英国EU離脱で市場は大荒れ、キャメロン首相「辞任の意向」

英国EU離脱で市場は大荒れ、キャメロン首相「辞任の意向」

 6月24日、英国民投票は、離脱派が約52%、残留派が約48%となり、離脱派の勝利に終わった。写真はダウニング街首相官邸前で記者に語るキャメロン英首相(2016年 ロイター/Phil Noble)

[ロンドン 24日 ロイター] - 英国で23日に行われた欧州連合(EU)離脱の是非を問う国民投票は、開票が100%終了した時点の得票率が、離脱派が約52%、残留派が約48%となり、離脱派の勝利に終わった。英国の先行き不透明感が強まり、第二次世界大戦後の欧州統合の動きにブレーキがかかった。

キャメロン英首相は、首相官邸前で記者団に対して、10月までに辞任する意向を示した。

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

昨日のカチカチ山のタヌキさん。・・・・楽しませてもらった。笑。背中に火が付くとは、この事だね。

最後はドロ船にのって皆、沈むのよ。年金なんか、どんだけの損失が出たろか。・・・・・終わってるね。

リーマン級と言うけど、このままズルズルと下げ続けるのでしょうね。
・・・・・リフレは出口の見えない地獄に入り込んだ様ですね。

しかし、ペーパーマネーとか、電子マネー、「信用」とは恐ろしくも脆いガラスの様ですね。未来永劫は続かず、短い時の中でしか存在できない。脆弱な電子「紙」と言う事を再確認しました。
ゴールドの様な重厚感や安定感、安心感、歴史的な存在感が皆無ですね。





Re: No title

でも、離脱は国民投票の結果であって、これを政府が本当にやるかどうかは分からないですよね。キャメロンが辞任して、ボリス・ジョンソンが次期首相になったとしても、果たしてホンマにやるんか?と思ってます。

去年のギリシャの国民投票でも、EU離脱を唱えてたチプラス首相その人が、「離脱しない」ことにしましたから。
じゃなんやってん?あの国民投票?てカンジでした。
当時のギリシャの財務大臣だったと思いますが、メディアに「チプラスは脅迫を受けた。」と語ってました。

離脱を本気でやるなら、本当の命がけ、家族の命も全て巻き込んだ命がけだと思います。
それが出来る人なら、出来ると思いますが、その前に潰されるまたは殺される可能性アリです。

あ~、ヤな世の中になってきましたね。




Re: Re: No title

あ、でも10月にはイタリアでユーロ離脱の是非を問う国民投票やるってどこかで最近読んだ気がする。。。
もしイタリアでも「離脱」の結果が出れば、もうそれでユーロは崩壊ですね。
我さきに、と離脱祭りが始まりますよね。
やっぱり今回のイギリスの国民投票の結果がもたらした結果が今の世界の金融システムに与える影響は相当大きいですね。

やっぱりドイツ銀行がまず先に破綻してそこからドミノなんかしら?
それとも全く別の金融機関から始まるんかしら?

来週、世界中の政府がお金を刷りまくって市場にばら撒くので、ある程度持ち直すと思いますが、カウントダウンが始まりました。

No title

ドイツ銀行。・・・・・・・損失を隠し続けてるね。別の意味で感心してますよ。賢者にはバレバレ笑。

民間のメーカーでこんな噂がでたら即、回収、商品引き揚げで終わりですよ。・・・・・ドイツ国民もバカだねー。ハイパーインフレなんか忘れてんだろーね。

破綻すれば、確実にユーロを吹き飛ばす破壊力があるからねー。世間は恐怖より現実逃避したいだけですね。

それに、どこぞの証券会社など押し目買いのチャンスだと。・・・・開いた口が塞がりませんよ。

まだまだ危機感が足りませんね。更なる地獄を味わって頂きましょうかな。
プロフィール

bebetan

Author:bebetan
UFO:  信じる
自由: 賛成
平和: 賛成
自然エネルギー: 賛成
本:  わら一本の革命

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR