カネを見せろ by ビル・グロス 2017年3月9日

(訳者:手直し完了しました。雑ですが。。。5月21日)

(訳者)
 以下は先月ビルグロスが自社のホムペで書いた記事です。グーグル翻訳で訳したものを読みやすいように、まだ途中ですが手直ししていきます。全部手直しが終わってからアップすればいいんでしょうけど、根がめんどくさがりなので、先にアップして自分にプレッシャーをかけないと、ずっと終わらないと思いますので、中途半端な状態でアップします。
この記事を読んで、ビルグロスも確実に、マネーを生み出す怪物読んだんだな、と思いました。(あるいは、著者のエドワードグリフィンのインタビューを観たか。)
あの本の威力はすごいですね。世の中の仕組みがあの一冊でほぼわかるっていう、まさに人生を変える一冊です。
ちなみにビルグロスがオーストリア学派かどうかは知りません。でも、量的緩和や部分準備制度に懐疑的ということだけで、ケインズ学派ではないことは確かなようです。学派がどうのとか、真実がどうのとか、ゴチャゴチャ言わずに利益追及っていうタイプの人みたいです。
ジムシンクレアのような短気で正義感に燃えてるオッチャンも好きですし、ダグケイシーのような古代ギリシャの哲学者ばりに理屈こねくり回すオッチャンも好きですが、ビルグロスのような「めんどくさい人や事には一切関わらない」という合理的な人も、私は好きです。みんな正直で、人の考えじゃなくて、自分の考えを自分の言葉で話してますから。
それとは対照的に、立派なスーツ着てケインズの詐欺話をもっともらしく分かったフリして喋ってる人たちはキモイです。そしてその話を聞いて分かったフリして頷いてる人たちも同じようにキモイです。(あ、どうでもいい話でした)



March 9, 2017

2017年3月9日

Show Me The Money

カネを見せろ

Bill Gross March 2017 - Show Me The Money"School days" inexorably continue at the Gross household, not just because of grandchildren, but because of the necessity to teach my own kids the complexities and pitfalls of investing. As I get older, I fear I may unduly introduce them to a 1930s Will Rogers warning about losing money: "I'm not so much concerned about the return on my money," he wrote, "but the return of my money." "Don't lose it" is my first and most important conceptual lesson for them despite the Trump bull market and the current "animal spirits" that encourage risk, as opposed to the preservation of capital.

ビル・グロス 3月2017 - カネを見せろ教育は、単に孫のためにではなく、自分自身の子供たちに投資の複雑さと落とし穴を教える必要があるために、グロス家で不可避的に続けられます。私が年を取るにつれて、1930年代のウィル・ロジャースのお金を失うことについての警告を、過度に子供たちに教えてしまうかもしれないと恐れています。「私はお金に対する利益について心配しているのではなく、私のお金が返って来るのかどうかを心配している。」とロジャースは書きました。トランプの強気相場と、資本の保全とは対照的にリスクを奨励する現在の市場全体に存在する「アニマル・スピリット」にもかかわらず、私の子供にとって、「お金を失うな」は、一番基本的で、そして最も重要な概念の教訓です。

Recently I also explored with them the concept of financial leverage – specifically that of fractional reserve banking, which has been the basis of credit and real economic growth since the system was blessed by central banks over a century ago. "It still mystifies me," I told them, "how a banking system can create money out of thin air, but it does." By rough estimates, banks and their shadows have turned $3 trillion of "base" credit into $65 trillion + of "unreserved" credit in the United States alone – Treasuries, munis, bank loans, mortgages and stocks too, although equities are not officially "credit" they are still dependent on the cash flow that supports the system.

最近、私は子供たちと一緒に、ファイナンシャル・レバレッジについて話しあいました。特に部分準備銀行制度についてです。それは制度が1世紀以上前に中央銀行によって祝福されて以来、クレジットと実際の経済成長の基礎として存在してきたものです。「それは未だに私にはミステリーなんだよ。」と私は子供たちに言いました。「どうやって何もないところから銀行システムはお金を作り出すことが出来るのか?でも実際に彼らはお金を作り出している。」大まかな見積もりでは、アメリカだけを見ても、銀行たちとその陰たちは、3兆ドルの「ベース」クレジットを、65兆ドル+「非留保」クレジットに変化させてしまっている。国債、地方債、銀行ローン、住宅ローン、そして株式。株式は正式には「クレジット」ではないが、しかしそれらはシステムを支えているキャッシュフローに依存しているものであることには変わりはありません。

But I jump ahead of myself. "Pretend," I told the "fam" huddled around the kitchen table, that there is only one dollar and that you own it and have it on deposit with the Bank of USA – the only bank in the country. The bank owes you a buck any time you want to withdraw it. But the bank says to itself, "she probably won't need this buck for a while, so I'll lend it to Joe who wants to start a pizza store." Joe borrows the buck and pays for flour, pepperoni and a pizza oven from Sally's Pizza Supplies, who then deposits it back in the same bank in their checking account. Your one and only buck has now turned into two. You have a bank account with one buck and Sally's Pizza has a checking account with one buck. Both parties have confidence that their buck is actually theirs, even though there's really only one buck in the bank's vault.

キッチンのテーブルの周りに集まっている家族に、「君が1ドルしか所有していないとして、それをアメリカに一つしかない銀行、USA銀行に預金したとしよう。」と私は言いました。君がそれを引き出したいときにはいつでも、銀行は君に借金を負っています。 しかし、銀行は言います。「彼女はおそらくこのお金をしばらくは必要としないだろうから、ピザ店を始めようとしているジョーに貸してしまおう。」 ジョーはこの1ドルを借りて、Sally's Pizza用品店から小麦粉、ペパロニ、ピザ用のオーブンを買い、支払いをします。そしてSally's Pizza用品店は、USA銀行の自分たちの当座預金口座にその1ドルを預金します。 あなたの1ドルが今2ドルになりました。 あなたの銀行口座には1ドルが入っています。Sally's Pizzaの当座預金口座にも1ドルがあります。 銀行の金庫に実際には1ドルしかないのに、どちらの当事者も、自分の1ドルが実際に自分たちのものであると確信しています。

The bank itself has doubled its assets and liabilities. Its assets are the one buck in its vault and the loan to Joe; its liabilities are the buck it owes to you – the original depositor – and the buck it owes to Sally's Pizza. The cycle goes on of course, lending and relending the simple solitary dollar bill (with regulatory reserve requirements) until like a magician with a wand and a black hat, the fractional reserve system pulls five or six rabbits out of a single top hat. There still is only one dollar bill but fractional reserve banking has turned it into five or six dollars of credit and engineered a capitalistic miracle of growth and job creation. And importantly, all lenders of credit believe that they can sell or liquidate their assets and receive the single solitary buck that rests in the bank's vault. Well . . . not really.

この銀行自体が資産と負債を2倍にしました。 この銀行の資産は金庫にある1ドルとジョーに融資しているお金です。そしてこの銀行の負債は(最初の預金者である)あなたから借りている1ドルと、Sally's Pizzaから借りている1ドルです。もちろん、このサイクルは続けれられます。唯一の1ドルを(法律に従った準備要件を満たした状態で)貸出し、また貸出し、と続けられます。杖と黒い帽子を持った魔術師がたった一つの帽子から5,6匹のウサギを取り出すように続きます。唯一の1ドルから部分準備制度はそれを5,6ドルのクレジットにし、資本的な奇跡の成長を創り出し、雇用も生み出しました。そして、重要なことは、クレジットの貸出者は全員、自分たちの資産を現金化しして、銀行の金庫に眠る唯一のドルを、自分が受け取ることが出来ると信じているのです。。。まぁ、無理です。

"And so," my oldest son, Jeff, said as he stroked his beardless chin like a scientist just discovering the mystery of black holes. "That sounds like a good thing. The problem I'll bet comes when there are too many pizza stores (think subprime mortgages) and the interest on all of the loans couldn't be paid and everyone wants the dollar back that they think is theirs. Sounds like 2008 to me – something like Lehman Brothers." "Yep," I said, as I got up to get a Coke from the refrigerator. "Something like Lehman Brothers."

「じゃぁ、、、」私の最年長の息子、ジェフは、ブラックホールの謎を発見した科学者のように、ひげのない顎を撫でながら言いました。 「それは良いことのように聞こえるね。でも、ピザ屋が多くなりすぎ(サブプライムローン)、全てのローンに対する金利が支払われなくなり、みんなが一斉に自分たちのものだと思っている、その1ドルを返してもらおうとした時に問題が起きるわけだ。2008年と同じことのように思えるよ。リーマンブラザーズのようなものに。」
「そうだよ。」と私は答え、冷蔵庫からコーラを取り出すために立ち上がり、言いました。「リーマンブラザーズのようなもの。」

In the U.S., credit of $65 trillion is roughly 350% of annual GDP and the ratio is rising. In China, the ratio has more than doubled in the past decade to nearly 300%.

米国では、65兆ドルのクレジットは年間GDPの約350%であり、その比率は上昇しています。 中国では、この比率は過去10年間で2倍以上に、およそ300%に達しています。


My lesson continued but the crux of it was that in 2017, the global economy has created more credit relative to GDP than that at the beginning of 2008's disaster. In the U.S., credit of $65 trillion is roughly 350% of annual GDP and the ratio is rising. In China, the ratio has more than doubled in the past decade to nearly 300%. Since 2007, China has added $24 trillion worth of debt to its collective balance sheet. Over the same period, the U.S. and Europe only added $12 trillion each. Capitalism, with its adopted fractional reserve banking system, depends on credit expansion and the printing of additional reserves by central banks, which in turn are re-lent by private banks to create pizza stores, cell phones and a myriad of other products and business enterprises. But the credit creation has limits and the cost of credit (interest rates) must be carefully monitored so that borrowers (think subprime) can pay back the monthly servicing costs. If rates are too high (and credit as a % of GDP too high as well), then potential Lehman black swans can occur. On the other hand, if rates are too low (and credit as a % of GDP declines), then the system breaks down, as savers, pension funds and insurance companies become unable to earn a rate of return high enough to match and service their liabilities.

私のレッスンは続きましたが、その要点は、2017年に世界経済は2008年の災害の初期よりも、GDPに比してより多くのクレジットを生み出したということでした。米国では、65兆ドルのクレジットは年間GDPの約350%であり、その比率は上昇しています。中国では、この比率は過去10年間で倍増し、ほぼ300%に達しています。 2007年以来、中国は総額24兆米ドルの負債を総額の貸借対照表に追加しました。同じ時期に、米国と欧州はそれぞれ12兆ドルの追加にとどまりました。部分準備制度を採用している(今の)資本主義は、信用の拡大と中​​央銀行による追加準備金の印刷に依存しています。その印刷された追加準備金は、民間銀行によって、ピザ店、携帯電話および他の多くの製品およびビジネス企業にまた何度も貸し出されます。しかし、クレジットの創出には限界があり、クレジットのコスト(金利)を慎重に監視する必要があります、そうすることで借り手(サブプライムを考えてください)が毎月のサービスコストを返済できるようにしなくてはならないからです。金利が高すぎると(そしてGDPの%としてのクレジットも高い場合)、潜在的なリーマン・ブラック・スワンが発生する可能性があります。一方、金利が低すぎると(そしてGDPの%としてのクレジットが低下すると)、貯蓄者、年金基金、保険会社は、抱える負債を支払ったり、約束したサービスを提供出来るだけの利率を得られなくなり、システムは崩壊します。


U.S. Total Credit Market Debt as a Percent of GDP

GDPのパーセンテージとしての米国の総クレジット市場債務


(訳者:チャートが貼ってあります。観たい方は上のリンクをクリックして元のサイトで見てください。)

It happened in 2008, and central banks were in a position to drastically lower yields and buy trillions of dollars via QE to prevent a run on the system. Today, central bank flexibility is not what it was back then. Yields globally are near zero and in many cases, negative.

それは2008年に起こり、中央銀行は大幅に利回りを引き下げ、QEを通じて数兆ドルの買収を行い、取り付け騒ぎがシステムに対して起こるのを阻止しました。 今日、中央銀行は当時のような柔軟性は持ち合わせていません。世界的に金利はゼロに近く、多くの場合、マイナスの値になっています。


Central banks attempt to walk this fine line – generating mild credit growth that matches nominal GDP growth – and keeping the cost of the credit at a yield that is not too high, nor too low, but just right. Janet Yellen is a modern day Goldilocks.

中央銀行は、細い線の上を歩こうと試みています。それは名目GDP成長率に見合った緩やかなクレジット成長を生み出し、信用コストをあまりにも高くなく、あまりにも低くない、ちょうど良い金利に保ち続ける、ということです。 Janet Yellenは現代のゴルディロックスです。

How is she doing? So far, so good, I suppose. While the recovery has been weak by historical standards, banks and corporations have recapitalized, job growth has been steady and importantly – at least to the Fed – markets are in record territory, suggesting happier days ahead. But our highly levered financial system is like a truckload of nitro glycerin on a bumpy road. One mistake can set off a credit implosion where holders of stocks, high yield bonds, and yes, subprime mortgages all rush to the bank to claim its one and only dollar in the vault. It happened in 2008, and central banks were in a position to drastically lower yields and buy trillions of dollars via Quantitative Easing (QE) to prevent a run on the system. Today, central bank flexibility is not what it was back then. Yields globally are near zero and in many cases, negative. Continuing QE programs by central banks are approaching limits as they buy up more and more existing debt, threatening repo markets and the day to day functioning of financial commerce.

彼女はどうでしょうかか?まぁまぁ、というところだと思います。歴史的基準によると、回復は弱いですが、銀行や企業は資本を回復し、雇用の伸びは堅調に推移しており、少なくとも連邦準備制度理事会(FRB)にとって重要なこととして、市場が記録的な領域にあり、幸せな時代がこの先やってくることを示しています。しかし、我々の高いレバレッジがかけられた金融システムは、デコボコ道を走るトラックに積まれているニトログリセリン(爆薬の一種)のようなものです。何か一つでも間違えれば、クレジットの破綻を引き起こし、株式や高利回り債券の保有者、そしてはい、サブプライムローンの保有者が銀行に急いで駆けつけ、みんなが金庫にある唯一の1ドルをを請求することになります。それは2008年に起こりました、そして中央銀行は大幅に利回りを引き下げ、QEを通じて数兆ドルの買収を行い、取り付け騒ぎがシステムに対して起こるのを阻止しました。 今日、中央銀行は当時のような柔軟性は持ち合わせていません。世界的に金利はゼロに近く、多くの場合、マイナスの値になっています。中央銀行によって続けられるQEプログラムは限界に近づいています。彼らは現存する負債を買い続け、REPO市場と金融コマースの日々の機能を脅かしています。

I'm with Will Rogers. Don't be allured by the Trump mirage of 3-4% growth and the magical benefits of tax cuts and deregulation. The U.S. and indeed the global economy is walking a fine line due to increasing leverage and the potential for too high (or too low) interest rates to wreak havoc on an increasingly stressed financial system. Be more concerned about the return of your money than the return on your money in 2017 and beyond.


私はウィルロジャースと同じ意見です。3から4パーセントの成長のトランプ蜃気楼と減税と規制緩和の魔法の恩恵に誘われてはいけません。USと世界経済は、レバレッジと高すぎる(あるいは低すぎる)金利のポテンシャルを高めるという、細い線の上を歩いています。 それは増大するストレスがかかった金融システムに大規模破壊をもたらすことになるものです。 2017年以降は、あなたのお金に対して利益が得られるかどうかよりも、あなたのお金が戻ってくるかどうかについて、もっと心配してください。

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

お久しぶりです。
お忙しいのに、英文記事の翻訳ありがとうございます。

Bill Gross氏はBond Kingとして有名な方ですね。
確かに、バリバリに儲けを追求する人なのでしょうが、記事を読む限り、1本筋のとおった人でもあり、ある意味、ウソをつかない人だな、と思いました。

そして、

Continuing QE programs by central banks are approaching limits as they buy up more and more existing debt, threatening repo markets and the day to day functioning of financial commerce.
中央銀行による継続的なQEプログラムは、既存の借金を増やし、レポ市場を脅かし、日常的に金融商取引を機能させるため、限界に近づいています。

という実例が今まさに起きていると感じました。

5月3日の日経新聞 3面に

「国債値つかず 1日半」
長期金利「ゼロ」市場機能マヒ
日銀を警戒 注文手控え

という記事がのっています。

GWですから、あまり注目されていないようですが、大変重要というか面白い記事です。

>立派なスーツ着てケインズの詐欺話をもっともらしく分かったフリして喋ってる人たちはキモイ

確かに。その中でもミルトン・フリードマンに代表されるシカゴ学派の連中がとくにおかしいです。ニューケイジンアンというんですかね。

でもこういう人たちも役に立つ部分はあって、書店で「現金の呪いーー紙幣をいつ廃止するか?」という本のタイトルをみるだけで、
「ふーん、紙幣廃止がまもなく起きるのね」とたいへんわかりやすいです。バレバレですねー。

Re: No title

お久しぶりです。
情報ありがとうございます^^

> 「国債値つかず 1日半」
> 長期金利「ゼロ」市場機能マヒ
> 日銀を警戒 注文手控え

ググって読みました。
ひゃぁ~~!ですね。

でも確かに、金利ゼロで誰が金貸すねん?ですよね。

日銀さんの日本国債購入担当者がゴールデンウィークでお休みだったんじゃないですか?
(よく仕組みわかりませんが)

日銀の担当者以外に日本国債に入札する人がこの世にいないんじゃないですか?

あ~おそろし。
せめて飢えないように、庭に夏野菜の苗をせっせと植えてま~す。
プロフィール

bebetan

Author:bebetan
UFO:  信じる
自由: 賛成
平和: 賛成
自然エネルギー: 賛成
本:  わら一本の革命

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR