なぜゴールドなのか(3/4) by ダグ・ケイシー 2009年9月30日

(1/4から読む)

以下は3年半前に行われたインタビューの記事です。

------------------------

Doug: You're quite correct on that — a sea change in thinking will have to take place. Of course, anyone in Zimbabwe can tell you a government's guarantee is not necessarily worth anything. A collapse of the dollar — the worlds' de facto reserve currency — could spark such a change in that way of thinking. With GoldMoney.com or the Perth Mint — another worthy alternative — it's a question of predicting the solvency of an actual company, and we have tools for that. I believe this is exactly what is going to happen in the future. As far as I'm concerned, either of these outfits is more reliable than, say, Citibank. And gold is far more desirable than the dollar. So I'd rather have a thousand ounces of gold stored with GoldMoney.com than a million dollars deposited at Citibank.

ダグ:そうだね。思考の大転換が必要になるだろう。もちろん、どのジンバブエ人でもいいから一度彼らに聞いてみれば、政府の保証なんて全く何の価値もないってことを教えてくれると思うけどね。事実上の世界の準備通貨であるドルの崩壊が、人々の考え方を変える火付け役となるかもしれないね。GoldMoney.comや、また別の良い選択肢であるPerth Mintなどのお金に関しては、実際のそれらの会社が支払い能力があるかどうか判断することがポイントだ、そしてそれを確認するためのツールもある。私は将来これが起きると信じている。GoldMoney.comとPerth Mintのどちらであっても、例えばシティバンクなんかより信用できると、私は個人的に思っている。そしてゴールドはドルなんかよりずっと信用出来る。なので、私は100万ドルをシティバンクに預金するより、1000オンスのゴールドをGoldMoney.comで保管することを選ぶよ。

The dollar will be phased out of the world economy, because everyone can see that it's a hot potato. This Chinese have two trillion of them. They want to get rid of them because they aren't stupid, and they can see what the ultimate fate of the dollar is. This is true of every country around the world at this point; their central banks know they are sitting on hot potatoes, and they are going to want to unload them.

ドルは世界経済から徐々に消えていくよ、なぜならドルがホットポテト(訳者のコメント:熱くて持っていられないので、みんなが早く別の人にパスしようとするポテト。誰も欲しがらないもののこと。)だということを誰でも知っているからだ。中国人はこれを2兆持ってるんだよ。彼らは自分たちの持っているドルを処分したいと思ってるんだよ、だって彼らはバカじゃない上に、ドルに最終的に訪れる運命が見えているからね。これが現時点では世界中の国々は同じように思っている。彼らの中央銀行は自分たちがホットポテトの上に座っていることを知っている、そして彼らはそれらを(売って)なくそうとしている。

What's going to happen is that one or more countries are going to institute a sound, stable, gold-backed currency. Ten years ago, Mahathir Mohamad of Malaysia tried to get Islamic countries to return to hard money, adopting the gold dinar and the silver dirham, which are defined in the Koran as specific weights of gold and silver. It didn't work because of mistrust between the players; the governments of Muslim countries are, as a group, almost universally corrupt. But I think it's entirely possible, nonetheless, that something like that might arise in the Islamic world. After all, they believe that the Koran is the actual word of Allah, and there is a resurgence of Islamic fundamentalism everywhere.

何が起こるかというと、一つ或いはそれ以上の国々が、健全で、安定した、ゴールドで裏付けられた通貨を設けることになる。10年前にマレーシアのマハティール・モハマドはイスラム教の国々で貴金属の通貨を戻そうとした。コーラン(イスラム教の聖典)の中で指定された重さのゴールドとシルバーを使って、ゴールドディナールとシルバーディラハムを適用しようとしたんだ。でもそれはそれらの国々の間にある不信感のせいで失敗した。イスラム教国の政府は世界のどこの国であっても、ほぼ全て腐敗しているからね。でもその失敗はあったけど、イスラム教の世界でこれに似たような物が出てくる可能性は十分にあると思ってる。彼らはコーランを神の言葉そのものだと信じているからね。それにイスラム原理主義があちこちで再生しているからね。

According to press reports, the Chinese government is actually encouraging Chinese people to accumulate gold at this point. They might go for a gold-backed yuan — it would put them on the map as an international monetary leader.The press also reports that the Russian government has been consistently buying large amounts of gold. We might even end up with a gold-backed ruble.

報道によれば、現在、中国政府は国民にゴールドを貯めるように奨励している。彼らは元をゴールドで裏付けるようになるかもしれない。そうなると中国は国際的な通貨リーダーとなるだろう。ロシア政府が一貫して大量のゴールドを買い続けているとも報道されている。ルーブルをゴールドで裏付けることになるかもしれない。

Meanwhile, the U.S. government is creating trillions more dollars per year. This could result in the entire world monetary system being overturned. But there's no reason for anyone to trust any of these other governments more than they trust the U.S. government. And rightly so; they shouldn't trust any currency that doesn't come with a guarantee of redemption for something specific. And as Aristotle and history have shown us, gold is the best choice.

そんな中、アメリカ政府は年間何兆ものドルを作り出している。これは世界の通貨システムをひっくり返す結果になるかもしれない。しかしだからといって、人々がアメリカ政府を信用するより、これらの政府を信用するべきだという理由にはならない。当然ながら、人々は何か物と交換出来ることが保証されていない通貨を信じるべきではない。そして、アリストテレスと歴史が私達に示したように、ゴールドが一番良い選択肢なんだよ。

L: So the question now boils down to, what is gold really worth in terms of today's dollar? How do we compute that?

L:じゃぁ、ここで疑問になるのが、今日のドルに換算したらゴールドはどれだけの価値になるんだろう?どうやってそれを計算するんだろう?

Doug: Well, aside from a few Spanish galleons at the bottom of the sea and dentures returned to the earth after a lifetime of use, pretty much all of the gold ever mined and refined is still sitting on the surface of the earth somewhere. Nobody really knows how much that is, but the most reasonable estimates I've seen are something like six to eight billion ounces. That happens to work out to about one ounce of gold for every human being on the planet at this time. Out of this, the U.S. government reports that it has 265 million ounces of gold in its treasury. If we divide the money supply by the number of ounces the U.S. could back its paper with — and here we'd have to decide what measure of money supply we want to use.

ダグ:そうだね、16~18世紀にスペインの貨物船と共に海の底に沈んだ分と、お墓に入って土に返った入れ歯の分を除けば、これまで採掘され、精製されたゴールドのほぼ全ては地上に存在するんだ。それがどれだけなのかは誰も知らない。しかし、私が今まで見てきた見積もりの中で一番妥当だと思ったのは、60~80億オンスだ。ということは、現時点で世界中の人間に一人当たり1オンスずつくらいという量だね。これらのゴールドの内、アメリカ政府の報告書によると、アメリカ政府は2億6千5百万オンスのゴールドを持っているということだ。ドルのマネーサプライ(貨幣供給量、すなわち現在市場にあるドルの量)をアメリカが持っているゴールドの量で割れば、ドルをゴールドで裏付けた場合、ゴールドが何ドルにならなくてはいけないのかが出る。しかし、当然、ここでどの計算法で算出されたマネーサプライを使うか(M0、M1、M2、M3)、を決めなくてはいけないけどね。

(訳者のコメント)-------------------------------------------------
このマネーサプライ(貨幣の共有量)はFRBが定期的に計算してレポートにして公開しています。この中にはM1という括りの中での供給量、M2という括りの中での供給量、そして2006年にレポートからはずされてしまったM3という括りの供給量があります。M3が本当のドルの総供給量なんだそうですが、中央銀行(FRB)が数えるのを止めてしまったため、現在では本当のドルの供給量を誰も知り得なくなってしまった、とオーストリア学派の人たちは言っています。M3が分からなくなってしまった今、ジムロジャーズは通貨の供給量がどれだか増えたかを確認するのにM2の値をチェックしているそうです。

------------
M3マネーサプライ指標の発表中止、有効性の低下が理由=FRB議長  2006年03月15日09時25分
 [ワシントン 14日 ロイター] 米連邦準備理事会(FRB)のバーナンキ議長は、FRBがマネーサプライ指標でM3の発表を取り止めたことについて、政策立案者にとって有効性が無くなったことが理由だと述べた。14日に公開された議員宛て書簡で明らかになった。
 同議長は「理事会では、M3の集計を中止しても、FRBの金融政策立案にとって有益な情報が奪われることにはならないとの判断を下した」と述べた。
 FRBは昨年11月10日、2006年3月23日以降のM3マネーサプライ発表を中止すると発表。これに対し、一部では批判の声も出ていたが、同指標が特に有用ではないとのFRBの考えに大半のエコノミストは賛同している。
--------------------------------------------------------------------

Nobody, including the Federal Reserve, actually knows how much money they have floating around out there. It would seem that there are about six trillion dollars outside the U.S. alone. Let's estimate that M0 in the U.S., the narrowest measure of money supply that consists of just notes and coins, amounts to one trillion. So, 265 million into seven trillion gives you about $26,420 dollars per ounce of gold.

どれだけのお金が市場に流れているのか、中央銀行(FRB)を含めて、誰も実際には知らない。アメリカ国外だけで大体6兆ドルくらいではないかと思うけどね。マネーサプライの一番小さな括りであるM0だけど、これはアメリカ国内にある紙幣とコインの総量だ。これが1兆ドルだ。なので、7兆(ドル)÷ 2億6千5百万(オンス)の結果は、1オンス当たり26,420ドルだ。

Now, if we add in the total obligations of the U.S. government, which it will either need to print more money to meet, or it will have to default on — that's about 100 trillion. If those dollars are printed, that would give us $377,430 per ounce. The same ratio for M1 would give you about $6,226 per ounce and M2 would give you $31,320 per ounce.

ここで、アメリカ政府の負債の総額を足せば、全部で大体100兆ドルだ。現在抱えてる借金は全部これからお金を印刷して支払うからね、あるいは印刷をやめて財政破綻するか。もしそれらのお金が印刷されれば、ゴールドは1オンス377,430ドルになる。M1の値を使って同じ割合で計算すれば、1オンス6,226ドル。M2を使えば1オンス31,320ドル。

All of these numbers are far, far above the current level of roughly $1,000 per ounce. And that's the answer to the question you started this interview with. Why gold? Because it's got only one way to go: up. It seems to me that everyone should have a very significant portion of their wealth in gold.

これらの数字の全ては現在の1オンス1,000ドルのレベルよりずっとずっと高いものだ。そしてこれが、君が私にした最初の質問に対する答えだ。「なぜゴールドなのか?」なぜなら、ゴールドは行く先が一つしかないからだ。ゴールドは上がるしかないんだ。みんな誰でも自分の資産のかなりの部分をゴールドで保有しておくべきだ、と私は思うよ。

lewrockwell.com

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bebetan

Author:bebetan
UFO:  信じる
自由: 賛成
平和: 賛成
自然エネルギー: 賛成
本:  わら一本の革命

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR