株式会社しまむら: 毛皮の販売、毛皮がついた商品の販売をやめて欲しい。

オーストリア経済学と関係ないですが、こんな記事を見ました。

しまむら、毛皮製品販売中止を求める署名の受け取りを拒否した理由とは?

動物が死んでしまうと体が硬直して毛皮を剥がしにくいので、毛皮の殆どは動物が生きたまま剥がされている、、、というのを数年前に聞いたことがあります。

下記は生きたまま毛皮を剥がされるタヌキの動画です。



しまむらの毛皮販売に反対の署名にご協力頂けないでしょうか?
(下のリンクから数秒でとても簡単に署名出来ます。)

株式会社しまむら: 毛皮の販売、毛皮がついた商品の販売をやめて欲しい。

私は毛皮に反対なので、署名しました。

署名、拡散のご協力どうか宜しくお願いいたします。m(_ _)m

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

みなさま、

多くの人が知ればいつかこの残酷なビジネスは終わると思います。

なので、知っている人はまだ知らない人たちに知らせる、ということが大切だと思います。

ご協力ありがとうございます。 m(_ _)m

bebetan

リアルファー

通販大手のニッセンもリアルファーの取り扱いを止めません。
何度か毛皮は動物の死体だ。死体を身に付けて綺麗なわけはない。フェイクに変えてとメールを送りましたが、ニッセンからの回答はなしでした。みんなで声をあげて行きましょう

Re: リアルファー

> メールを送りましたが、

そうなんですね。メールでは威力はないかもしれないですね。
しまむらの毛皮反対のキャンペーンを立ち上げたYamanakaさんのようにキャンペーンを立ち上げて、もっと多くの人たちの署名を集めないと、企業を動かすことは出来ないと思います。

企業は利益を追求するので、毛皮を扱うことが利益に繋がるなら、扱うのをやめないと思います。
ただ、世論全体が毛皮に対して風当たりを強めていると認識すれば、毛皮を扱うことで企業イメージを損ない、不利益に繋がると判断すると思うので、もっと多くの人たちの署名が必要だと思います。

そのためには、Yamanakaさんが立ち上げたキャンペーンですが、誰でも無料でシステムを利用できるそうです。
日本人のバイオリニストのバイオリンをドイツ政府が空港で没収した際もこれで呼びかけて、署名を集め、ドイツ政府からバイオリンを奪い返したそうです。世界中で沢山のキャンペーンが成功しているそうです。

-------------------
今回、Yamanaka Azumiさんのキャンペーン「毛皮の販売、毛皮がついた商品の販売をやめて欲しい。」に賛同することで、Change.orgのユーザーとして登録されました。Change.orgは「変えたい」気持ちを形にする、ソーシャルプラットフォームです。 現在、196カ国に住む2,500万人のユーザーがChange.orgを使って思いをとどけ、社会を改善しています。
いじめ対策を学校に求めるお母さんか ら、不公平な手数料を求める銀行に対して抗議する消費者、汚職の責任を追求する国民まで、何千ものキャンペーンがChange.orgから発信されています。 。 キャンペーンは誰でも無料で発信できます。

そしてChange.orgのユーザーは既に何百というキャンペーンを成功に導いてきました。 これらのキャンペーンは、ソーシャルメディアを通して、拡散され、賛同を集めます。Yamanaka Azumiさんのキャンペーンを、FacebookやTwitter、Eメールで友人に紹介してはいかがでしょうか。
---------------------
プロフィール

bebetan

Author:bebetan
UFO:  信じる
自由: 賛成
平和: 賛成
自然エネルギー: 賛成
本:  わら一本の革命

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR