

農耕民族の短所なのですね。寄らば大樹じゃないけど、大組織の一員たる安定感は、時として戦略的な視点を盲目にしてしまいます。

日本人は科学的な視点のみでは無く、法的視点、経済的な視点も専門家との共同チームで欧米に挑まないと負けますよ。・・・・研究のみで戦略的な考え方が足りんのですね。

欧米の狩猟民族は獲物を捕まえなきゃ、飢え死になわけで、トラップの仕掛け方、戦略的な視点や思考回路が全く違いますよ。・・・・・毎度の事ですがヤラレっぱなしですね。

それに、理研って税金食いつぶす公務員でしょ?。民間の製薬会社の様な銭勘定など出来んでしょ。

所詮、桝添え都知事と同じじゃないの?。・・・笑。
プロフィール

bebetan

Author:bebetan
UFO:  信じる
自由: 賛成
平和: 賛成
自然エネルギー: 賛成
本:  わら一本の革命

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。