なぜゴールドなのか (1/4) by ダグ・ケイシー 2009年9月30日

以下は今から3年半前に行われたインタビューの記事です。


---------------------

なぜゴールドなのか (1/4)


L: Doug, we've talked about cars, cows, and cash, but the investment world thinks of you as a gold bug, so let's give that a go; why gold?

L: ダグ、僕達は車とか牛とかキャッシュとか色々なことについて話をしてきたけど、投資家たちはあなたをゴールド投資家だと思ってるよ。なんでゴールドなの?

Doug: Sure. First of all, it's because gold is actually money. It's an unfortunate historical anomaly that people think about the paper in their wallets as money. The dollar is, technically, a currency. A currency is a government substitute for money. Gold is money.

ダグ:いいよ。まず最初に、ゴールドが本当のお金だからだよ。人々が自分たちの財布の中にある紙のことをお金だと思っているのは歴史的に異常なことだ。ドルは通貨なんだよ。通貨は政府が作るお金の代用品だ。ゴールドがお金なんだよ。

Now, why do I say that?

なぜ私がそんなことを言うかというと、

Historically, many things have been used as money. Cattle have been used as money in many societies, including Roman society. That's where we get the word "pecuniary" from: the Latin word for a single head of cattle is pecus. Salt has been used as money, also including in ancient Rome, and that's where the word "salary" comes from; the Latin for salt was sal (or salis). The North American Indians used seashells. Cigarettes were used during WWII. So, money is simply a medium of exchange and a store of value.

歴史的に沢山のものがお金として使われてきた。古代ローマを含む沢山の社会の中で牛がお金として使われてきた。Pecuniary(=金銭的に)という単語の語源は、ローマ時代に1頭の牛を意味したPecusというラテン語から来てるんだ。ローマ時代には塩がお金として使われたこともあった。Salary(給料)はラテン語で塩を意味するSal(或いはSalis)から来ている。北アメリカのインディアンたちは貝殻をお金として使った。第二次世界大戦時にはタバコがお金として使われた。なのでお金とは、物と交換し、かつ価値を保存するために用いられる物のことだ。

By that definition, almost anything could be used as money, but obviously, some things work better than others; it's hard to exchange things people don't want, and some things don't store value well. Over thousands of years, the precious metals have emerged as the best form of money. Gold and silver both, though primarily gold.

そういう意味では、ほぼ全ての物がお金として使えるということになる、しかしその中でもよりお金として機能し易いものがある。誰も欲しくないと思っている物や、価値を上手く保存出来ないものと、他の物を交換するのは難しい。お金として一番優れている物として過去数千年に渡って貴金属が使われてきた。ゴールドとシルバーの両方だが、基本的にゴールドだ。

There are very good reasons for this, and they are not new reasons. Aristotle defined five reasons why gold is money in the fourth century BC (which may only have been the first time it was put down on paper). Those five reasons are as valid today as they were then. A good form of money must be: durable, divisible, consistent, convenient, and have value in and of itself.

これにはいくつかの理由があるが、それらは新しい理由ではない。紀元前300年代にアリストテレスが、なぜゴールドがお金なのが5つの理由を定義した(少なくとも書物に書かれている中ではこれが最古のお金の定義だが、もっと前から定義されていただろう)。アリストテレスが生きてきた頃に定義された内容は現在でも有効だ。お金にふさわしい物の定義は、丈夫で長持ちで、分けることが出来て、一貫性があり、使い勝手が良く、それ自体に価値がある物、だ。

L: Can you elaborate on that?

L:もっと詳しく話してくれる?

Doug: Yes, and from them, we can draw inferences that will help us anticipate the fate of the dollar.

ダグ:オーケー。そして、それらのことからドルにこの先訪れる運命を予測することが出来る。

First, let's take durable. That's pretty obvious — you can't have your money disintegrating in your pockets or bank vaults. That's why we don't use wheat for money; it can rot, be eaten by insects, and so on. It doesn't last.

まず、”丈夫で長持ち”についてだが、お金がポケットの中や銀行の金庫の中でバラバラに壊れるなんてことは許されない。なので私たちは麦をお金として使わない。麦は腐るし、虫にも食べられるしね。長い間保存出来ない。

Divisible. Again, obvious. It's why we don't use diamonds for money, nor artwork. You can't split them into pieces without destroying the value of the whole.

”分けることが出来る”についてだが、またこれも明らかだよね。だから私達はダイアモンドや芸術作品をお金として使わない。それらの物は割ってしまうと価値がなくなってしまうからね。


L: If I paid for a new Ford GT with the Mona Lisa, what would be my change — a small canvas by Picasso?

L:もしフォードGTの新車に対してモナリザの絵で支払ったら、おつりは何になるんだろうね?ピカソのキャンバスでもくれるんだろうか?

Doug: [Laughing.] That's right. Maybe you'd get millions of those paintings of Elvis or Jesus on velvet.

ダグ:ハハハ!そういうことだよ。ベルベット生地に描かれたキリストとかエルビスプレスリーとかそんなのを何百万枚ももらってしまったりとかね。

Consistent. The lack of consistency is why we don't use real estate as money. One piece is always different from another piece.

”一貫性”についてだが、一貫性がないから、私達は不動産をお金として使わない。不動産物件は全て必ず異なっている。全く同じものはない。

Convenient. That's why we don't use, for instance, other metals like lead, or even copper. The coins would have to be too huge to handle easily to be of sufficient value.

”使い勝手の良さ”だが、使い勝手が悪いから、私達は他の金属、例えば鉛や、銅でさえお金として使わない。十分な価値にするためにあまりにも沢山の量を必要としてしまうからだ。

Value of itself. The lack here is why you shouldn't use paper as money.

”それ自体に価値がある”については、だから私たちは紙をお金として使わない。

L: It can't be created out of thin air.

L:お金は何もないところから作り出すことは出来ない。

Doug: Right. Not even the kings and emperors who clipped and diluted coins would have dared imagine that they could get away with trying to use something essentially worthless as money.

ダグ:そうだ。過去に金貨や銀貨に混ぜ物をして貴金属の含有率を低めた、王や女王でさえも、全くそのもの自体に全く価値のないものをお金として使うなんて想像すら出来なかっただろう。

L: I think we can forgive Aristotle for the oversight.

L:紙がお金として使われるようになることをアリストテレスが見抜けなかったのを非難するのは可哀想だね。

Doug: I think so. At any rate, these are the reasons why gold is the best money. It's not a gold bug religion, nor a barbaric superstition. It's simply common sense. Gold is particularly good for use as money, just as aluminum is particularly good for making aircraft, steel is good for the structures of buildings, uranium is good for fueling nuclear power plants, and paper is good for making books. Not money. If you try to make airplanes out of lead, or money out of paper, you're in for a crash.

ダグ:そう思うよ。とにかく、これらが、なぜゴールドがお金として最適なのかという理由だ。これはゴールド信仰でもなければ、野蛮人の迷信でもない。これは単純に常識なんだよ。アルミニウムが飛行機を作るのに最適であり、鉄がビルを作るのに最適であり、ウラニウムが原子力発電に最適であり、紙が本を作るのに最適であるように、ゴールドはお金として使われるのに最適なんだよ。

That gold is money is simply the result of the market process, seeking optimum means of storing value and making exchanges.

ゴールドがお金であるのは、人々が価値を保存出来て交換をするのに最適な物を市場の中で探したプロセスの結果出た答えがゴールドだった、ただそれだけの話だ。

(2/4へ続く、、、、)

lewrockwell.com

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bebetan

Author:bebetan
UFO:  信じる
自由: 賛成
平和: 賛成
自然エネルギー: 賛成
本:  わら一本の革命

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR